Read Article

唇の日焼けの症状!予防はたったのコレだけで大丈夫

日焼けをしたくない方は、紫外線が強い季節には体全体に「日焼け止め」を塗って対策をします。

日焼けによる肌荒れや肌の老化を防ぐため、男性よりも特に女性の方が日焼け対策には必死ですよね。
しかし実は日焼け対策で「ノーマーク」であった箇所があるのです。

そう、それは「唇」です。

女性の方は口紅を塗って安心!または顔に日焼け止めを塗って安心!
なんて思っているかもしれませんが、
実はこれでは日焼け止めが出来ていなくて、

唇が「ヒリヒリ」して痛い。。唇の皮がむけてしまった。。
こんな事になってしまうのです。

ここで『唇も日焼けをする』という事を認識して、しっかり対策を練ってみましょう。

という事で今回は唇が日焼けした際の症状や対策を確認して行きましょう。

唇の日焼け!どんな「症状」が起こるの?

口を塞ぐ

唇が日焼けした際には、どんな症状が起きるのか?をまずはチェックして行きましょう。
こんな症状が起こっていれば、日焼けの可能性が高いですよ。

唇が「ヒリヒリ」して痛い!
唇が「カサカサ」して乾燥している!
唇の皮がむけてきた!
唇が水ぶくれして腫れてきた!

どうでしょうか?
上記の症状にいくつか該当しますか。

意外にも初期症状では唇の日焼けに気が付かずに放置してしまう方が多いようで、
皮がむけたり、たらこ唇のように大きく腫れあがってしまったり、症状がひどくなってから気づくなんて方もいらっしゃるようです。

唇は皮が薄くて、メラニンが少ない為、日焼けしやすいけれど、
メラニンが少ない為に、日焼けの症状の「黒くなる」という事がありませんので、意外と放置してしまうケースが多いのです。

唇の日焼け!正しい「予防」をする!

唇

「唇を日焼けしないようにする予防ってあるの!?」
はい、簡単に唇が日焼けしない方法があります!

それでは唇が日焼けしないように紫外線に当たる前に、事前に予防を練って行きましょう。
実は予防はこれに限ります!

UVカットのリップクリームを塗る!

UVカットのリップクリームには様々な商品が出ていて値段もピンキリとなっていますが、肌の弱い方は「紫外線吸収剤」が入っていないUVカットのリップクリームを選択しましょう。

【紫外線吸収剤とは】

紫外線吸収剤とは紫外線をあえて肌に吸収させて、その後に肌で化学反応を起こさせます。

化学反応が起こる事によって、紫外線が肌の中へ浸透するのが減るというものです。

肌が弱い方は、肌への化学反応によって「肌荒れ」の原因になってしまう場合がありますので注意が必要です。

紫外線吸収剤の逆が、紫外線散乱剤であり、こちらは肌に吸収させないで、肌に塗る事で紫外線を跳ね返らせる効果があります。

逆に誤った日焼け予防とは、

口紅を塗るだけ。
顔専用の日焼け止めクリームを塗る。

これで予防が出来ていると思っている方も多いようなのですが、
実は予防にはなっておらず、顔専用の日焼け止めクリームは逆に唇が荒れてしまうなんて事がありますので要注意です。

スポンサーリンク

唇が痛くて眠れない。。今夜出来る「緊急対策」!

ハチ

「唇が痛くて寝れない。。」「唇の腫れをすぐに治したい。。」

そんな方の緊急対策をご紹介します。

ハチミツを患部に塗る。

ハチミツを患部にたっぷり塗って乾燥を防ぎ、ラップでパックしましょう。
ハチミツにはたくさんの嬉しい栄養成分が入っていますので、緊急対策にはとってもおすすめです。
ハチミツが無ければ、オリーブオイルで代用出来ます。

白色ワセリンを患部に塗る。

白色ワセリンは薬局などで購入できる、石油から抽出されたオイルとなっています。
保湿力が高くて、即効性があるのが魅力的で、少量でしたら、舐めてしまっても大丈夫ですので、唇にもおすすめの成分であります。

また、寝る前にUVカット用のリップクリームを塗る。などの簡易的な対策でも良いでしょう。
日焼けしてしまった際や、緊急時の対策には上記の対策はおすすめですので是非お試しくださいませ。

最後に

いかがでしたでしょうか!?

唇が日焼けして「ヒリヒリ」して痛い。。

今までは「ノーマーク」で日焼けしてしまっていた唇も、
これでもう大丈夫ですね^^

是非今回の記事を参考にして頂き、紫外線の強い日や夏のお出かけには唇にリップクリームを塗って日焼けから唇を守りましょう。

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top