Read Article

インフルエンザは6月でもかかるの?梅雨の危険な落とし穴

一般的には、冬に大流行するインフルエンザ。しかし、6月に高熱が出て「風邪かなぁ。。」なんて病院へ行ったら、なんとインフルエンザだった。。。
実は例年このようなかたがいるのが現実なんです。

でもインフルエンザといえば…

  • 梅雨の時期の湿気に弱いはずでは。。
  • 温かい温度ならウィルスが発生しないのでは。。
  • 雨が降ればウィルスの拡散が減るのでは。。

このように、インフルエンザが発生しにくいと思われる、6月の梅雨時期。

窓の向こうで雨が降っている光景

しかし、実はこの梅雨の時期、そして6月だからこそインフルエンザにかかってしまう!という何とも恐ろしい落とし穴があったのです。
5月も季節の変わり目という事でまだ油断は出来ませんが、6月に関してもまだまだ油断は出来ませんよ。

という事で今回は、6月にインフルエンザに発症してしまう3つの理由についてご紹介していきます。

では早速皆さんで確認していきましょう。

⇒インフルエンザは5月でもかかる!油断できない3つの理由【参考までにどうぞ ♪】

スポンサーリンク

インフルエンザに6月にかかるのはなぜ?

インフルエンザウィルスは、高温多湿が苦手なため、その正反対である真冬に猛威を振るう!で有名ですが、一体なぜ6月という梅雨の時期にも、インフルエンザに感染してしまう危険性があるのでしょうか。

真冬でなくても感染する?

まずは前提のお話しとして、インフルエンザは寒い真冬の時期にしか発症しないと思っているかたも多いようなのですが、実は風邪と同様でインフルエンザに関しても1年中発症してしまう可能性がある病気なのです。新型やB型など、寒い時期をずらしてウィルスが蔓延して大流行することも考えられます。

そのため、冬以外でも体にウィルスが侵入してしまう隙さえ与えてしまうと、その人の体内にいつの間にか、インフルエンザウィルスが潜伏して、発症してしまう。。なんて事があるのです。

上記でお伝えしたインフルエンザウィルスに隙を与えやすい体になってしまう時期というのが正に6月の梅雨の時期となります。

その理由とは…

  1. 雨に濡れて免疫が下がるため!
  2. 梅雨の時期は気温差が激しいため!
  3. 換気が不十分であったため!

この3つの理由によって、6月といった時期であっても、『えっインフルエンザに感染っ!』なんて、家族が仰天してしまう事だってあるのです。
では早速上記3つの理由を順番に詳しく確認していきましょう。

1、雨に濡れて免疫が下がるため!

傘をささずに雨に濡れてしまっている女性

雨に濡れて風邪を引いてしまった。。なんてかたはよくいます。ではなぜ雨に濡れると、風邪を引くのかというと・・・『雨に濡れても乾かさないから』という答えがもっとも相応しいでしょう。
プールや海に入って、出たら体を拭きますが、雨に濡れたぐらいでは、体を拭いたりしない!または急な雨でタオルなどの拭くものがない!なんて事から体が濡れたままになってしまい冷えてしまいます。

そして体が冷えてしまうと…

  • 体温を奪って血行不良になってしまう。。
  • 免疫機能が低下してしてしまう。。
  • 体全体の機能が低下してしまう。。

といったように体にとっては、最悪な条件が揃ってしまうです。
体にとってマイナスな状態に陥ってしまうと、もちろん風邪を引きやすくなりますし、その延長線上にはインフルエンザが待っているのです。

『熱が出た=風邪かなぁ』なんて思うのは、一般的ではありますが、38℃以上の高熱に加えて、全身症状が起こり『鼻水、咳、のどの痛み、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感』などが発生していればインフルエンザの可能性が十分考えられますので、早急に病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

2、梅雨の時期は気温差が激しいため!

夕暮れ時の雲

季節の変わり目に関しても、温度の変化に体が対応できないために、インフルエンザや風邪にかかりやすい!と言われています。しかし6月ならば、季節が変わって十分に温度の変化にも体は慣れてきているはず。では一体なぜ6月に体調を崩しやすくなってしまうのかというと、梅雨になり雨が降っているときは、意外と肌寒くなってしまい体温も下がってしまいます。

しかし、梅雨の合間の晴天時には、温度が一気に上昇して、それに比例して体温も上昇。このように、梅雨の時期特有の気温の変化に体が対応することができなくなってしまうのです。

そして体が気温の変化についていけずに…

  • 自律神経が乱れてしまう。。
  • 血行や新陳代謝が低下してしまう。。

このような、心と体のバランスが崩れてしまうと、風邪も引きやすくなり、やはりインフルエンザに感染しやすくなってしまうのです。
気温の変化が急激に発生してしまう梅雨の時期には、生活習慣を整えて、運動、食事、休息の3つの健康バランスを徹底することによって、気温の変化に負けない体になるのです。

3、換気が不十分であったため!

