Read Article

隅田川花火大会2016を攻略!穴場スポット10選を徹底調査

隅田川花火大会といえば、毎年この花火をみる為に全国95万人以上の大勢の人たちが集まる、真夏の風物詩であり、東京を代表する『東京三大花火大会』の一つです。「あと数ヶ月後には、隅田川の花火大会か~!」なんて思うと、心がおどってくるのは私だけでしょうか。

隅田川花火大会の穴場スポット

まずは日程ですが、今年2016年(第39回)の隅田川花火大会は、

  • 7月30日(土)19時5分~20時30分 ※雨天の場合は7月31日(日)に延長。
  • 打ち上げ玉数:約20,000発

となっております。

そろそろ待ちに待った花火大会がやってくるわけですが、隅田川花火大会といえば毎年恒例の、「激混み。。」「激疲れ。。」ですよね。しかし見る場所によっては、『穴場』といい、割と余裕をもって花火を落ち着いて見れたりする場所があるんです。またどこから花火を見るか!にもよって、穴場スポットも様々。

出来れば至近距離で花火を見たいかた!遠くからでもいいからゆったりと花火を見たいかた!屋上から花火を丸々体感したいかた!などなど、花火を見る場所もたっくさんあります。

そこで今回は、皆さんの見たい場所の様々なニーズに合わせた穴場スポットをご紹介したいと思います。

それでは2016年の隅田川花火大会にて皆さんがステキな思い出を残して頂くためにも、徹底的に調査しまくった穴場10選をマップ付きでご紹介していきます。

では早速皆さんで一緒に確認していきましょう。

スポンサーリンク

隅田川花火大会2016!ニーズに合わせた穴場10選!

© タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰 サイト名: 漫画 on web

© タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰 サイト名: 漫画 on web

皆さんが花火を見るために、『これだけはゆずれない!』なんて熱い気持ちを持っていませんか。ちなみに私の場合に、『遠くもなく近くもなく、ゆったりと落ち着いて見れる場所!』が理想なんです。私は花火大会が超大好きなんですが、近いけど立ち見で見るのは何とも疲れてしまうし、遠すぎても花火が小さすぎて臨場感がないし。なんて考えなんですね。うん、贅沢ですね。。。

でも、中には臨場感を楽しみたいかたや、遠くからでも2会場の花火を贅沢に見たいかたもいると思います。やはり花火を見る場所には個人差が結構あるんですよね。

ということで今回は…

  1. 花火はゆったりと『公園・お寺』で見たい!
  2. 全部丸見え『屋上・展望台』で見たい!
  3. 臨場感がヤバイ『至近距離』で見たい!

とこのように、上記3つのニーズに毎に分けて穴場スポットを紹介したいと思います。
皆さんは、どこからどのように花火大会を味わいたいですか。

それでは、まずは『ゆったり花火は見たい派』の穴場スポットから順番に詳しく確認していきましょう。

1、花火はゆったりと『公園・お寺』で見たい!

隅田川花火大会の穴場スポット01

下町には多くの公園、お寺が存在します。でも、あの公園から花火は見れるのか?あの人気のお寺から花火は見れるのか?なんて様々な疑問も浮かんできますよね。

それではまずは、ゆったりと落ち着いて花火大会を味わいたい!なんてかたにオススメの公園・お寺の穴場スポットを詳細と地図にて確認していきましょう。

※詳細の最後に地図がありますので、是非現地でもご活用下さい♪

1-1、浅草寺(せんそうじ)

  • 最寄駅:浅草駅「徒歩5分」
  • 住所:台東区浅草2-3-1

浅草寺は、打ち上げ場所からは大分近くなりますが、実は境内は非常に穴場スポットなのです。花火の始まる前は人ごみがすごいですが、始まったら皆さんが花火の方向に向かって歩いて行くので大分混雑がなくなります。

第一会場、第二会場の花火ともに見えて、浅草寺の風情と大輪花火がミックスされる雰囲気が何とも堪りません。

1-2、銅像堀公園(どうぞうぼりこうえん)

  • 最寄駅:曳舟駅「徒歩10分」
  • 住所:墨田区向島5-9

花火大会の日には、銅像堀公園の公園内は立ち入り禁止となっていますが、近くの隅田川沿いの遊歩道から花火を楽しむ事が出来ます。

結構近い距離で打ち上げられる花火を、ゆっくり見ることができて、近くに高い建物もないので眺めも最高にいいですよ。

1-3、汐入公園(しおいりこうえん)

  • 最寄駅:南千住駅「徒歩14分」
  • 住所:荒川区南千住8-13-1

「南千住って結構花火大会の会場から離れてない。。」なんて不安になってしまうかたもいると思います。確かに汐入公園は、花火会場から距離が離れているという事もあり、ゆったり花火をみれる穴場スポットとなっています。

でもでも汐入公園からはスカイツリーも見る事が出来ますし、公園から浅草方面へ向かうと遊歩道がありそこからだと、よりはっきりと花火が見ることが出来るんですよ。

1-4、東白鬚公園(ひがししらひげこうえん)

