Read Article

インフルエンザは市販の風邪薬で治るのか?徹底的に調査!

薬

インフルエンザなのか?ただの風邪なのか?この微妙な熱や症状は一体どちらなのか。。

そんな時はもちろん病院に行って診察をしてもらうのが基本的ではありますが、「病院へ行く時間が無い。」「出来れば自力で治したい。」そんな方は、『もしかしたら、市販の薬でも治るのでは!?』なんて思った事がある人もいるのではないでしょうか?

例えその病気がインフルエンザだとしても熱が出ている症状としては風邪と一緒なわけだから、市販の解熱剤でも治るではないか?

う~ん、一体どうなのでしょうか。。
風邪とインフルエンザは一緒なのか?市販の薬でも効果はあるのでしょうか?

という事で今回は、インフルエンザは市販の風邪薬で治るのか?徹底的に調査!についてご紹介して行きます。

では早速確認して行きましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザは市販の風邪薬で治るの?

インフルエンザは市販の薬でも効果はあるのか?この質問に対しての答えをまずはお伝えします。

市販の薬でも効果はあります。

インフルエンザのウィルスを100%死滅させる事が出来るかはわかりませんが市販の薬でも症状を緩和させる事はできるようです。

インフルエンザにかかって病院へ行くとタミフルを処方されますが、昔はタミフルといった抗インフルエンザ薬などなかったのです。そのため、昔は漢方薬を飲んで治していたのです。またタミフルや薬に頼らなくても、自宅で療養すれば1週間もあれば自然療法でインフルエンザは治るのです。

しかし、2009年頃に流行始めた新型インフルエンザによって、若い世代のインフルエンザによる死者が増えてきて大きくマスコミにも取り上げられました。
その後『インフルエンザにかかったら危険!』『死のリスクもある!』という強い認識が増えてきて、「インフルエンザにかかったらすぐに医療機関へ行きましょう!」というのが当たり前になったのです。

つまり、昔も今もインフルエンザの脅威そのものは変わっていませんが、『インフルエンザに対する社会の認識が変わった』ようで、風邪薬や漢方薬なんて効果はない!直ぐに病院へ行ってタミフルを飲みなさい!といった現代になったようです。

では昔は漢方薬でインフルエンザを治していたようなのですが、現代でもインフルエンザに効果のある漢方薬は存在するのでしょうか?

インフルエンザには効く漢方薬!『麻黄湯(まおうとう)』とは?

ケイヒ

市販の漢方の風邪薬としてとっても有名なのが、『葛根湯』です。皆さんも一度は飲んだ事があるのではないでしょうか。

私は風邪を引いたら、直ぐに薬局に行って、薬剤師に相談します。
「風邪引いたのですが、何がいいですかね?」と私が聞くと、症状などを色々聞かれて最終的に漢方薬の「葛根湯」を毎度勧められます。

その葛根湯のように、漢方薬としてインフルエンザに対して効果があると言われているのが『麻黄湯(まおうとう)』なのです。
※ツムラの『麻黄湯』のWebページをどうぞ♪

麻黄湯は発汗させて、体内に溜まっていた熱や痛みなどを発散させるといった効果がありますので、発熱、寒気、頭痛といった、風邪やインフルエンザの初期症状にはおすすめな漢方薬なのです。
また発汗させる効果はもちろんの事、ウィルスの増殖の抑制効果にも適しているのです。

では続いては、漢方薬ではなくインフルエンザに効果のある風邪薬を確認して行きます。風邪薬には、使用できる風邪薬と使用できない風邪薬がありますので注意が必要ですよ。

スポンサーリンク

インフルエンザの際に飲んでも大丈夫な風邪薬は?

大丈夫

インフルエンザの際に飲んでも大丈夫な市販薬とはどのような薬なのでしょうか?

成分としては、アセトアミノフェン、イブプロフェン、ロキソプロフェンナトリウムなどの成分が飲んでも問題のない市販薬の成分です。
では上記の成分が使用された市販薬を確認しましょう。

『イヴ』『イヴA』『バファリンルi』『ノーシンピュア』『タイレノール』などです。

上記の市販薬はインフルエンザの際に飲んでも安全な成分を使用しています。

インフルエンザの際に飲んではいけない風邪薬は?

ダメ

インフルエンザの際に、絶対に飲んではいけない市販薬もあります。

アスピリン、エテンザミドと言われる解熱成分は『サリチル酸系』と呼ばれる薬であり、このサリチル酸系の薬をインフルエンザの際に飲んでしまうと、肝臓や脳に障害が発生してしまう恐れがあるのです。

そのサリチル酸系の主な市販薬とは、

『バファリンA』『ケロリン』『バイエルアスピリン』『ノーシン』『新パトシック錠』

などであり、このような市販薬はインフルエンザの際は使用禁止です。

スポンサーリンク

小児、10代の方は市販薬は避けるべき!

小児

上記では成人向けを対象とした風邪薬をご紹介しました。もちろん小児用の風邪薬などもあるのですが、小児や10代の方は市販薬は飲まないで直ぐに病院で行きましょう。

小児はもっともインフルエンザにかかりやすい年齢であり、特に子供(1歳から5歳)に非常に多いのが、インフルエンザ脳症などの合併症であります。

インフルエンザ脳症とは脳の中にも、ウィルスが感染してしまい、意識障害や、けいれん、異常行動などがおこり、神経症状とともに多くの臓器が動かなくなってしまう危険性があるのです。その為、少しでもインフルエンザの疑いを感じたら、早期に病院へ行き48時間以内にタミフルを服用する事が大切なのです。

『DHA』でインフルエンザウィルスを撃退する!

「厚生労働省も推奨するDHA・EPAはあなたにオススメ!」

なぜDHA・EPAがオススメなのか?この記事を読んでいる方は、現在インフルエンザに関して気になっている方だったり、実際にかかってしまった方がだと思います。
この今まさに流行中であるインフルエンザは『DHA(青魚)』を摂取すると予防・治療に効果の期待ができるそう!

※詳細に関しては、「インフルエンザはDHAで撃退!きなり(サプリ)の効果を調査」をご確認ください♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、「インフルエンザは市販の風邪薬で治るのか?徹底的に調査!」についてご紹介してきました。

インフルエンザの際には、漢方薬や風邪薬でも症状が緩和される事はあり、特に初期症状には効果が期待されます。初期段階で市販薬を飲んで、安静に過ごしていれば1週間程度でインフルエンザが治る場合もあります。

しかし、市販薬はあくまでも病院へ行けない場合の『応急処置』であると考えて、インフルエンザの疑いを感じたら、出来るだけ直ぐに病院へ行って、その症状は「風邪なのか?インフルエンザなのか?」を医師に判断してもらう事が大切です。

また小児や10代のかたはインフルエンザによって『インフルエンザ脳症』にかかってしまう恐れがありますので、市販薬を飲むことは避けてインフルエンザの疑いがあった時点で直ぐに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザの攻略ガイド!コレさえ読めばもう大丈夫!

インフルエンザ攻略

インフルエンザに罹る人と罹らない人の違いとは?はい、答えは正しい知識をもっているか?もっていないか?が大きな違いです。という事でインフルエンザの攻略ガイドと題して、私がインフルエンザに関して書いた記事をまとめましたのでご紹介します。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top