Read Article

エアコンを夏につけっぱなし!電気代やリスクを徹底的に調査

近年エアコンの機能も高まっているため、通年エアコンを使うかたもいるとは思いますが、特に真夏の部屋はかなり暑くなっているため、自宅に帰ったら、冷房をつけて快適に過ごす!なんてかたが多いと思います。

  • 「真夏は扇風機だけでは暑い。。」
  • 「夏にエアコン無しでどう過ごすのよ。」

このような意見が非常に多いため、やはり『真夏 = エアコン』であることが言えます。

エアコンをつけている人

私は一人暮らしなのですが、家の設計上の理由により、仕事から帰ってきた部屋は『サウナ状態。。。』で地獄です。

エアコンを直ぐにつけますが、部屋全体の温度が下がるまでは時間が掛かるため、それまではお風呂に入って汗を流し、クールダウンをします。そしてお風呂から出た頃には、部屋の温度が丁度いい感じになっているため、おのずと「気持ちいい~!」と声が出てしまうことも。

そんな私の話しはさておき、夏のエアコンの使いかたも人それぞれであって、『主婦なので家にずっといる!』『ペットを飼っている!』『電気代をあまり気にしていない!』などといった様々な理由によって、エアコンを一日中ずっっとつけっぱなしにしているかたもいます。

今まではあまり気にしていなかったけど、エアコンをつけっぱなしにすると、徐々に電気代や健康面、またはエアコンの寿命なんかも気になってきますよね。

と言う事で今回は、夏にエアコンをつけっぱなしにすると「電気代」「体」「故障」などのリスクはどうなるのか??について徹底的に調査をしてきました。

では早速皆さんで確認していきましょう。

スポンサーリンク

エアコンを夏につけっぱなし!電気代はどうなるの?

考える女性

冒頭でもお伝えした通り、夏の暑~い季節には、様々な事情からエアコンを24時間つけっぱなし!にしているご自宅もあります。電気代の請求金額を確認すると、『なるほどね。』と納得するかたと、『えっ!こんなに高いの?』または『こんなもんか。』など反応も人それぞれです。

しかし、実際のところは…

  • なぜこのような電気代になったのか?
  • エアコンだけの電気代はいくらなのか?
  • 他人のご家庭もこんなものなのか?

などなど、気になってしまいますよね。

電力自由化やエコキュートなどが、現在話題になっている通り、多くの方法やプランによって、電気代を見直してエコな生活を行うことができるのです。そんな時代の背景もありますので、ここでしっかりと今までの夏の電気代やエアコンの電気代について確認していきましょう。

今回は、総務省の過去3年間のデータと、東京電力の消費電力をもとに、夏の電気代、夏のエアコン代、24時間つけっぱなしにした際の電気代、エアコン代まで詳細の料金を詳しく調べてきました。

では一般的な夏の電気代とエアコン代から順番に確認していきましょう。

※ここでの夏とは、7月~9月の事で、今回はこの夏の3ヶ月間の平均値となります。

夏の電気代の平均とは?

1人世帯・・・1ヶ月4,811円
(ちなみにエアコン代は、2,790円)

2人世帯・・・1ヶ月8,450円
(ちなみにエアコン代は、4,901円)

3人世帯・・・1ヶ月9,787円
(ちなみにエアコン代は、5,675円)

4人世帯・・・1ヶ月10,550円
(ちなみにエアコン代は、6,119円)

※夏のエアコン代は、電気代全体の58%というデータがあります。
続いては、お待ちかねの24時間つけっぱなしにした際の電気代とエアコン代を確認していきましょう。

24時間つけっぱなしにした際の電気代の平均!