  • 最寄駅:鐘ヶ淵駅「徒歩8分」
  • 住所:墨田区堤通2-2-1

東白鬚公園はなんと当日に無料でゴザを貸し出してくれるんですよ。もうこれだけで、感謝感激ですよね。また高架下で人が少ない穴場のポイントとなっています。

もちろん座って鑑賞することができますが、大きな木が多いのでゴザをひく場所にはよっては『うぅ!木がジャマで見えない。。』なんてことになってしまうので要注意ですよ。

1-5、上野公園(うえのこうえん)

  • 最寄駅:上野駅「徒歩2分」
  • 住所:台東区上野公園7-47

隅田川花火大会の日には、『花火大会が始まるまでは、上野で観光しよう!』といったかたが非常に多く上野は激混んでいるんですが、ご安心ください。

花火大会が始まる時間が徐々に迫ってくると、上野観光を楽しんでいた大勢の皆さんが、浅草方面へ大移動をして寂しいくらいに人が少なくなりますので、上野公園も絶好の穴場スポットなんですよ。

花火会場までの距離はありますが、ゆったりと花火を楽しみたいカップルのデートには最高にオススメですね。

スポンサーリンク

※上記でご紹介した5箇所の穴場スポットを、コメントと一緒に『赤(お寺)と緑(公園)のピン↓』で示してあるので、是非「クリック」してご利用下さい。(★のアイコンが花火会場です。)

☆「浅草寺」からの花火大会の様子を参考までに動画でどうぞ♪

2、全部丸見え『屋上・展望台』で見る!

隅田川花火大会の穴場スポット02

続いては屋上・展望台の穴場スポットのご紹介です。隅田川花火大会のために、地域の皆さんが一丸となって、多くのスーパーや施設の屋上を開放してくれるのです。何ともありがたいです、心から感謝したいですね。

そんな屋上や展望台から見る花火の魅力はなんといっても、2箇所からあがるステキな花火が全部見えてしまうこと。至近距離から見る花火とは、全く異なるファンタジーをとくとご覧あれ!

※詳細の最後に地図がありますので、是非現地でもご活用下さい♪

2-1、オリンピック墨田文花店(すみがぶんかてん):屋上駐車場

  • 最寄駅:小村井駅「徒歩8分」
  • 住所:墨田区文花1-31-9
 
オリンピック墨田文花店とはスーパーでありますが、隅田川花火大会にあわせて屋上駐車場をなんと貸してくれるのです。なんともありがたいですね、感謝です。

ある程度会場からは距離が離れているという事から、割とゆったりとそしてスカイツリーも見ることもできるので、花火との夢のコラボも楽しめます。

入場に関しては制限があり先着順となっているので、お気をつけください。

2-2、コモディイイダ東向島店(ひがしむこうじまてん):屋上駐車場

  • 最寄駅:曳舟駅「徒歩5分」
  • 住所:墨田区東向島1-28-10

コモディイイダ東向島店はこちらもスーパーでありますが、2階エリアの屋上を隅田川花火大会にあわせて貸してくれる穴場スポットとなっています。ありがとうございます、またまた感謝します!

こちらもスカイツリーと花火のコラボも思う存分楽しむことが出来る最高の場所ですが、「お店の条件+先着順」となっています。お店の条件とは、「いくら以上買ったかたのなかから先着順で!」といった条件が従来の条件のようです。

2-3、タワーホール船堀(ふなぼり)

  • 最寄駅:船堀駅「徒歩1分」
  • 住所:江戸川区船堀4−1−1

タワーホール船堀とは、江戸川区にあるイベントなどを行う際にレンタルしてくれる施設となっています。高さ115mの展望台からは、第一会場、第二会場と両方の花火を余すことなく見る事が出来る穴場スポットです。

ただ距離は結構離れているため、花火は大きくは見る事はできませんが、展望台は無料となっているので、夜景+花火をロマンチックに楽しみたいかたにはオススメです。

※上記でご紹介した穴場を、コメントと一緒に『青いピン↓』で示してありますので、是非「クリック」してご利用下さい。(★のアイコンが花火会場です。)

☆「コモディイイダ東向島店:屋上駐車場」からの花火の様子を動画でどうぞ♪

3、臨場感がヤバイ『至近距離』で見る!

