Read Article

七夕のそうめんの由来は?子供に教えたいドラマチックな伝説

7月7日といえば七夕ですね。

織姫と彦星が1年に1度だけ出会える日、そして願い事をする日として有名ですね。

あともうひとつ7月7日といえば、

そうです!
「そうめんの日」です。

「え、何言ってるの。。」「なんで七夕にそうめんなの。。」

そんなかたも多くいらっしゃるかと思いますが、実は「七夕とそうめん」昔から深い関係があり、

昔から七夕の日に食べられてきたのです。

ではどういった由来があって、七夕にの日にそうめんが食べられるようになったのでしょうか!?

と言う事で、今回は七夕の日にそうめんを食べる由来から七夕のそうめんレシピまでご紹介して行きます。

では早速確認して行きましょう^^

スポンサーリンク

七夕にそうめん!?こんな由来があった!!

そうめん

七夕の日は全国的には短冊に願い事を書く日として有名ですよね。

しかし地域によってはその他にも様々な風習があるようで、例えば地域によって、
日頃の農作業の疲れを「休めるための休日」としていたり、

北海道では「ローソクもらい(ローソク出せ)」という子供の行事があったり、

そして古くから「そうめん」も七夕の日に食べる習慣があったようです。

ではそうめんはなぜ、そしてどこから発祥したのでしょうか!?

そうめんは「中国の行事」から発祥してきた!

鬼瓦

かなり歴史的なお話になりますが、そうめんは元々は中国伝来の「索餅(さくべい)」という小麦粉の料理だったといわれています。

※「索餅」という料理は「索」には縄をなうという意味があって、縄みたいに編みこんだ小麦粉のお菓子のようなものです。

古くから中国では、7月7日に死んだ帝の子が霊鬼神となって熱病を流行らせました。

そしてその帝の子の大好物であった「索餅」をお供物とするようになったことから、7月7日には中国では「索餅」を食べると1年間無病息災で過ごせるという伝説があります。

その中国の伝説が奈良時代に「索餅」とともに日本に伝えられて、
「麦の収穫期には麦餅を作る風習」と共に宮中行事に取り入れられて、日本でも一般的に広がっていったのです。

と言う事で中国の古くからの行事であり、7月7日のお供え物としていた「索餅」がいつからか「そうめん」へ変化していき七夕には『そうめん』を食べる!

そして『七夕=そうめん』となったようです。

う~ん、「索餅」から「そうめん」へなぜ変化してしまったのかも気になりますね。。

では索餅からそうめんに変わった理由も見て行きましょう!

スポンサーリンク

七夕には索餅だったのが「そうめん」へ変化!その理由とは?

そうめん02

索餅というお菓子は主に小麦粉や米粉を原料としたモチッとしたお菓子

中国の歴史では、帝の子の大好物であった「索餅」をお供え物として祀っていましたが、

なぜそのお菓子であった「索餅」がそうめんへ変わっていったのでしょうか?

  • そうめんを天の川に見立てたという説!
  • 織姫のお仕事の機織りの機織の糸に見立てたという説!
  • そうめんは栄養価が高いので夏の健康増進を促した説!
  • 平安時代の書物に七夕にそうめんを食べると大病にかからないと書かれていた説!
  • そうめんを食べて小麦の収穫を神に報告するためという説!

このように様々な説があるようです。

しかしどの説もロマンティックなものや健康なものなどと、

昔から「そうめん」は多くのかたに愛されていた証拠でありますね^^

流しそうめんは日本初?

流しそうめんは昭和34年に日本の宮崎県高千穂峡から発祥され、全国に広まったようです。

もともとは暑い夏の日の野良仕事の際に青竹と岩清水を使って、そうめんを流して食べていたというのがルーツだと言われていて

それを昭和34年当時、初めて商業ベースに乗せたのが始まりであるそうです。

七夕そうめんのレシピをご紹介!

七夕祭

七夕にはそうめん!と言う事で、七夕を意識した色使いの、
子供が喜ぶ美味しいそうめんレシピを紹介します!

子供が喜ぶ七夕そうめん

【材料】
3色そうめん
卵(スライスチーズ)
きゅうり(おくら)
にんじん
ハム

★量はどれも適量でOKです。★


そうめんをゆでて、ハート型や星型に片貫きした野菜や卵、ハムなどをそうめんにきれいに飾り付けして完成です。

★夏野菜を使った美味しいそうめんレシピも動画でどうぞ^^★

「索餅(さくべい)」も是非クックパッドを参考に作って見て下さい^^

最後に

いかがでしたでしょうか!?

七夕の日には「そうめん」!
7月7日は「そうめんの日」!

うん、七夕のそうめんには深い歴史があり、美味しくて、健康的で、そして天の川みたいにキレイなそうめん!ホント素敵ですね^^

是非今回の記事を参考にして、七夕の日は願い事をしてみんなで美味しいそうめんを食べてステキな日を迎えてくださいね!

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top