Read Article

セールとバーゲンの違いとは?値段が安いのはこっちだった

セールとバーゲンって何が違うか知ってましたか!?

「一緒の意味じゃないの?」
「どっちも安売りでしょ?」

なんて声が聞こえてきますが、
セールとバーゲンには微妙な違いがあったのです!

セールとバーゲンの違い

「セール開催中!バーゲン開催中!」=「安売り」と単純に思っていたかたは必見です。

今回の記事を確認すれば、セールに行けばいいのか!バーゲンに行けばいいのか!必然的に答えが出てきます。

では早速、セールとバーゲンの違いとは?値段が安いのはこっちだった!についてご紹介します。

スポンサーリンク

セールとバーゲンの違いとは?

セールとバーゲンの違いは!一体何なんでしょうか!?

「一緒でしょ。どっちも安売り何でしょ。」と思っていた方!
実は微妙な違いがあって、こっちのほうが安かったのです。では気になる続きを確認して行きましょう。

『セール』とは一体なに?

セール

まずセールはセールスマンやセールスでお分かりの通り、

商品を売る!という意味であります。

商品を売る人がセールスマンであるので、セールという単体での意味は、「商品を売る」、
これがきっかけで、「セール」とは次第に、

『商品を売る』⇒『商品を売り出す』⇒『商品を安くして大量に売り出す』

と変化していって、

「セール」=「大売出し」!

の意味でデパートやショッピングモールで現在は受け入れられています。

またクリアランスセールとは、今期の新商品の値下げ商材を売り出すセールであります。
このように、今期の新しい新商品の売れ残った一部のサイズや色、または人気が無かった商品がセールでは売り出されます。

スポンサーリンク

『バーゲン』とは一体なに?

バーゲン

バーゲンとは「バーゲンセール」の略であります。
要するにセールとほとんど違いはありません。

バーゲンとは特売日の事なのです。

セールと何が違うかというと、期間中の打ち出している商品が違うという点であります。

クリアランスセールに関しては、今期の新商品の値下げ商材でありましたが、

バーゲンセールは、前期の売れ残り商品だったり、バーゲン用に作った特売専用の商品であります。

このように、クリアランスセールとバーゲンセールには違いがあったのです。

またバーゲンにはお店によって様々な言い回しがあります。

『バザール』や『スパークリングセール』、『レッドタグバザール』のようにお店によって、セールの名称をオリジナティ溢れる名称にして、
消費者に「スパークリングセール=丸井」などと認識させやすいようにバーゲン名称を変えているのです。

セールとバーゲンの違い01

いかがでしたでしょうか!?

セールとバーゲンの違い!をお伝えしていきました。

クリアランスセールは今期の新商品の値下げ商品であるため、トレンドに乗った新商品を安く購入したい場合はクリアランスセールへ、

前期のものやセール用に投入した商品を売り出す為、クリアランスセールに比べて商品の質などは落ちる可能性が有るが、もっとも安く購入できる可能性が高いのが、バーゲンセールであります。

このような違いを知って、セールとバーゲンを使い分けてショッピングしてみてはいかがでしょうか♪

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top