Read Article

正座でしびれた足を治す!知る人ぞ知る即効性のある方法

正座を長時間していると、「足がしびれて痛い。。!!」

こんな経験ありますよね。

正座でなくても、あぐらを長時間かいていても、しびれるというかたもいます。

また時間に関しても、短時間で直ぐにしびれてしまうかたもいます。

足がしびれてしまったら、しびれが治るまで、
「ビリビリ、ビリビリ!」とかなり苦痛ですよね。。。

と言う事で今回は、今すぐに簡単に出来る足のしびれの治し方をご紹介します。

では早速見て行きましょう!

スポンサーリンク

正座すると何で足がしびれるの!?

正座03

まずは簡単に原因から探って見ましょう。

しびれの原因は「血液が滞る」から!

正座をした際に血圧が圧迫される事によって、血流が滞ってしまい、「中枢神経・末梢神経」に障害が起きて
電撃のような「ビリビリ!!」っとした感覚と同時に力も入らなくなってしまいます。

このような事から正座だけではなく、あぐらや足組など同じ姿勢を続けて血圧を圧迫するとしびれが起こります。

では原因が分かった所で本題の治し方を見て行きましょう。

足のしびれの治し方!【即効性有】

蹴る

では本題の足のしびれの治し方をご紹介します。
『直ぐに簡単に治せる方法』ばかりですので、緊急時に是非試して見て下さいね!

足の指だけ地面に付ける!

正座でしびれたら、立ち上げる前に、足の指だけを地面に付けてかかとを立てて体重を乗せます。
その状態を30秒ほど保っているとしびれがなくなってきます。

アキレス腱や膝裏、肘をマッサージする!

アキレス腱や膝裏、肘は「リンパ管や血管」が流れ込む組織がありますので、もんでいるうちにしびれから解放されます。

つま先の指を持って手で反らす!

足を軽く延ばして、つま先の指を持って手で反らすと、足の裏の筋肉が緩まって血流がアップしてしびれもなくなってきます。

地面を蹴り上げる!

地面を思いっきり、4,5回ほど蹴リ上げてください。
この衝撃によって、血流が一気に流れ出してすぐにしびれが治まります。

いかがでしょうか!?
今回ご紹介した治し方は、すぐに出来て即効性のあるものばかりです。
是非試して頂き、あの嫌なしびれの苦痛からいち早く抜け出しましょう!

スポンサーリンク

足がしびれない正座のウラ技!

正座01

ここでは足がしびれてしまう前に、
出来るだけしびれないように対策を練って行きましょう。

足の指だけ地面に付ける!

重心を少しだけ前にして足に負担をかけさせないようにしましょう。

左右に重心を移動させる!

これも左右で重心の位置を片方ずつ、ちょこちょこ変えて、足への負担をかけないようにする方法です。

お尻を少し上げて足から離す!

お尻をさりげなく少し上げて足から離す。一定の時間が経過したら足にくっつける。これを繰り返しましょう。

片方の親指をもう片方の親指に重ねる!

一定の時間が経過したら、重ねていた上下の親指を交代してこれを繰り返しましょう。

こちらの方法は実際に茶道など正座をする機会が多いかたが、足がしびれる前に行っている対策です。

どれも血圧が圧迫される前に姿勢をさりげなく移動させる方法で、特に品が悪いという事はなさそうですので、是非実践してみて下さい!

まとめ

いかがでしたしょうか!?

正座に慣れているかたや普段から正座をしているかたは、血流が良くなり、しびれにくいようです。

その為、普段から正座を1日10分などと時間を決めて足を慣れさせるのも一つの手段です。

是非今回の記事を参考にして頂き、足がしびれてしまったら、『足のしびれの治し方』をお試し下さいね^^

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top