Read Article

歯医者の予約、電話の仕方は?初診の方にイチから伝授!

歯医者に電話

「最近、何だか歯が痛い。。」そんな時はもう歯医者に行くしか選択肢がないですよね。
しかし、どのように歯医者を予約していいのか分からないかたは多いのです。また初めて歯医者を予約する時ってなんだが緊張しますよね。

美容院などの予約は自分の希望日時と髪型を伝えるだけなのですが、

歯医者の場合は、

  • 歯医者へ行くという緊張感や恐怖心。。
  • 歯の状態を何をどう伝えればいいのか。。
  • 電話で上手くコニュニケーションは取れるか。。
  • 当日でも予約は出来るのか。。

などが問題となってきて、スムーズに電話をかける事が出来ないのです。

では一体、歯医者の初診の予約をする際にはどのように電話をかけて予約すればいいのでしょうか?

という事で今回は、歯医者の予約、電話の仕方は?初診の方にイチから伝授!についてご紹介して行きます。

では早速確認して行きましょう。

スポンサーリンク

歯医者の予約【初診】!電話の仕方を伝授!

予約01

急に歯が痛み出したので、歯医者の予約を直ぐにしなければ。。でも、初診はどのように予約をすればいいのか?
まずは歯医者に行く前の第一ステップとして、『歯医者の予約の電話!』の壁が待っています。

皆さんも最初に歯医者の予約をした際には、「何を聞かれるのか?」「症状をどのように伝えればいいのか?」「誰が電話に出るのか?」など気になってしまいなかなか電話ができなかった経験はありませんか?

それもそのはず、自分のイメージを伝え、お金を払って自分の為に美しくしてもらう、美容院やエステ、ネイルサロンなどとは違い、

  • 自分の希望なんてないけど、行かないと虫歯が治らないから。。
  • 行きたくないけど、歯が痛いから仕方なく予約する。。
  • 歯医者に対して恐いイメージがあるので、予約すら恐怖心が出てくる。。

といったように、行きたくない所やマイナスイメージがある場所に仕方なく予約する場合は、予約の段階で緊張や恐怖心で何をどうしていいかわからなくなってしまうのです。
そのため、このような患者さんの為に、歯医者さんのスタッフも電話応対には相当な努力をして親身な応対を心掛けているのです。

という事で私たち患者さんは、『歯医者に電話して受付の方の質問に対してゆっくり答えるだけ』で十分なのです。受付の方は患者さんに対して何も求めていません。
大きくわけて、『名前』『歯の状況』『予約の日時』この3つを伝えるだけでいいのです。

では電話のトーク例を用意しましたので、これに沿って一度練習してみてください。
とっても簡単ですから♪

歯医者さん初診の予約方法♪

※まずは、予約日時を書き取るためのメモ用紙を準備して電話をかけましょう。

受付:「はい、健康歯科でございます。」
自分:「すみません、予約をお願いします。」

受付:「かしこまりました、当院は初めてですか?」
自分:「はい、初めてです。」

受付:「ありがとうございます。ではお名前をお願いいたします。」
自分:「□□です。」

受付:「□□様ですね、それでは現在の歯の状況や痛みを伺ってもよろしいですか?」
自分:「例1:2日前から一番奥の歯が痛いのですが。 例2:1週間前から冷たい物を口に入れると歯がしみるのですが。」
※ここでのポイントは「大体いつ頃から、その症状になったのか。」を簡単に伝える事です。詳しい歯の状況は歯医者さんに行ってからお話しますので心配ないのです。

受付:「かしこまりました、ご希望の予約日時はございますか?」
自分:「○月○日の10~12時の間でお願いします。」
※ここでのポイントは『予約の日時は自分からしっかり伝える事!』です。「特に決まってないのですが、いつ空いてますか?」だと緊急性がないと判断されて、先延ばしにされてしまいます。

受付:「かしこまりました、それでは○月○日の11時はいかがでしょうか?」
自分:「はい、大丈夫です、お願いします。」

受付:「では、○月○日の11時でご予約をお取りしました。恐れ入りますが、当日はカルテを作りますので、予約時間10分前にいらしてください。また保険証を忘れずにお持ちくださいませ。」
自分:「はい、わかりました。」
※ここで予約日時をメモ用紙に書きましょう。

受付:「ご予約ありがとうございます。それでは当日はお気をつけてお越しくださいませ。」
自分:「はい、ありがとうございます。」

受付:「それでは、失礼いたします。」
自分:「失礼します。」

いかがでしたでしょうか?上記の流れに沿って電話を進めていけばいいだけなのです。
電話でのポイントは下記の2つだけです。

  • 症状は簡潔で大丈夫です。
  • 予約の日時は予め決めておきましょう。

もし不安でしたら、メモに『自分の症状』と『予約時間』をまとめておいてから電話するのもよいでしょう。

万が一、電話をした歯医者が予約制ではない場合は、「申し訳ございませんが当院は予約制ではないので、いらした順番に診察をしています。」とお伝えしてくれますのでご安心を♪

またどこの歯医者さんに行けばいいかわからない場合は、インターネットの口コミやホームページなどを確認して自分に合った歯医者さんを探す事も出来ます。またホームページからそのまま電話予約が出来る歯医者さんもあります♪

★受付スタッフや助手のかたも患者さんの気持ちをとっても親身に考えています。是非この動画を見て、「ほっと!」してみてください♪

歯医者の予約は当日でも可能なの?

