Read Article

インフルエンザは目から感染する?感染源と予防策とは!

虫眼鏡を見ている少年

インフルエンザが流行する、年末から春先にかけては、職場や学校、街中などと、中や外に限らず顔にマスクを付ける人が増えてきます。

インフルエンザからの感染予防としてもっとも身近な対策がコンビニでも簡単に購入できるマスクなのです。

また最近ではマスクに加えてインフルエンザ対策としてゴーグルをかけているかたもいるのです。
病院のように患者の多いウィルスが多く舞っている室内ではお医者さんや病院関係者は、感染予防としてマスクとゴーグルを両方使用している場合もあるのです。

ではなぜマスクだけではなくてゴーグルもするのかというとやはり、目からもインフルエンザは感染するのでは!?と言われているからでしょう。

私の会社の同僚も以前マスクと同時にゴーグルをしていたので、「花粉症?」と聞いたところ、「いや、インフルエンザ対策だよ。」と言っていました。

うん、やはりインフルエンザは目からも感染してしまうのでしょうか?

という事で今回は、インフルエンザは目から感染する?感染源と予防策とは!についてご紹介していきます。

では早速確認して行きましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザは目からも感染するの!?

咳きこんで苦しそうな男性

インフルエンザは感染する病気としてもっとも有名なのではないでしょうか。
そんなインフルエンザに感染しないように、予防接種や流行の時期にはマスクをして感染を防いで『自分の身は自分で守る!』というかたが増えてきます。

このようにマスクをして鼻、のど、口内からの感染を防ぐのは身近でありますが、ゴーグルをして目からの感染を防ぐという対策をしているかたはなかなかいないのです。
それもそのはず、「そもそも目からインフルエンザが感染するの?」という疑問があるからです。

インフルエンザの感染経路をたどると3つの経路がありました。

その感染ルートとは、『接触感染』『飛沫感染』『空気感染』の3つであります。

ではこの3つの感染源をさらに詳しく確認してみましょう。

接触感染とは

接触感染はその名の通り、病原体に汚染されたものを直接的に肌で触ったり、手やドアノブ、手すり、便座、ボタンなどなど様々な手に触れる部分に間接的に病原体が付着していた部分に触れた事によって感染してしまうのが接触感染であります。
接触感染はこのように病原体に汚染されてしまった、食品、手、物に触れてしまったことによって、口内や粘膜から体内に入ってしまい感染してしまうのです。

飛沫(ひまつ)感染とは

主に感染している患者が咳やくしゃみをした事によって、病原体が飛び散って、口内や粘膜から体内に入ってしまい感染してしまうのです。咳やくしゃみの病原体は約2m飛びますので、2mぐらい距離が離れていても感染してしまう場合があります。

空気感染とは

空気中では目に見えませんが様々なウィルスが飛んでいます。そしてその細かいウィルスを吸い込んでしまう事によって体内に入ってしまい感染してしまうのが空気感染です。
空気中に飛んでいる微粒のウィルスもやはり、咳やくしゃみなどから長時間に渡って浮遊し続ける事で空気汚染によって感染してしまうのです。

このように3つの感染経路から、インフルエンザに感染してしまう可能性があります。

ではこの3つの感染経路の中で実際に目の粘膜から感染してしまう感染源はあるのでしょうか?

接触感染と飛沫感染は目にも感染する!

感染経路を確認しましたが、実際に目にも感染してしまう恐ろしい感染源はあるのでしょうか?
はい、3つの感染経路の中で、『接触感染』『飛沫感染』に関しては目からインフルエンザが感染してしまう可能性があるのです。

なぜかというと単純ではありますが、鼻やのどといった粘膜からウィルスが体内に入ってインフルエンザが感染してしまうのと同様に、眼球の表面から黒目の周りまでを覆っている粘膜にウィルスが付着してしまう事によってインフルエンザに感染してしまう事があるのです。

接触感染は手で目をこすってしまったり、目を癖でいじってしまっている際に、手に付着していたウィルスが粘膜に感染してしまいインフルエンザを引き起こしてしまうのです。
また飛沫感染に関しては、患者から飛んだ咳やくしゃみが、目の粘膜に付着してしまう事によって、感染してしまうのです。

このように、空気感染のように微粒のウィルス以外では、直接的でも間接的でも目に感染してしまう恐れがあるのです。

では続いて、目からの感染を防ぐにはどのような対策が必要なのかを確認していきましょう。

目からの感染を防ぐには!

