Read Article

花粉症がお酒で悪化っ?アルコールを飲むとアレルギーを誘発

花粉症

花粉症の時期は1月~4月後半までで、ピークに関しては例年2月後半~3月にかけてです。

この時期になると普段人一倍お酒を飲んでいる人が、お酒をあまり飲まなくなるのです。
飲んだとしても晩酌の1、2杯程度。
そうです、その人というのは私の10年来の友達なのです。

彼は昔から花粉症の時期には、鼻水、くしゃみが酷くて現在でも酷い花粉症に悩まされています。
しかし、そんな彼が花粉症の時期にはなぜあの大好きなお酒を控えているのでしょうか?

彼が言うには、花粉症の時期にお酒を飲んでも楽しくない!また花粉症の時期にお酒を飲むと花粉症がより悪化してしまう!と言います。

『花粉症とお酒。。』あまり関係がないように思えますが、本当にお酒を飲んでしまうと花粉症が悪化してしまうのでしょうか。

今回は私も花粉症である為とっても気になって徹底的に調査してきました。

では早速皆さんで確認して行きましょう。

スポンサーリンク

花粉症の人は飲酒すると症状が悪化するの?

花粉症の時期になると、私の友人のように飲酒を控え始めるかたが増えてきます。そしてピークである2月後半から3月にかけては私の友人に関してはお酒を一切飲まなくなるのです。
では本当にお酒を飲んでしまうと花粉症が悪化してしまうのか…

答えを早速お伝えすると、

お酒を飲むと花粉症は悪化します!

では一体なぜお酒を飲むと花粉症が悪化してしまうのかというと実はアルコールが花粉症に良くないどころか天敵である4つの原因があります。

では『お酒 ≠ 花粉症』の謎を解くために順番に確認して行きましょう。

ヒスタミンが増加して花粉症が悪化してしまう!

アセトアルデヒド

花粉症の天敵であるアルコールの最大のモンスターが、『アセトアルデヒド』です。

お酒を飲むと肝臓で代謝をしてアセトアルデヒドが作られますが、そのアセトアルデヒドによって、お酒を飲んだ際の頭痛や吐き気、飲み過ぎによって二日酔いなどの症状が起こってしまうのです。

そしてこのアセトアルデヒドがなぜ花粉症のもっとも恐ろしいモンスターなのかというと、アセトアルデヒドが生成されると体内で花粉アレルギーの誘発物質となるヒスタミンを作る肥満細胞を「これでもかっ!」と刺激してしまうのです。

そして肥満細胞を刺激してしまう事によって、ヒスタミンが何倍にもパワーアップして出てきてしまい、鼻水やくしゃみが悪化してしまうのです。

通常なら、花粉アレルギーの誘発物質であるヒスタミンを抗ヒスタミン薬で抑えて花粉症を楽にするのですが、お酒を飲む事によって逆効果となってしまい薬も効かなくなり、花粉症状も悪化してしまうという事です。

続いては乾燥肌が原因となって花粉症が悪化してしまうケースを確認して行きます。

乾燥肌になってしまい花粉を排除出来なくなる!

肌乾燥

花粉が肌に付着して、『顔が赤くなったり』『かゆみが出たり』『カサカサしたり』してしまい肌荒れが出てしまった。。なんて経験があるかたも多いのではないでしょうか。

そうです、このように特に乾燥肌のかたは肌の力が弱くなってしまう事によって、花粉のアレルギー反応が強く出てしまい、鼻水やくしゃみ以外にも、花粉症によって上記の肌トラブルが起こってしまうのです。

しかし乾燥肌とお酒は関係あるの?と思ったかたもいると思いますが、アルコールには利尿作用があって、体が軽い脱水症状を起こします。脱水症状が起きると肌や粘膜が乾燥しやすくなってしまい乾燥肌の原因になるのです。また鼻の粘膜が乾燥する事によって、鼻水や鼻づまりを誘発してしまう事にもなります。

特に女性のかたは花粉症による乾燥肌を防ぐために、洗顔やファンデーションなどで対策をしていますが、お酒を飲む事によって、それらの対策も水の泡。。となってしまうのです。

うん、アルコール。。恐るべしですね!
では続いては神経系の原因を探って行きましょう。

スポンサーリンク

副交感神経を刺激して花粉症状が強くなる!

4519da6c2062431475cac14ef67c9ed2_s

通常、副交感神経とは体や心をリラックスさせる時に働く神経であります。しかしこの副交感神経が異常に興奮してしまうと消化液が分泌され過ぎて、ストレスが原因ともされる胃潰瘍になってしまったりするのです。

花粉症に関しても、副交感神経が異常に興奮してしまう事によって、鼻や目、喉の粘膜から鼻水や涙、痰といった分泌物が大量に出てしまうのです。

そのため、もともと体質的に「副交感神経が異常に興奮してしまう」方は花粉症になりやすく花粉症の強い症状が出てしまいます。

ここでようやくお酒と副交感神経の接点をお話ししますが、お酒を飲む事によって、少量であれば副交感神経がリラックスするのですが、大量に飲む事によって副交感神経が過剰に興奮してしまい、もともと「副交感神経が異常に興奮してしまう体質」の方はさらに花粉症が悪化してしまいますし、このような体質でなかった人でも、同じように副交感神経が過剰に興奮してしまい花粉の症状が強くなってしまうのです。

では最後に免疫力低下によって花粉症が悪化してしまうケースをご紹介します。

免疫力が低下してしまい過剰反応してしまう!

