Read Article

おならを我慢する方法!今すぐ止まるやり方を伝授!

おならが授業中や会議中に出そうになって必死に我慢したけど、
「ブッ!!」なんて経験はありませんか?

そんな時は思わず「私では無いです。。」と言ってしまいたくなるぐらい、とっても恥ずかしいですよね。

鼻を詰まんでいる女性

私の実体験ですが、
以前、会社の会議中におならの音が「ブッ!!」って私の横から思いっきり聞こえてきて、
会議が一時、シーンとなりました。
その瞬間、私の横にいた彼が、急に「外から聞こえました、、この部屋ではないようです。。」
とあまりにもわかりやすい誤魔化しかたをしていたのを覚えています。

それにしても、おならを我慢する事が出来れば、恥ずかしい思いをすることもないですし、自分のさじ加減で止められるのでとっても便利ですよね。

う~ん、我慢するいい方法はないものか!!
という事で今回はおならを我慢する方法をご紹介して行きます。

では早速皆さんで確認して行きましょう。

スポンサーリンク

おならを我慢する方法はこれだっ!

会議中の男女5人

おならを我慢する方法があれば、授業中、テスト中、会議中など様々な場面で対応する事が出来ますので非常に便利ですよね。
今まで我慢しようと試みたけどおならがでてしまった方はここで要確認していきましょう。

肛門に力を入れておならを止める!

肛門に力を「キュッ」と入れて、お腹の力を緩めて見てください。おならを我慢する事が出来て止める事が出来ます。

お尻の片方を少しあげると音が出ない!

お尻の片方を少しあげて、パンパンに溜まっているガスを少しずつ抜いて行きましょう。言う所の「すかしっ屁」ってやつですね。

腰回りをグルグル回しておならを抑える!

腰回りをグルグルと回してみると腸に溜まっているガスをコントロールする事が出来ます。結果おならを抑える事が出来ます。

このようにいくつか方法がありますが、
余裕があるのなら上記すべての方法を組み合わせるのが非常に効果的であります。

順番としては、

1,お尻の片方を少しあげる。

2,肛門に「キュッ」っと力を入れる。

3,腰回りをゆっくりグルグルと回す。

上記の方法は激しく動いてしまうとバレてしまう可能性がありますので、あくまでも動きはゆっくりとさりげなく行ってくださいね。
「ヤバイおならが出そうっ!」と思ったら上記の行動に徹して見ましょう。

スポンサーリンク

おならが出ない体作りを意識する!

テーブルの上にあるコーラ

おならが頻繁に出る人とあまり出ない人ってどんな違いがあるのでしょうか。
実はおならが出やすい人にはこんな共通点があったのです!

食生活が偏っている!

野菜やお肉などをバランスよく摂取することによって、おならの回数が減少して行きます。
逆に偏った食生活はおならが多く発生する原因となります。

食べるのが早い!

食べるのが早いと体内に余計な空気を吸い込んでしまい、腸内にガスが溜まってしまいおならが出やすい体になってしまいます。
逆にゆっくりとよく噛んで食べると余計な空気を吸わずに食べる事が出来ます。

炭酸やビールなどが大好き!

炭酸を使った飲料に関しては「炭酸ガス」が体内に溜まっていき、おならが大量に発生しやすくなります。
炭酸が大好きな方は炭酸類の飲み過ぎには要注意です。

このように体に良くない食生活が続いているしまっている方や、偏った食生活が習慣になってしまっている方はガスや空気が体内に溜まりやすくなってしまい、結果的におならが毎日大量に出てしまうのです。

健康の為にも食生活から見直してみるのも大切であります。

おならの我慢は危険ってホント!?

体内の模型

おならを我慢して実際にお腹を壊したなんて経験がある方はいませんか!?

おならを我慢するのは良くないというのはなんとなくは分かっている方は多いのですが、
実際にどのように体に良くないのでしょうか?

肝臓に負担がかかってしまう!
腸内環境が悪化してしまう!
口臭の原因になってしまう!

このように我慢をしたおならは体のあらゆる箇所に負担をもたらしてしまい、
体にダメージを与えてしまうのです。

お腹が痛くなってしまうのも腸内にガスが溜まってしまって腸内環境が悪くなってしまった事が原因となります。

最後に

いかがでしたでしょうか!?
おならが出るのは仕方がない事ではありますが、
さすがに人前でおならをするのは下品でありますね。

また我慢をするのも体に負担が掛かってしまいます。
その為、おならは「日頃から溜めないで、出す際はトイレなどで思いっきり出して、出来るだけ我慢はしない。」が大切であります。

しかし、授業中やテスト中など緊急時には我慢が必要な場合もあります。
そんなときは今回の記事を参考にして頂き、
おならを我慢する方法を試して見てくださいね。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top