ゴーグルと花粉の付いたマスク

上記でお伝えした通り、日常的に生活をしていても、『接触感染』『飛沫感染』によってインフルエンザのウィルスが目に感染してしまう事があります。
では一体どのような方法で目からの感染を防げばよいのか?

目からの感染を防ぐには、

ゴーグルが必要です。

鼻やのど、口内からの感染を防ぐにはマスクでありますが、目を防ぐとなるとゴーグルをするしか方法がないようです。
インフルエンザ用の大きなゴーグルも購入する事は出来ますが、サイズがかなり大きいため、一般的に装着するにはかなりの違和感があります。

その為、花粉症の際に使用するような、眼鏡屋さんでも購入できるようなコンパクトなサイズのゴーグルなら違和感なく装着する事もできるでしょう。

本来ならファッション感覚で装着できる、サングラスや眼鏡がおすすめ!と言いたい所ですが、きれいに目を覆っているようなサングラスや眼鏡でもわずかな隙間があるため、その隙間から感染してしまう事を考えると役には立たないのです。

またゴーグルはしたくはないけれど、目からの感染を極力防ぎたいかたは、こまめに目薬をして清潔な粘膜を保つ事も感染を少しでも防ぐにはおすすめです。そして粘膜が荒れてしまってウィルスに打ち勝てなくなってしまわないように、日頃からビタミンAを摂って、目の粘膜を強くして感染源から保護する事も心がけましょう。

スポンサーリンク

感染経路をシャットアウトする!

泡ののった手

目からのインフルエンザの感染経路は、『接触感染』『飛沫感染』の2つあるという事はお伝えしましたが、目にしても、口やのどからの感染にしても、やはりまずは感染経路を全てシャットアウトする事がもっとも重要です。

では感染経路をシャットアウトする方法とはどのような方法があるのかお伝えして行きます。

  • ワクチンによる予防接種をしましょう。
  • 手洗い、うがいはこまめに行いましょう。
  • 室内の空気を小まめに換気しましょう。
  • マスクやゴーグルでウィルスを遮断しましょう。
  • 体力が不足しないよう運動、栄養、睡眠を意識しましょう。

このように、まずはもっとも有効的であるワクチンを接種する事は忘れずに行い、基本的な手洗い、うがいをしっかりとして、体力不足から感染しやすい体にならないようにインフルエンザが流行している際は特にご飯をしっかりと食べて、良く寝て、適度な運動を心掛けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、インフルエンザは目から感染する?感染源と予防策とは!と題してお伝えしてきました。
目に関しても『接触感染』『飛沫感染』の2つの感染経路からインフルエンザにかかってしまう可能性があるのです。

しかし目に関しての対策は、ゴーグルを装着する!ビタミンAをしっかり取る!目薬とこまめにする!といった対策などしかありません。その為、重要になってくるのが、感染経路を遮断する事であります。ワクチン、手洗い、うがい、体力維持などは基本的な事ではありますが、感染経路を遮断するにはもっとも重要な対策であるのです。

またインフルエンザが流行している時には、出来れば外に出る機会を減らして、換気が整っている室内で過ごす事も意識しましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザの攻略ガイド!コレさえ読めばもう大丈夫!

元気いっぱいな女性

インフルエンザに罹る人と罹らない人の違いとは?はい、答えは正しい知識をもっているか?もっていないか?が大きな違いです。という事でインフルエンザの攻略ガイドと題して、私がインフルエンザに関して書いた記事をまとめましたのでご紹介します。

関連するコンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top