Read Article

美容院でパーマとカラーを同時に!髪へのダメージはいかに?

パーマ

美容院でその日に同時にパーマとカラーを行った経験ってありますか?

通常は2回に分けて、パーマとカラーを別々に行うのがいいみたいなのです。
また薬事法の決まりによって、医薬部外品であるパーマとカラーリングに使用する薬剤を同時に使用する事はできなくなっているのです。

しかしお客様の要望がその日に『パーマ + カラー』であれば、医薬部外品と化粧品を上手く組み合わせて同時に行ってくれる美容院がほとんどです。遠方からのお客様や時間が取れないお客様に関しては、その日のうちになんとかしてほしい!なんて事もありますからね。

では一体その日のうちに同時にパーマとカラーを行っても医薬部外品と化粧品を上手に組み合わせれば髪にダメージなどの影響が出ずに済むのでしょうか?

今まで私(メンズ)が実際にパーマとカラーを同時に行ってきた体験を踏まえて髪の状態などについて皆さんにシェアしていきたいと思います

では早速皆さんで確認して行きましょう。

スポンサーリンク

美容院でパーマとカラーを同時にするとどうなるの?

貴重な休みを使って美容院の予約を取って、カットにパーマ、カラーをしてもらいますが、理想としては一気にまとめてその日のうちに出来たら最高ですよね。
しかし、パーマとカラーを同時に行ってしまうと、

  • 髪が傷んでしまうのではないか。。
  • どちらかが上手くいかないのではないか。。
  • そもそもその日のうちに両方する事は可能なのか。。

などなど様々な疑問が出てきます。
例え美容師さんが「同時に出来ますよ~。」などと言ったとしても、少しばかり『本当に傷まないのかなぁ。。』なんて不安になってしまいます。

という事で実際に私(メンズ)が長年にわたって、パーマとカラーを同時に行ってきたメリットやデメリットを含めシェアしていきます。

パーマをかけた後にカラーをするとこうなる!

パーマ002

パーマをかけたり、カラーをする順番というのは基本的にはそこの美容院や美容師さんによって決められるのですが、自分で希望があればどちらから先に行うか?を決める事は出来るのです。
という事でまずはパーマをかけてその後にカラーをかけてもらうとどうなるかお伝えします。

私が今までで経験してきたメリットとデメリットとは、

メリットはコレ!

・カラーはしっかり染まります。

・パーマもしっかりかかります。

デメリットはコレ!

・髪の毛が大分傷んでしまいます。

・痛みによってチリチリが発生します。

・パーマが取れやすくなります。

私は基本的に髪の毛を黒くする事が多いのですが、パーマをかけた後でもカラーをすれば色がしっかりと入って意外ときれいに染まります。
デメリットとしては、髪の毛が結構傷んでしまいます。これは髪の毛がまだ落ちついていない状態の時に、キューティクルを開いて再度薬剤を使用してしまう事によって髪の毛にダメージが入ってしまうからです。

ミディアムぐらいの長さの男性の私でも、髪の傷みの特徴であるチリチリが非常に目立ってしまい大分気になってしまいます。それなので髪の毛の長い女性なら余計に髪の毛の痛みが強調されて目立ってしまうのではないでしょうか。

上記のようにパーマをかけた後にカラーをするとこのようなメリットとデメリットがあるのです。
続いてはカラー後にパーマをかけるとどうなるか?を確認して行きましょう。

スポンサーリンク

カラーをした後にパーマをするとこうなる!

カラー

美容院によっても異なりますが、私が今まで行った美容院だと、先にカラーをやってからパーマをかける美容院が多かったですね。
では実際に先にカラーを行った際のメリットとデメリットをお伝えします。

私が今までで経験してきた結果をお伝えすると、

メリットはコレ!

・パーマはきれいにかかります。

・髪の傷みがそこまで目立ちません。

デメリットはコレ!

・カラーが一気に落ちてしまいます。

・多少は髪が傷みます。

このようなメリットとデメリットがあります。
嬉しいメリットとしては、パーマがきれいにかかり髪の毛の痛みも気になるほどではありません。しかし最大のデメリットとして、『カラーが落ちてしまう。。』という事です。

私の場合は先程もお伝えした通り黒く染める事が多いのですが、カラーをした後にパーマをかけると、きれいに黒く染まっていた髪の毛が茶色くなってしまいます。最終的なカラーリングの色が自分の理想と異なる仕上がりになるのはとっても悲しいですよね。。

という事でカラーを先にすると髪の痛みは目立たずにパーマもきれいにかかりますが、カラーが抜けてしまうという所が最大の弱点であるのです。

先にパーマか先にカラーか?結局どっちがいいの!?

パーマとカラー

ここまでで、先にパーマをする際と先にカラーをする際のそれぞれのメリットとデメリットをお伝えしてきましたが、結局同時に行う場合はどちらがいいのでしょうか?
これに関しては、先程お伝えしたお互いのメリットとデメリットを今一度確認すると答えが出ます。

パーマとカラーはどっちを先にする?

  • 【先にパーマ派】
    髪の毛にダメージを与えてしまうけれど、その日にパーマもしっかりかけてカラーリングもしっかりしたいというかたにはパーマを先にかけてその後にカラーリングをする方がおすすめ!
  • 【先にカラー派】
    出来るだけ髪にダメージを与えないで、カラーリングが取れてしまう可能性が高いがパーマはきれいにかけたいかたには、カラーリングから先にしてその後にパーマをかけるのがおすすめ!

なかなか難しい選択肢ではありますが、今までの私の経験上では先にパーマをかけてしまう方がおすすめです。
なぜかというとその日に同時にパーマとカラーを行う事自体が髪に悪い影響を与えてしまうので、どうせ高いお金を払ってその日のうちに両方行うならばしっかりとパーマがかかって、カラーリングもきれいに染まる方がいいからです。

また先にパーマをかけた後に、根本のみをカラーリングするなどして気になる所を部分的にカラーをすれば髪のダメージが最小限に抑える事も可能であります。
そのため、部分的にパーマをかける方には先にカラーリングを行ってから部分的にパーマをかければカラーが落ちる箇所も最小限に済むのです。

2週間程度間隔を空けるのがベスト!

いかがでしたでしょうか?
今回はパーマとカラーをその日に行っても大丈夫なのか?またその日に行う場合はどちらから先に行った方がよいのか?についてお伝えしました。

  • 先にパーマをかければ、パーマもカラーも成功するがダメージが多い!
  • 先にカラーをすれば、ダメージは少ないがカラーが落ちやすくなる!

このような結果となりました。
しかしその日のうちに同時にパーマとカラーを行ってしまうとダメージを抑える事は難しくなり髪の毛がどうしても傷んでしまいます。

その為、出来ればどちらか一方を行った後は、2週間程度間隔を空けてもう一方を行うのがベストであります。しかし2週間も我慢出来ない!なんて場合にはせめて1週間は間隔を空けてから行うのが良いでしょう。

ではでは!

スポンサーリンク

【今回の記事を読んで頂きありがとうございます^^次のおすすめ記事もどうぞ ♪】
朝の髪のセット!男がかける時間は?時短方法も伝授!
髪のボリュームを抑える!男のヘアケアとセットを伝授!
髪のワックスの落とし方!シャンプーテクニックを伝授!
美容院でのメンズの髪型!頼み方のポイントを伝授!!
美容院には何分前に行くのがベストか?徹底的に調査してみた
美容院に行く時の服装は襟付きNG?オススメの格好はコレだ
美容院の予約をキャンセル!当日だと問題あるのか?ないのか?
美容師の会話内容には意味がある?本音を知れば気まずさ改善

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top