歯医者さんの予約は、その日に予約枠が空いていれば、もちろん当日でも予約する事が可能です。
また緊急を要する場合に関しても、歯医者によっては予約を入れてくれる所もありますので、まずは当日の予約が出来るか確認の電話連絡をしてみてください。

予約でいっぱいの場合も、どうしても耐えられない痛み!歯が折れてしまった!などの緊急の場合には、必ず緊急の旨をしっかりと伝える事が大事です。

「耐えられない痛みなのですぐに見てほしいのですが。」「歯が折れてしまったので緊急で付けてほしいですが。」などと何故今日でないといけないのか?を相手に認識してもらう必要があります。

ホームページには『完全予約制』の記載がある歯医者さんの場合でも緊急患者に対しては、優先して対応してくれる歯医者もありますので、先ずは電話連絡をして確認してみましょう。

※こちらのページでは休日などでも応急が出来る都内の歯医者さんが確認出来ます。

スポンサーリンク

当日の予約の変更やキャンセルは出来るの?

予約を入れたら原則としては変更やキャンセルなどはせずに来院しましょう。

しかし、「急に都合が合わなくなってしまい行けなくなってしまった。。どうしよう!」などといった場合は急に予約を変更しなければいけません。

そのような時には当日行けなくなってしまった事がわかった時点で、すぐに電話連絡をしましょう。

そうすれば、当日でも予約をキャンセルして、他の日時に変更してもらう事が可能となります。またキャンセル料などもかかりません。

ではキャンセル変更の電話に関してもポイントだけを簡単にトーク例で確認しましょう。

歯医者さん当日のキャンセルの仕方

※まずは、変更後の予約日時を書き取るためのメモ用紙を準備して電話をかけましょう。

受付:「はい、健康歯科でございます。」
自分:「本日11時から予約をしていた○○です。」

受付:「はい、○○様ですね、ご連絡ありがとうございます。いかがなさいましたか?」
自分:「すみません、急遽都合が合わなくなってしまったので、本日の予約のキャンセルをお願いします。」

あとは新しい予約の日時を伝えて予約を新たに取りましょう。

歯医者さんも皆さんの予約をしている枠をおさえていますので、キャンセルになればその枠を調整する必要が出てきます。その為、当日キャンセルの場合は出来るだけ早めに連絡をする事が一番であります。

歯医者に行こう!初診の流れをご紹介!

歯医者

では実際に歯医者さんに行った際の流れをここでイメージしてみましょう。

1、歯医者へ入ったら用意してあるスリッパに履き替えます。

2、受付に向かい、「11時から予約をしていた○○です。」と伝えましょう。

3、保険証の提示を求められますので、ここで保険証を渡します。
※万が一、保険証を忘れても全額負担すれば治療を受けられます。後に手続きをすれば返金出来ますのでご安心を。

4、カルテを作りますので、スタッフの指示に従い簡単な問診票を記入します。

5、その後、順番に診療室に呼ばれます。

6、診療室に入ったら担当のスタッフのかたに症状を伝えます。

7、症状に合わせた今後のスケジュールを組んで治療がスタートします。

8、後は指示に従って治療が終われば、次回の予約を取って終了です。

いかがでしたでしょうか?全く不安や恐い事などはありません。

歯医者さんで恐い、心配と言えば「治療が痛いのでは。。」という点がありますが、現在では患者に合わせた痛くない治療を目指しているので、痛いのに弱いかたは予め医院のスタッフに相談すれば、自分にあった治療スケジュールや治療法などを提案してくれるでしょう。

保険が適用されない治療とは!?

最後に保険が適用されない治療もありますので、ここで確認しておきましょう。
基本的な、虫歯や歯周病などの通常治療でしたら、保険はもちろん適用されます。

それ以外の高い技術を必要とする治療や審美目的の治療に関しては保険適用外となります。

では保険適用外の治療をここでご紹介します。

『ホワイトニング』『歯列矯正』『詰め物、かぶせ物』『インプラント』『フッ素塗布』

などが保険適用外の審美治療となります。

最後に

いかがでしたでしょうか?
今回は、「歯医者の予約、電話の仕方は?初診の方にイチから伝授!」についてご紹介してきました。

歯医者の初診の予約はとっても緊張しますし、何を聞かれて、何を話せばいいのかわからないのです。
そんな時でも、落ち着いて今回ご紹介したトークの流れに沿って話していけば全く問題ありません。

ポイントは2つで、『予約時間』と『簡単な症状』を伝える事だけです。この2つに関しては予め自分でメモ用紙に書いておいた方がより落ち着いて電話を進める事が出来るでしょう。
症状に関しては「大体いつ頃から、その症状になったのか。」を簡潔に伝えるだけでOKです。詳細に関しては、歯医者さんに行った際に口頭でゆっくり伝える事ができます。

ここまで読んだらもう大丈夫です!
では準備が整ったら、歯医者さんに電話をかけて予約をしましょう♪

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top