Read Article

子供の迷子を防止する方法!基本的なことが一番効果的!

子供が迷子になってしまった。。!
主な迷子の原因には、

「子供は待っていられないので直ぐに行動してしまう。」
「親が一瞬目を離したすきにいなくなってしまう。」
「親が離れるとすぐに親がいなくなったと思い探しにいってしまう。」

このような原因が非常に多いようです。

迷子

親の「ここで待ってなさい!先に行かないでね!」は残念ながら、子供には通用しないようです。
という事で今回は子供が迷子にならない為の防止策をご紹介して行きます。

では早速見て行きましょう!

スポンサーリンク

迷子にならない為の5つの防止策とは!?

迷子防止

子供が迷子になってしまうのは、やはり目を離してしまった親の責任であります。
ここでは本当は分かっていても実際には出来ていない基本的なものを含めてお伝えして行きます。

では早速5つの防止策を確認していきましょう。

1)手をしっかりと繋ぎましょう!

基本的な事でもあり一番重要な事でもあります。手を握っていれば、間違いなく子供は迷子になりません。
しかし油断していると子供は急に走ってどこかへ行ってしまいますので、子供と一緒に外出をしたのなら子供の手はしっかり繋ぐ!を心がけましょう。

2)子供の高さから見える景色を意識しましょう!

子供が見えている高さは親が思っているよりも限りなく低いのです。
親が例え近くにいても子供の高さから親が確認出来ないと子供は迷子になってしまったと思い、親を探しに行ってしまいます。

3)子供を一人にしないでください!

どんな安全な場所だと思っていても子供を一人にさせないでください。
いつもよく行くスーパー、ショッピングモールの待合い室など、どんなに子供が慣れていても子供は気分屋なので、急に信じられない行動をしたり、急に外に飛び出していったりしてしまいます。
子供は決して一人にしないで、子供を離す際には親がしっかり目で追って隙を与えないようにしましょう。

4)家の中でも注意が必要なのです!

子供は親が着替えている、トイレに入っている、そんなふとした隙に外へ飛び出してしまって迷子になってしまうケースもよくあります。
家の中でも完全に安心しきらないで、迷子になってしまう、誘拐されてしまうかもしれない、こんな意識を常に持って行動をしましょう。

5)子供に子供を任せるのは止めましょう!

「お兄ちゃんとここで待ってなさい。」こんな光景よくありますが、実はこれかなり危険なのです。
年上のお兄ちゃんでもお姉ちゃんでも子供なら、誘惑に負けてどこかへ行ってしまって二人とも迷子になってしまった。。お兄ちゃんが両親を探しにいってしまったことによって迷子になってしまった。。なんて事良くあります。
上の子も下の子と一緒で実は不安でいっぱいなのです。決して子供に子供を預ける事がないように注意しましょう。

いかがでしたでしょうか!?

基本的な事であり、当たり前と思ってしまうかもしれませんが、
実はこんな基本的だと思われる事が一番の迷子の防止策であります。

スポンサーリンク

迷子にならない防止グッズはコレ!

防止グッズ

続いては迷子にならない為の、安心な迷子グッズをご紹介します。

迷子アラーム

定番グッズではありますが、いざ親が目を離してしまった時にとっても強力なアイテムです。
親と子、両方にアラームを設定して、設定した距離から子供が離れるとアラームが鳴って知らせてくれるという優れものです。

迷子防止リュック

リュックにストラップが付いていて、親がそのストラップを持つことにより子供との距離が開かないという商品です。
ストラップが外せて普段は通常のリュックとしても使用が可能な便利なアイテムです。

迷子GPS

迷子になった際に、腕時計式のGPSを装着させておけばいざとなった時には、GPSで子供の居場所が正確に確認できます。
※GPSとは人口衛星の電波によって、場所や居場所が特定できるシステムです。

迷子にならないための防止策、また万が一迷子になってしまったときの為にも、上記のようなアイテムがおすすめです。
※迷子アラーム、リュック、GPSなどはネットショッピングなどでも多くの機能や値段から選べるほど、品物が充実していますので是非確認して見てくださいね。

最後に

いかがでしたでしょうか!?

子供とは親が想像もしない事をするという事を頭の中でしっかりと意識して、親が子供の動きを先に予測して目を離さないという事を徹底しましょう。

また今回ご紹介した防止策を今一度確認して頂き、子供が迷子にならないように徹底して行きましょうね!

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top