1人世帯・・・1ヶ月11,321円
(ちなみにエアコン代は、9,300円)

2人世帯・・・1ヶ月27,789円
(ちなみにエアコン代は、24,240円)

3人世帯・・・1ヶ月37,652円
(ちなみにエアコン代は、33,540円)

4人世帯・・・1ヶ月47,271円
(ちなみにエアコン代は、42,840円)

※夏のエアコン代は、電気代全体の58%というデータがあります。

スポンサーリンク

いかがでしょうか。
総務省と東京電力のデータから分析して調査した結果、上記のような、一般的な夏(7月~9月)の電気代と24時間エアコンをつけっぱなしにした際の電気代が導き出されました。

そして、24時間エアコンをつけっぱなしにすると、一般的な電気代よりもどれぐらい高くなるのか<?/span>計算したところ…

  • 1人世帯・・・1ヶ月6,511円高くなる!
  • 2人世帯・・・1ヶ月19,339円高くなる!
  • 3人世帯・・・1ヶ月27,865円高くなる!
  • 4人世帯・・・1ヶ月36,721円高くなる!

上記のように、世帯数に比例して、電気代ももちろん高くなるということ、また一人暮らしであっても、1ヶ月6,511円も電気代が高くなるということがわかりました。

個人的には、24時間エアコンをつけっぱなしにすると大分電気代が高くなるな~!とは思いましたが、皆さんはいかがでしたでしょうか。

「うん、これはやはり高い!何とかならないかな。。」なんて思ったかたは、電力自由化に合わせて、電力会社を見直したり、温度を少し下げてみたり、タイマーなどエアコン機能を駆使して、電気代を下げる、なんてことを考えてもいいかもしれません。

では電気代がわかったところで続いては、体への影響も確認しましょう。

エアコンをつけっぱなし!体への影響はどうなる?

扇風機

そうですね、これに関しては結論から申しますと、24時間つけっぱなしにすることは、体にとって負担となってしまうため、オススメは出来ない!ということですね。

クーラー病なんて言葉があるように、やはりエアコンの冷風というのは、体温を極端に下げてしまうということからも、体に悪影響を及ぼすようなのです。。

クーラーによる危険な病気!

クーラーをつけっぱなしにすると、冷風により体を極端に下げてしまうということから、『クーラー病』『風邪』『喉の痛み』『胃痛』『関節痛』などといったように、体が悲鳴を上げてしまう原因になるのです。

そのため、家でずっとつけっぱなしのかた、会社でずっとクーラーに当たりっぱなしのかた、つけっぱなしで寝てしまうかた、はその時には快適で気持ちいいと感じていても、実は体は赤い危険信号を点滅させている可能性があるのです。

そのため、エアコンに関しては…

  • 温度を下げ過ぎない!
  • 温度を下げたままにしない!
  • 冷えてきたら、止めるか扇風機に変える!
  • 寝る際には適温でタイマー機能を使う!

このようにエアコンを上手に使って見ることを心がけることも大切です。

もちろん状況や環境によっては、エアコンをつけっぱなしにしなくては行けないなんてこともあると思いますので、個人個人によって、上記のようにエアコンを上手に使うということが大切ですね。

最後は、つけっぱなしにした場合のエアコンの故障のリスクに関してご紹介します。

エアコンをつけっぱなし!故障のリスクはどうなる?

エアコンをつけっぱなしにすると、故障のリスクが高くなるのでしょうか。

例えば、自宅以外ではコンビニなどや24時間営業のお店などでは、基本的には24時間ずっとエアコンをつけっぱなしですよね。それでも全く壊れないで何年も何年も昔のエアコンを使っているお店や家庭もあります。

そんなわけで、電化製品全般に対して言えることでありますが、『壊れるときには、壊れる。』という事で、すぐ壊れたり、全然壊れなかったり電化製品によって様々。要するに、『つけっぱなし=寿命が短くなる』ということではないようです。

しかし、エアコンも24時間ずっとつけっぱなしにするよりは、

  • 1日のうち、6時間ほど休ませる。
  • 室内機などのメンテナンスは定期的に行う。

といったことが、電化製品にも人間にも優しい使い方のようです。

『つけっぱなし=寿命が短くなる』ということでなくても、人間の体と一緒で家電用品も定期的にメンテナンスをして少し休ませるようにした方が、汚れや臭いを発生させない!などいった観点からもいいのです。

エアコンの優しい快適な使い方とは?