隅田川花火大会の穴場スポット03

最後は大迫力の打ち上げ場所近くのとっておきの穴場をご紹介します。
空高く打ちあがる花火を、下町情緒溢れる街で、多少混んでいたとしても、至近距離で一度は見たいものです。

1年に一回の特別な花火は、臨場感溢れる最高の花火を見てしまえば、誰もが笑顔でHAPPY!!に会場を後に出来るでしょう。

それでは、早速至近距離の穴場スポットをどうぞ♪

※詳細の最後に地図がありますので、是非現地でもご活用下さい。

3-1、言問橋付近(ことといばしふきん)

  • 最寄駅:浅草駅「徒歩8分」
  • 住所:墨田区向島1~2まで

かなり、かなり、かな~り!至近距離で花火を拝む事が出来る、正に隅田川花火大会を見るための、ベストポジションと言えるでしょう。

大迫力で花火を見れるという最高のエリアとなっていますが、その分交通規制も厳しくなっていて、ゆったり見る事は出来なくはなります。
しかし、『花火コンクールを最高のポジションでカメラに収めたい!』なんてかたには、とってもオススメですね。

3-2、本所三丁目交差点(ほんじょさんちょうめこうさてん)

  • 最寄駅:本所吾妻橋「徒歩5分」
  • 住所:墨田区本所3

この交差点付近では、周辺の建物が比較的低くなっているため、障害物が少なくて特に「第二会場」の花火が見やすいとっておきの穴場スポットです。

上空を見上げると花火が大きな大きな光り輝く輪を描いていて、その至近距離から見た臨場感溢れる花火は、目に焼きつき一生の思い出となるでしょう。

※上記でご紹介した穴場を、コメントと一緒に『赤のピン↓』で示してありますので、是非「クリック」してご利用下さい。(★のアイコンが花火会場です。)

☆「言問橋付近」からの花火の様子を動画でどうぞ♪

こんな場所から見る花火もステキ!

隅田川花火大会の穴場スポット06

ここまでで、最高の花火大会に適した、とっておきの穴場スポットをご紹介しました。もう皆さんお腹いっぱいだと思いますが、最後の最後に、『こんな所で見てもスキテかも!』なんて場所を2つ厳選してみました。

では早速その2つのスポットを皆さんで一緒に確認していきましょう。

3大競演が魅力的『東京タワー』で見る!

東京タワーは、スカイツリーが出来た今でも、全く人気が途絶えることがない、恐らく永遠の東京のシンボル的存在です。東京タワー(特別展望台の北側)からは、隅田川花火大会が小さくではありますが、実は見る事ができるんです。

また東京タワーとスカイツリーと隅田川花火大会の3大競演を楽しむことが出来るため、特にカップルには、ゆっくりとしっとりと花火を楽しむことができるのでオススメですね。

是非大人の新感覚デートを隅田川花火大会を見て楽しんではいかがでしょうか。

プロの実況解説付き『テレビ』で見る!

隅田川花火大会に限らず、やはり花火というのは、現場で大迫力の大輪と音を楽しむのが、最高にいいでしょう。
でもなかには、こんなかたもいます…

  • 「東京に住んでないから見れない。。」
  • 「家でゆっくり見たい。。」

上記に当てはまるかたは、そのままTVをポチッとつけちゃいましょう。
皆さんもご存知の通り、TV(テレビ東京)にて余すことなく様々な角度から最高の花火を、なんと実況解説付きで、最初から最後まで全部見ることが出来ちゃいます!

隅田川花火大会に合わせて、ビッグサイズのTVを購入して、ご家庭で大迫力で家族揃ってみる!なんてかたが毎年いるそうです。

今年は奮発して、圧倒的な表現力が魅力な『4Kテレビ』にて、隅田川花火大会の感動をいかがでしょうか。

「たまや~!」「かぎや~!」は隅田川花火大会がルーツ?

隅田川花火大会は1732年に発生した大飢饉とコレラの死者を弔う為に、1733年7月9日両国の川開きに花火を打ち上げたのがルーツであるとされています。

打ち上げに関して当初は鍵屋が担当していましたが、1810年に鍵屋の分家の玉屋が創業した事により、2業者の体制となって両社が腕を競うようになりました。

鍵屋と玉屋はそれぞれ別の場所から花火を上げていて、観客はそれぞれの花火を見て自分がいいと思った業者の名を呼んでいたそうです。

これが「たまや~」「かぎや~」の由来となったわけです。

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回は2016年の隅田川花火大会の穴場スポットを皆さんのニーズに合わせてご紹介してきました。

花火に対しての熱い思いも人それぞれであり、臨場感を楽しみたいかた!遠くからでも2会場の花火を贅沢に見たいかた!など様々なんです。

ということで今回は…

  1. 花火はゆったりと『公園・お寺』で見たい!
  2. 全部丸見え『屋上・展望台』で見たい!
  3. 臨場感がヤバイ『至近距離』で見たい!

上記3つのニーズ毎に分けて穴場スポットを紹介しました。皆さんは、今年の花火大会はどこからどのように味わいますか。
あと数ヶ月後には、真夏のビッグイベント隅田川花火大会が始まります。そうこうしているうちにも、花火職人さんが、今年も最高にステキな花火を考え、そして作り出していることでしょう。

そんな職人さんたちの熱い思いを、家族と、友達と、恋人と、一人でも、1年に一回のステキな花火を自分の目で見れる幸せをしっかりと感じて、花火大会をみんなで盛り上げて、そして花火大会に関わったすべてのかたに感謝をしましょうね。

それでは、とっておきの穴場で「2016年の隅田川花火大会!」を思いっきり楽しんで下さい♪

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top