Read Article

お中元の時期とマナーとは?関東と関西でも贈る時期が異なる

もうすぐお中元の時期か~。

「さあお世話になった方にお中元を贈ろう!」

とは言ってもお中元の時期っていつからいつまでだっけ!?

こんな経験ありませんか?

何か混乱すると思ったら実はお中元を贈る時期って関東や関西また地域によっても違うのです。

う~ん、何で違うのよ・・・

と言う事で今回は関東と関西、そして地域ごとのお中元を贈る時期とお中元の時期が過ぎてしまったどうすればよいのか?さらにはお中元を贈る際のマナーまで一挙にご紹介します。

では早速確認して行きましょう^^

スポンサーリンク

お中元を贈る時期はこれでもう大丈夫!

お中元

お中元は年中行事であり三元(上元、中元、下元)の1つであります。

そしてお中元は日頃お世話になった人に贈り物をする習慣の事であって

もともとは旧暦の7月15日に行われていましたが、現代の日本では新暦の7月15日または8月15日に行われています。

それでは関東と関西のそれぞれのお中元を贈る時期の違いを確認しましょう。

関東と関西の贈る時期の違いとは!?

では早速、関東と関西のお中元の贈る時期を確認しましょう。

関東は「7月1日から7月15日まで」
関西は「7月15日から8月15日まで」

となっています。

ではなぜ関東と関西ではお中元を贈る時期が1ヶ月も違うのかといいますと、

冒頭でも少しお伝えした、旧暦と新暦の考え方の問題であって、

※「関東」に関しては新暦の考え方である為、7月15日まで贈り、

※「関西」に関しては旧暦の考え方である為、7月15日から8月15日までに贈る

と言う事になっているようです。

その為、関東、関西に関わらず地域によっても贈る時期は様々なのです。

お中元を贈る時期を地域ごとに確認!

それでは地域でもお中元を贈る時期が異なってきますので、ここで確認して行きましょう。

北海道:「7月15日~8月15日まで」

東北・関東・北陸:「7月1日~7月15日まで」

東海:「7月15日~8月15日まで」

関西・近畿:「7月15日~8月15日まで」

中国・四国:「7月15日~8月15日まで」

九州:「8月1日~8月15日まで」

いかがでしょうか!?

このようにお中元を贈る時期は関西、関東だけではなくて全国的に違っていたのです。

また人口が多い地域ほど7月の初めと贈る時期が早い傾向にあるようです。

ちょっと厄介ですが、上記を確認すれば贈る時期を間違える事はありませんので、
是非活用して下さいね^^

お中元の時期を過ぎてしまったら!?

困った

うっかりしていてお中元の時期が過ぎてしまった。。

そんな時の対処法に関してはお伝えします。


お中元の時期が過ぎてしまった時の対処法は

のしの表書きを変えるようにして下さい。
そして、「暑中見舞い」や「残暑見舞い」としてお出しするのがベストでしょう。


誰でもうっかりや忘れてしまう事はありますので、焦らずにこのような方法で贈って見て下さいね。

スポンサーリンク

お中元を贈る際のマナーを確認!

お中元02

お中元はいつもお世話になっている方に贈りますが、

ただのプレゼントとは異なり、お中元の基本的なマナーがありますので、

ここでお中元のマナーを整理して行きましょう。


お中元を「贈る相手」はどうする!?

いつもお世話になっている方が基本であり、上司や兄弟、親戚、友人、またはお子さんの稽古でお世話になっている先生(学校の先生はダメ)など
普段お世話になっているけど、普段なかなか会えない人に贈るというのがポイントであります。


お中元の「のしの書き方」はどうする!?

のしの上段には「お中元」「御中元」、下段は「贈り主の名前」を書きましょう。
手渡しする際は「外のし」をつけ、また宅配便で送る際は「内のし」をつけるというような場合が多いです。
水引きに関しては、紅白の蝶結びを使用します。


お中元を「お渡す際」はどうする!?

基本的にはお中元は手渡しで風呂敷から出して渡すのが良いとされていますが、最近では宅配便で贈るケースも多くなってきています。

※持参する場合は事前に相手方の都合など聞いた上で早朝や食事時などは避けましょう。
また渡す際にはデパートの紙袋から出して表書きが見えるように両手で渡しましょう。

※宅配便で送る際には、送り状を先に郵送してから品物を送るか、品物に同封して送りましょう。


「喪中の際」はどうする!?

相手先または自分が喪中の際にも、お中元は贈っても大丈夫です。
お中元に関しては、「日頃の感謝の気持ちを伝えるもの」で特にお祝いというわけではないので贈っても大丈夫です。

※相手方が四十九日を過ぎていない場合などに関しては相手の状況などを配慮して時期をずらし暑中見舞いとして贈るのもよいでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか!?

この時期はお中元、暑中見舞い、残暑見舞いなどと贈り物が多くなってきて贈る時期や贈り方など、
非常に混乱してくる場合が多いです。

また分からなくなってきたら今回の記事を是非確認して頂き、贈る時期やマナーを改めて確認して行きましょう^^

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top