Read Article

水筒の洗い方!ゴムパッキンが驚くほどめっちゃピカピカに☆

「水筒のゴムパッキンが洗いにくい。。」「ゴムパッキンの黒ズミや臭いが取れない。。」こんな経験ありませんか?

はい、実は私あります…
毎日水筒に麦茶を入れて職場へ持っていき、家に帰って洗う。
しかし、毎日洗っているはずのゴムパッキンの汚れや臭いが取れない、そして気づいたらカビが繁殖。。うん、そんな事ありました。

ゴムパッキンを洗う01

水筒本体は洗えるけど、ゴムパッキンって小さいし、微妙な隙間が存在していてとっても洗いにくいんですよね。
という事で今回は水筒のゴムパッキンをとってもきれいに洗いあげる3つの方法をご紹介して行きます。

では早速見て行きましょう!

スポンサーリンク

ゴムパッキンをピカピカにする方法!

まずは簡単にゴムパッキンがキレイにならない原因を見てみます。
ゴムパッキンがキレイにならない原因とは、

小さいから、洗いにくい!
微妙な隙間が洗いにくい!
性質上、臭いがつきやすい!

ゴムパッキンはこのような形状や性質の為、洗いにくく、臭いが取れなくなってしまうのです。
ではこのクセモノである水筒の「ゴムパッキンの洗い方」を伝授させて頂きます!

台所用漂白剤を使用する!

漂白剤

漂白剤には「台所用漂白剤」と「洗濯用漂白剤」がありますが、どちらを使って頂いても構いません。
その中でも、匂いのない酸素系漂白剤を使用しましょう。

せっかく洗ってキレイになったのに、今度は漂白剤の臭いがゴムパッキンについてしまったら困ってしまいます。
ちなみに台所用漂白剤と洗濯用漂白剤の使い方としては、台所用漂白剤の方が強力でありますので、汚れや臭いがひどい場合には台所用漂白剤を使用して、またひどい汚れや臭いでは無い場合は洗濯用漂白剤と使い分けるのも良いでしょう。

漂白剤を使って洗う方法!

洗い方は50度ぐらいのお湯(500ml)に、漂白剤(2杯)を入れて、そこへゴムパッキンを投入して、約2時間ほど浸けおきします。
浸けおき後、キレイにお湯で洗い流せば、カビや汚れ、臭いまでスッキリ落ちてとってもキレイなゴムパッキンが復活します。

※隙間などにまだ黒ズミが残っている場合は、ブラシや綿棒を使って軽く擦ればすぐにキレイになりますよ。

スポンサーリンク

重曹と酢を使って超キレイに?

お酢

実は、重曹という意外な組み合わせで、めっちゃピカピカになるんです!
意外な組み合わせですよね?しかし、重曹と酢の組み合わせはゴムパッキンには最強のタッグなのです。

というのも、どちらも強力な『殺菌効果』があるからです。

重曹と酢を使って洗う方法!

50度ぐらいのお湯(500ml)に、重曹(2杯)とお酢(2杯)を入れて、そこへゴムパッキンを投入して、約2時間ほど浸け置きします。
はい、これまたピッカピカのゴムパッキンとなって復活します。

※重曹は食品でも使用しているものなので、漂白剤に抵抗がある方にもおすすめですよ。

メラミンスポンジが効果的!

メラミンスポンジ

メラミン樹脂を使用したスポンジは通常のスポンジよりもとっっても強力でおすすめです。
メラミンスポンジは何と言っても、

100円ショップでも購入できるので「安い」!
汚れにはとくに優秀ですぐに「落ちる」!
お湯と洗剤だけなので「衛生的」!

という点が「メラミンスポンジ」のおすすめポイントであります。
使い方としては、まずメラミンスポンジを適当な大きさに切ってお湯で濡らします。

あとはゴムパッキンをすみずみまで軽く擦って汚れが落ちたら洗剤を使っていつものように洗えば「汚れ」「臭い」もしっかり落ちます。

定期的に買い替えましょう!

見出しの通りで「ゴムパッキン」は定期的に買い替えましょう。
水筒本体はしっかりと作られていますが、ゴムパッキンに関してはあくまでも部品であり、消耗品でもあります。

どうしても毎日使っていると、ゴムパッキンは変色してしまったり変形してしまって使い物にならなくなってしまう時がやってきます。
またとっても大事にキレイに毎日洗っていても、徐々に汚れが蓄積されていって、ゴムパッキンも衛生的な状態を保てなくなってしまいます。

その為、1年を目安にして交換をしましょう!

ゴムパッキンはメーカーのWEBページなどで購入出来て、在庫があれば1週間もかからずに届きます。お値段も200円前後です。

もし購入して1年ほど経過しているようでしたら、使えなくなってしまう前に買い替えを検討しましょう。

ゴムパッキンをもう紛失させない!【おまけ】

探す

ゴムパッキンってすぐに外れてしまったり、小さくてよく無くなってしまいますよね。
私も2,3回程ありますが、カバンの中の水筒のゴムパッキンが急に外れていたようで、

「カバンの中が洪水に。。」
そして家に帰って水筒を確認したら、ゴムパッキンが無い。。こんな悲しい経験があるんです。

こうならないように、「ゴムパッキン」を洗った後は水筒と別々に保管して、乾いた後にゴムパッキンの裏表をしっかり確認してはめてください。

外出中に気づいたらゴムパッキンが見当たらない!そんな時は、水筒の飲み物の中に落っこちてしまっている場合がありますので、飲み物と一緒に流す事がないように注意しましょう。

このようにして大事なゴムパッキンは迷子にならないように、注意して見てあげましょうね。
また万が一無くなってしまった時の為に、1個予備としてストックをしておくのも良いと思いますよ。

最後に

いかがでしたでしょうか!?

ゴムパッキンは非常に大事な部品の一つです。
水筒があっても、ゴムパッキンが無かったら、水筒が使えません。
ですので、愛情を持って、キレイに使ってあげて、寿命がやってきたら、今までの感謝の気持ちをお伝えしてお別れをしましょう。

是非今回の記事を参考にして頂き、ゴムパッキンを清潔に保って長く使って頂ければと思います。

ではでは♪

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top