胃腸

人は免疫力が低下してしまうと、免疫力の異常反応によって、花粉に対して体が過剰になり症状が出てしまうのです。
そのため、通常は過剰反応を抑制させるために、免疫力を高めれば花粉症の対策に繋がるものなのです。

しかしアルコールを接種してしまうと、胃腸の冷えにより血流が悪くなってしまい、全身の血流の流れも悪くなってしまい胃腸を悪くしてしまったり体全体の免疫力が低下してしまうのです。

またアルコールを大量に摂取する事によって肝臓が悪くなってしまうと、体の免疫力が低下してしまい免疫力の異常反応によって花粉症に体が過剰反応を起こしてしまい結果として花粉症が悪化してしまうのです。

花粉症の薬を飲んでからの飲酒はNG!?

364b61a4255dec4fe3324727865ce351_s

先程もお伝えはしましたが、アルコールを接種してしまうと花粉アレルギーの誘発物質であるヒスタミンが何倍にも増強してしまい薬が効かなくなってしまったりもします。

また基本的な話しになりますが、薬とお酒はとっても相性が悪い為、薬を飲んだ後にお酒を飲んだり、お酒を飲んだ後に薬を飲んだりしてしまうと、薬の作用が増強してしまったり、激減してしまったり、副作用が発生してしまう可能性もあるのです。

せっかく治療をしようと薬を飲んでいるのに、

  • 薬の効果が無くなってしまった。。
  • 薬の作用が正しく現れなかった。。
  • 副作用が発生してしまった。。

なんて事になったら元も子もないので、薬を飲んだら時間を十分にあけてからお酒を飲む!アルコールが体内から抜けた事を確認出来たら薬は飲む!という事を意識しましょう。

花粉症注射の前後に飲酒はNG!?

注射

花粉症の予防接種の当日の飲酒に関しては、少量であればお酒を飲んでも大丈夫です。
しかし…

  • 『飲み会に行って加減のない飲酒!』
  • 『深夜または朝まで飲み続ける飲酒!』
  • 『毎日食前に飲んでいる自覚のある大量のお酒!』

このような飲酒は、花粉症の接種当日は止めましょう。お酒を飲むのなら、接種当日の飲酒は『少量』にして、1、2杯を飲む程度にしましょう。

また接種後に関しては、副作用が発生してしまう可能性が2,3日は続きますので、2,3日は体の様子を見ながら、大量の飲酒は控えましょう。

副作用が出ているのに気が付かずに大量の飲酒をしてしまい重病になってしまった。。なんてケースもありますので、摂取した箇所が、『赤くなってしまった』『腫れてしまった』『熱が出てしまった』『痛くなってしまった』なんて場合は必ず飲酒はやめてしばらくは安静にしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は花粉症の人がお酒を飲むと本当に悪化してしまうのか?またその原因とは?についてお伝えしてきました。

花粉症とお酒はとっても相性が合わない為、花粉症が悪化してしまう原因がいくつもあったのです。

  • ヒスタミンが増加して悪化してしまう!
  • 乾燥肌になってしまい花粉を排除出来ない!
  • 副交感神経を刺激して花粉症状が強くなる!
  • 免疫力が低下してしまい過剰反応してしまう!

といったように様々な原因が重なりあうと軽症であった花粉症も重症の域に達してしまう事も十分に考えられます。

花粉症のシーズンに関しては1月~4ヶ月と長いようで案外気づいたらあっという間に通り過ぎているものです。
この間に関してはお酒を我慢しましょう!とは決していいませんが、お酒が大好きで毎日のように大量に飲んでいる習慣があるかたや、飲み会に行くと浴びるように大量に飲んでしまうかたは、お酒を飲めば飲むだけ花粉症は悪化してしまう!という事を頭にしっかり入れておいて自分自身でお酒をコントロールする姿勢が大切であります。

スポンサーリンク

【今回の記事を読んで頂きありがとうございます^^次のおすすめ記事もどうぞ ♪】
花粉症のステロイド注射!副作用はとんでもなく恐ろしいっ!
花粉症で熱が38度も出るの?免疫力低下で風邪を引き起こす
花粉症で声がかれるの?4つの対処法で元気になるっ!
花粉症で耳がかゆい!対策はこの3つ!今年は徹底ガードする
花粉症の時期!洗濯物の対策は?4つの工程で快適に!
花粉症の妊婦さんの対策!薬に頼らない3つの大切な事とは?
花粉症の喉の痛み!痒み!炎症を引き起こさない対策とは?

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top