Read Article

ヒールの高さの測り方!正しく測る方法を詳しく伝授!

黒いヒールを履いた女性の足もと

ヒールの高さの測り方はご存知でしょうか?

実はヒールの測り方を誤って解釈してしまっているかたが結構いるため、オークションに出品する際、または自身がどこかのサイトから商品を購入する際に、
「んっやたらヒールの高さが高いけど・・」「本当にそのヒール高であってるの・・?」なんて事になってしまうのです。

そしてお店で商品を購入する際には、【ヒール高7cm】といった具合に高さが表記されていますが、一体どこからどこまでが7cmなのか!?がわからないと困ってしまいますよね。

余談ですが、最近では、男性の靴もヒールが高いものが多くて、ヒール高10cmといった非常に高い靴も販売されているんです。以前の職場のAくんが、それこそヒール高10cmの靴をオークションに出していたのですが、ヒールの測り方を間違っていて返品されてしまい困っていたのを覚えていますね。。

という事でヒールの高さの正しい測り方を詳しく伝授します。

それでは皆さんで一緒に確認して行きましょう。

スポンサーリンク

ヒールの高さの測り方を教えて!

男女の足もと

まずヒールとはどこの箇所なのか?
「そんなことは分かってるよ。」と思っているかたでも誤った認識をしている場合がありますので、今一度ここで確認をして行きましょう。

ヒールとは、かかとという意味で、素材は『木、ゴム、コルク、金属、プラスチック』などを使用していて靴のタイプや値段によっても様々であります。

また、ヒールは一般的に女性のハイヒールとして有名ではありますが、基本的に男女問わず革靴にはヒールが装着されていて、形、太さ、長さは流行やブランドなどによっても異なるのです。

またヒールといっても「靴の箇所のどこからどこまでがヒールなの?」と靴によっても分かりにくい場合があります。
そんな時には、その靴を履いた時に自分の身長が高くなった長さがヒールの長さ(高さ)と考えるのがわかりやすいでしょう。

  • 「175cmの男性が革靴を履いて180cmになった。」⇒ 「ヒール高は5cm!」
  • 「155cmの女性がヒールを履いて165cmになった。」⇒ 「ヒール高は10cm!」

という事で、『革靴を履いた時の身長 - 自分の身長 = ヒール高』といった方程式が完成しました。
※『自分の足のかかとから地面までの長さ=ヒール高』も正解です。

このように、自分の身長がヒールによって高くなった長さがヒールの高さと覚えましょうね。

これでヒールの測り方がわかったという方もいるのではないでしょうか?
では実際にヒールの正しい測り方を確認して行きます。

ヒールの高さの正しい測り方を伝授!

ヒールの高さの測り方とは一体どこでどうやって測るのが正解なのか?

ヒールの高さの測り方は、主に『傾斜で測っている方』と『地面から垂直に測っている方』の2つの方がいるのです。
もちろん上記に正解はあって、後者の、

『地面から垂直に測る』というのがヒールの高さの測り方であります。

今まではメジャーを使って傾斜で測っていた方は、通常の長さよりも長く測っていた可能性があります。

これからはメジャーや定規などを使用して、地面から垂直にヒールを測った長さが正しい長さでありますので、ここで頭に入れて置きましょう。

ヒール高の測り方
★上記画像の『ピンクが正しい長さ』で『グリーンのように傾斜で測る』のは間違った測り方です。

測り方を間違えると、なんと2cm~4cmの誤差が発生する場合があるので、商品を購入する際や自分がオークションに出品する際の長さには十分気をつけて決して誤った長さを認識して失敗しないように注意しましょう。

スポンサーリンク

ヒールの高さの上手な測り方!

メジャーを持ったヘルメットを着用している男性

ヒールを測る際に適当に測ってしまうと同じ靴なのにお店によってヒールのサイズの違いが出てしまう場合があります。
お店へ行ってヒールの高さの表示を確認したら同じ靴なのに『1cm』または測り方が店によって異なっていたために、2cm~3cmも異なっていたなんて事もあるのです。

そのため、ヒール靴を購入する際には出来れば自分自身で一度ヒールの高さを測ってみた方が間違いはないでしょう。
では実際に上手なヒールの高さの測り方を見ていきましょう。

用意するものは、

  • メジャーや定規(定規は20cm程度あれば十分です。)
  • 筆記用具(鉛筆やボールペンで大丈夫です。)
  • 白い紙(A4サイズで大丈夫です。)

ヒールの上手な測り方!

1、まずは平らな場所である事を必ず確認しましょう。
※出来れば床に置いて測りましょう。

2、白い紙を靴の下に敷いて、靴の背景にも白い紙を使用します。
※周りの背景に左右されないように白い紙を使用しましょう。

3、メジャーや定規を地面から垂直にしてヒール高を測ります。
※メジャーは歪みやすいのでピンと張った状態で測りましょう。

以上がきれいなヒールの測り方です。靴選びに失敗しない為にも自分で測って自分の目でしっかりとヒール高は確認するのが良いでしょう。

またサイズを測る場合には、お店に迷惑が掛からないように店員さんに断ってから測りましょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、ヒールの高さの測り方に関して詳しくご紹介しました。

ヒールには様々な形や太さのヒールがありますので、「一体どこからどこまでを測ればいいのか?」分からない場合があります。
そんな時にはこの方程式を思い出しましょう。

  • 『革靴を履いた時の身長-自分の身長=ヒール高』
  • 『自分のかかとから地面までの長さ=ヒール高』

要するにヒールの傾斜で測るのではなくて、地面から垂直にヒールを測るのが正解です。

上記の2つの方程式で覚えやすいほうを覚えておけば、どんなヒールの高さにも応じる事が出来ますのでとっても役に立ちます。

またお店でヒール靴を購入する場合には、店員さんの測り方によってもヒール高の表記が同じ靴のはずなのに異なっている場合があります。
その為ヒールの靴を購入する際には、自分自身でその場でヒールを測って、お店の表記が間違いないかを念のためにチェックしましょう。

ではでは♪

スポンサーリンク

【今回の記事を読んで頂きありがとうございます!次のおすすめ記事もどうぞ ♪】
ヒールの歩き方のコツ!3つのポイントで誰でも美しく!

関連するコンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top