Read Article

電車で寝ると傾く方向は?頭が乗っかってきたときの対処法!

私が、電車で座席に座っていたら、隣の人が気持ち良さそうに寝ていて、上半身がふらふら!

「う~ん、、何か嫌な予感がしてきたぞ。。」

案の定、寝ていた隣の人の頭が私の肩に「ドシッ」、逆の方向に頭が行ったと思ったらまた私の肩に「ドシッ」。。。気持ち良さそうに寝ているし悪気は無いのももちろん分かっているけど、なんか不快でした・・・

電車の中でこんな経験、皆さんもありませんか!?

電車のつり革

一体電車で寝る人の傾く方向ってどちら側の確立が高いのでしょうか。
進行方向?または進行方向とは逆側?
ふとこんな疑問が頭に浮かんできますよね。

またこれが分かれば、寝ている人のどちら側に座ればいいのかも必然的に分かります。

という事で今回は、電車で寝る人の傾く方向とは?また実際に乗っかってきたときの対処法についてご紹介して行きます。

では早速皆さんで確認していきましょう。

スポンサーリンク

電車で寝てる人の傾く方向はどっちなの?

暗闇の電車の車内

電車で寝ている人の隣に座って、自分の方に傾いてきた。。
「逆は誰も座っていなのになぜ私の方に傾いてくるのか?」

こんな疑問が浮かんできます。

決して寝ている人が、わざとあなたに寄りかかってきているわけではありません。
たまたまであり、寝ている人も熟睡していて夢の中であるかもしれないので、
実際寄りかかった事も覚えていない方も多いのです。

では寝ている人が傾く方向とは、進行方向なのか?または進行方向とは逆側なのか!?
答えは、

電車が進行し動き始めた時は!

進行方向とは逆側へ重心が移動する為、進行方向とは逆側へ体が傾きます。

電車が停止したり、減速した際には!

進行方向へ重心が移動する為、進行方向へ体が傾きます。

また電車が一定速度を保って安定して走っている時には、

左右両側に傾く可能性があるのです!

なぜかというと、寝ている時には体の力が抜けている為、どちらに傾いてもおかしくない状態であるからなのです。

という事で、安定して速度を保って走行している際に、あなたの肩に頭が乗っかってきてしまったのは、たまたまであり、運が悪かっただけなのです。

一旦あなたの方に傾いてしまった為、その後電車が停止したりして、寝ている人の頭が反対側に一度傾いても、一度傾いてしまったあなたの方へ、体が傾く方向の癖が付いてしまった為、再度あなたの方向へと傾いてしまう可能性が高いのです。

このように、安定して速度を保って走行している時には電車で寝ている人の傾く方向に特に決まりはありません。

では一体対策はないのか?

スポンサーリンク

電車で寝ている人が傾いてきた際の対処法!

頭を斜めにする女性

電車で隣に寝ている人がいれば、自分の方へ傾いてくる可能性が大いにあります。
そしてついにふらふらとした上半身がこちら側へ傾いてきて、自分の肩に「ドシッ」

そんな時の対処法は、

肩をサッとずらして起こす!
一旦席を立って座り直す!

これで大抵の人は起きるでしょう。
また、寝ている人は他人の肩に寄りかかりたくて寄りかかっているわけでなくて、無意識に寄りかかってしまっている為、大抵の人は「迷惑をかけているのなら、恥ずかしいから本当は起こしてほしい…。」と思っているのです。

という事で、自分にとっても相手にとっても一番良い対処方法とは、

ポンポンと肩を叩いて一言優しく「すみません。」

と言ってあげてください。
※この時、気を付けないと相手が不快に思ってしまう場合もありますので、あくまでも優しく肩を叩いて、優しい口調で「すみません。」と言ってくださいね♪

相手も申し訳なさそうに瞬時に目が覚める事でしょう。
そしてその後はお互いが気持ちよく車内空間を過ごす事が出来ます。

最後に

いかがでしたでしょうか!?

電車で寝ている人が傾く方向。
それは、予想が出来ないという事です。

寝ている体は力が抜けていて、進行方向でも進行方向とは逆でも傾いてきます。
実際に肩に頭が乗っかてきた際には、優しく肩を叩き、優しく「すみません。」と起こしてあげるのが理想的であります。

「う~ん、そんな勇気はない。。」という方は、
いっその事、他の席に移動をするか、ストレスを溜めるぐらいであったら立ってしまいましょう。

是非今回の記事を参考にして頂き、電車の車内空間を今よりももっと素敵で快適に過ごしてくださいね。

ではでは♪

スポンサーリンク

【今回の記事を読んで頂きありがとうございます^^次のおすすめ記事もどうぞ ♪】
電車の中の傘のマナーとは?事故やトラブルを未然に防ぐ方法!
電車で席を譲ると断られるのは?見返りを求めない姿勢が大切!

関連するコンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top