エアコンをどうせ使うなら上手に快適に、経済的にも、体にも優しく、使っていきたいですよね。
では、そんなかたの為の、エアコンを上手に使う方法を伝授します。

エアコンの設定を1度変える。

エアコンの温度が27度に設定しているなら、28度と一度温度を変化させましょう。これを毎日続けるだけでも、塵も積もれば山となり、大幅に電気代を削減出来ます。

カーテンを閉めて部屋に日光が入らないようする。

直射日光が部屋の中に入ってしまっていると、せっかくエアコンを付けているのに思うように部屋が冷えません。カーテンやすだれを使用して直射日光を防ぎましょう。

扇風機をあわせて使う。

エアコンは高い場所に設置されているため、部屋の下に冷たい空気が溜まります。その為、扇風機をエアコンにあてるように循環させると電気代が20%もカット出来ます。

エアコンはすぐに止めない。

30分ぐらい買い物に行くなどの場合はエアコンはすぐに止めずにつけっぱなしの方が電気代が節約出来ます。エアコンを小まめに消してすぐに付ける!という行為が電気代が上がってしまう要因でもあります。

このようにちょっとした工夫をするだけで、電気代を大幅に節約する事が可能です。
エアコンをつけっぱなしのかたでしたら、なおさら、チリツモ(塵も積もれば山となる)効果が期待できますよ。

またここまできたら、クーラー無しで夏を乗り切る方法はないのか?なんてとっても貪欲なかたも出てくると思います。
そんなかたは下記の方法をお試しあれ♪

クーラー無しで夏を乗り切る!

  • 二か所窓を開けて風邪の通りをよくする。
  • 濡らした冷たいタオルを常に首に巻いておく。
  • 寝る前は水でシャワーを浴びて体を冷やす。
  • 籐(ラタン)を敷いて寝る。

天然素材である籐(ラタン)はひんやりとして素肌に非常に心地よいアイテムとなっていて、和モダンなスタイリッシュな空間も作れるという事インテリアにもオススメです。

しかし、無理をしすぎると熱中症の危険などリスクを伴ないますので、水分補給や熱中飴などを食べて十分に注意してくださいね。

※「熱中飴とは??」と思ったかたは、こちらを是非ご覧ください♪
熱中症対策には飴!効果的でオススメな食べ方とはっ?

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回は、エアコンをつけっぱなしにするとどのようなリスクが発生するのかを徹底的にご紹介してきました。

まずは、24時間エアコンをつけっぱなしにすると、一般的な電気代よりもどれぐらい高くなるのか計算したところ…

  • 1人世帯・・・1ヶ月6,511円高くなる!
  • 2人世帯・・・1ヶ月19,339円高くなる!
  • 3人世帯・・・1ヶ月27,865円高くなる!
  • 4人世帯・・・1ヶ月36,721円高くなる!

と電気代だけでも大幅に高くなってしまうリスクが発生してしまうのです。
また、『クーラー病』『風邪』『喉の痛み』『胃痛』『関節痛』などといった体への悪影響も高まってしまうことがわかりました。

故障に関してはつけっぱなしにすることで、故障のリスクが必ずしも高まる!ということではありませんでしたが、メンテナンスを怠ると、部屋の汚染や悪臭が発生してしまう、なんてことに繋がりますの気をつけましょう。

そのため、エアコンを使用する際には、エアコンの設定を1度変える!扇風機と併用して使う!といったように、上手にエアコンと付き合っていくことが大切なんです。
また今回の記事を参考にして頂き、電力会社やエアコンの見直しなどを検討されてエコな生活を考えてもいいかもしれませんね。

ではでは♪

スポンサーリンク

【今回の記事を読んで頂きありがとうございます^^次のおすすめ記事もどうぞ ♪】
部屋干しをエアコンで乾かす!除湿設定が一番早くて快適なの?

関連するコンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top