Read Article

冷麺と冷やし中華の違いとは?麺やスープ、具材まで徹底分析

暑い日に食べたくなる食べ物といえば、冷麺と冷やし中華がとっても人気ですよね。

でも冷麺と冷やし中華ってなんとなくニュアンスが似ていますが、

実際はどこがどう違うのでしょうか!?

う~ん、なんかわかるようで分からないですよね。。?

冷麺と冷やし中華の違い

私は冷麺を焼肉屋で初めて食べたときには、「これが、冷麺かっ!うまい!」と、
思わず感動した記憶はありますが、

味や具材、スープがなんとなく違うのは分ったけど、具体的にどこがどう違うのかわかりませんでした。

また地域によっても実は名称が違うようなのです!

という事で、今回は冷麺と冷やし中華の意外な違いをご紹介して行きます。

では早速見て行きましょう^^

スポンサーリンク

「冷麺」と「冷やし中華」にはこんな違いがあった!

冷麺と冷やし中華は、実は由来から麺やスープなど基本的なところからも多くの違いがあったのです。

まずは「冷麺」と「冷やし中華」に分けてどのような食べ物なのか分かりやすいように確認して行きます。

冷麺ってどんな食べ物!?

冷麺と冷やし中華の違い01

冷麺は朝鮮半島が由来の麺料理であって、日本で多く食べられているものは朝鮮・韓国式冷麺と言われていて焼肉屋で提供されることが多い冷麺の一つであります。

麺はそば粉にじゃがいも等のデンプンか小麦粉を混ぜて練り、ところてんのような機械で押し出して茹でて作った歯ごたえのあるつるつるとした白い色の麺であります。

具材は焼豚、茹で玉子、キムチ、野菜などを乗っけて、牛骨でとった冷たいスープをかけた麺料理となっています。

特徴としては麺は極めて細麺でコシが強く、スープの中に氷が入っているお店もあり、金属製の専用容器で出てくるお店が多いです。

冷やし中華はどんな食べ物!?

冷麺と冷やし中華の違い02

冷やし中華は日本由来の料理であって、全国各地で食べられていて、特に夏に大人気の麺料理の一つであります。
また夏になるとコンビニでは主力商品として売り出されています。

麺は中華麺を使用して、茹でた後に冷たい水で麺を冷やします。

具は、細切りの焼豚かハム、錦糸卵、きゅうり、トマトなどを乗せて、醤油酢(タレ)かごまダレをベースにかけて食べます。

からしや紅ショウガ、マヨネーズが入っているお店やお肉に関しても蒸し鶏を使っているお店など最近ではさまざまなアレンジのきいた冷やし中華があります。

冷麺と冷やし中華の違いをまとめてみた!

冷麺と冷やし中華の違い03

冷麺と冷やし中華の主な特徴を上記にて紹介しましたが、ここで「違い!」についてまとめさせて頂きます。

冷麺は

朝鮮由来であり、夏に限らず、主に焼肉屋で食べる事が出来る、朝鮮・韓国式の冷麺であります。
具材にキムチ、スープに牛骨を使ったりと、焼肉屋で出されるのが多いのを見ると、ビビンバ同様に韓国料理の一つでもあります。

冷やし中華は

日本由来の食べ物であって、夏の暑い時期に近づくと中華屋さんが「冷やし中華はじめました」といった、貼紙を店に貼るようになる夏に大人気の日本料理であります。
日本人にあわせた中華麺や醤油酢を使ったスープが特徴的で、コンビニの夏の主力商品の一つであり、最近ではラーメン専門店でもオリジナルのアレンジされた冷やし中華が多く展開されています。

このように、冷麺は韓国式であり、冷やし中華は日本式であるという事ですね。
どちらも冷たい麺類と言う事もあり、やはり夏の暑い時期には大人気の商品であります。

スポンサーリンク

地域によって名称が違うってホント?

冷麺と冷やし中華の違い04

そうです。
実は地域によって名称が異なるのです。

「冷麺」の名称の違い!

冷麺は東日本の地域では、朝鮮・韓国式冷麺の事でありますが、西日本の地域では、冷麺とは冷やし中華の事を冷麺と呼びます。
その為、西日本では冷麺の事は、韓国式冷麺と呼ぶそうです。

ちなみに冷麺で有名な盛岡冷麺とは朝鮮・韓国式冷麺の事であります。

「冷やし中華」の名称の違い!

冷やし中華に関しても、北海道では、冷やし中華を冷やしラーメンと呼んでいます。
山形では冷やしラーメンは郷土料理であり、そのままの意味で本来の醤油ラーメンのスープが冷やしてあり氷などを入れたものを冷やしラーメンと呼びます。

このように地域によっても、食文化の違いから呼び方や作り方なども様々なようです。

私は冷麺も冷やし中華も冷やしラーメンも大好きなので、全国各地へ行って食べ歩きしてみたいものです^^

暑い日にピッタリの極ウマ冷麺レシピ!

暑い夏にピッタリで簡単な激ウマな冷麺レシピをご紹介します!

【極ウマ冷麺「2人前」】

・冷麺の麺2人前(冷麺が無ければうどんでもOKです)
・冷麺スープの素を230ccの冷水で割ります
・焼豚またはハム 適量
・きゅうり 適量
・もやし 適量
・茹で卵 2個
・トマト(プチでもOK) 2個

茹でた麺にあらかじめ切って置いた具材を盛り付けて、スープをかけて完成です!

※お好みでゴマ、お酢、ごま油、コチュジャン、キムチなどをのせてアレンジして見て下さい^^

すごい簡単なのに美味しいです^^
冷麺の麺が無かったら「うどん、中華麺、そうめん」でもOKなので、簡単ヘルシーに作る事ができますよ。

最後に

いかがでしたでしょうか!?

冷麺と冷やし中華には全国的にも多くの違いがありましたね。

もうすぐ本格的な夏の到来と言う事で、様々な地域の冷麺と冷やし中華を旅をしながら味わってみるのもいいのではないでしょうか。

是非今回の記事を参考にして頂き、ご家庭でも美味しくて野菜たっぷりヘルシーな冷麺と冷やし中華を食べて、夏の暑い時期を乗り切って行きましょうね^^

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top