リビングに集まる家族

梅雨の時期になると、部屋がジメジメしてしまい、湿気が溜まりやすくなりますよね。しかし、『雨が降っているから。』『エアコンをつけているから。』といった理由で、実は換気をしない家庭が多いのです。確かにインフルエンザウィルスには湿気が天敵なのですが、換気をまったくしないと…

  • 病原体の除去が出来なくなってしまう。。
  • ウィルスが拡散してしまう。。

といったように、とっても危険な部屋になってしまいます。

例えば、風邪やインフルエンザに発症してしまった家族が部屋にいて換気を怠ってしまった場合には、飛沫感染(咳やくしゃみ)や接触感染(ドアノブなど)から、家中に細菌やウィルスを拡散させてしまい、感染を拡大してしまう可能性が高くなってしまうのです。

そのため、換気に関しては、1日3回たったの5分だけでも、十分部屋の空気が入れ替わり換気が出来るので、特に家族に患者がいる場合には、しっかりと意識をして換気を行いましょう。

梅雨の時期のインフルエンザ予防策!

ストレッチをする女性

上記でお伝えした3つの理由によって、梅雨の時期だからこそインフルエンザに発症してしまう!なんてかたも結構いるのです。雨が降れば、家に閉じこもる。。気分もなんか上がらない。。といったように心身ともに、徐々に弱っていきます。そのため、梅雨の時期こそ生活習慣を見直すことに意識をして、健康を維持することが大切なのです。

  • 適度な運動を心がける!
  • 晴れの日には外出をする!
  • 栄養バランスを整える!
  • お風呂で汗をかく!
  • しっかりと睡眠を摂る!

このように上記のポイントを意識して、生活習慣を見直すと免疫力がUPして、例え周りにインフルエンザにかかっていたり風邪を引いている人がいたとしても、ウィルスが侵入してくる隙を与えずに済むでしょう。

6月にインフルエンザに発症してしまったら!

「6月にインフルエンザにかかってしまったかも。。どうすればいいのか・・・?」なんて季節外れのインフルエンザに焦ってしまうかたもいるでしょう。とは言っても、やはりインフルエンザだと少しでも自覚をしたら、早急に病院へ行きましょう。

そして、『処方された薬をしっかりと飲む事。』『しっかりと寝る事。』『水分をしっかりととる事。』といった基本的な治し方を徹底すれば、1週間程度で治ります。
「6月に高熱!風邪かぁ・・」なんてすぐに自己判断するのは止めて、感染拡大を防ぐためにも、風邪とインフルエンザの区別はしっかり行いましょうね。

※過去の記事で、インフルエンザと風邪の違いに関してまとめてありますので、参考までにどうぞ。

インフルエンザと風邪!症状の違いと簡単な見分け方はコレ!

人差し指を上に向けて笑顔な女性医師

例年猛威を振るうインフルエンザでありますが、症状は風邪と似てませんか?インフルエンザか風邪か自分で判断してすぐに病院へ行って治したいですよね。という事で今回は、インフルエンザと風邪!症状の違いと見分け方とは!?についてご紹介します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、6月にインフルエンザにかかってしまう原因から対策までご紹介してきました。
6月にインフルエンザにかかってしまうのは…

  • 雨に濡れて免疫が下がるため!
  • 梅雨の時期は気温差が激しいため!
  • 換気が不十分であったため!

といったように、梅雨だからこその原因があったのです。
またインフルエンザの予防策としては、『適度な運動を心がける!』『晴れの日には外出をする!』『栄養バランスを整える!』『お風呂で汗をかく!』『しっかりと睡眠を摂る!』といった、梅雨のジメジメに負けないように免疫力を強化することがもっとも大切です。

そして、万が一『38℃以上の高熱が。。』なんてときは、6月だから風邪とは思わずに、インフルエンザ特有の全身の体の症状もあれば、すぐに病院へ行って診察をしてもらいましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザの攻略ガイド!コレさえ読めばもう大丈夫!

元気いっぱいな女性

インフルエンザに罹る人と罹らない人の違いとは?はい、答えは正しい知識をもっているか?もっていないか?が大きな違いです。という事でインフルエンザの攻略ガイドと題して、私がインフルエンザに関して書いた記事をまとめましたのでご紹介します。

関連するコンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top