Read Article

栗とマロンの違いとは?徹底的に調査して分かったコト

栗とマロンの違いって何かあるのでしょうか!?

そもそもマロンって英語なの。。フランス語なの。。
まず、ここから疑問であります!

では栗とマロンの違いは日本語と外国語の違いだけなのでしょうか。
またはその他に何か違いはあるのでしょうか!?

秋の味覚の栗!今年も甘くて美味しい栗を食べると思いますが、
まずはこの栗とマロンの違いを知って、頭の「モヤモヤ」を一緒に整理しましょう。

という事で今回は、栗とマロンの違いに関してご紹介して行きます。

では早速確認して行きましょう!

栗とマロンに違いはあるの!?

栗は皆さんがご存知の通り、ゆで栗、甘栗など、あのとっても美味しい栗の事です。
うん、栗は分かっているけど、マロンも同じ栗でいいのか!?

答えは、

マロンはフランス語で栗の事を言います!

「そうなんだぁ、では日本の栗とフランスの栗(マロン)は一緒なんだ!」
となりますが、そう単純には行かないようで、

日本の栗とフランスの栗では何か他に違いがあるようなのです。

その違いを徹底的にお伝えしますね♪

フランスの『マロン』とは一体なに!?

モンブラン

フランスのマロンとは栗である事は間違いがありませんが、
マロンとは本来はシャテニエの実やマロニエの実の事を指します。

このシャテニエの実はフランスではシャテーニョとも呼ばれ、

日本のいがぐり(いがの中に2,3個の種)が入っているものを
『シャテーニョ』
1つの大きな種が入っているものを『マロン(栗)』

と呼んでいて、

マロンはそのまま食用としてマロングラッセなどに使用したり、日本では栗ごはんなどで使われたりしていますが、
もう一方のシャテーニョは、皮を剥くのが大変である事から、ペースト状にしてからマロンクリームなどで使用されています。

現在でもフランスではマロンとシャテーニョはこのような使い分けがなされているのです。

【栗のまとめ】

日本の『栗』=フランスでは『マロン』
フランスでは、栗は大きく分けて、マロンとシャテニエがあり、

『マロン』=『そのまま食べます。』
『シャテニエ』=『ペースト状にして使用します。』

スポンサーリンク

フランスでも焼き栗の屋台がある!?

焼き栗

そうなんです、タイトルの通りではありますが、
フランスでも日本のように焼き栗の屋台が市内のあちらこちらにあって、

『焼き立てのマロンだよ~。いかがですか~!』という掛け声で販売されているのです。

パリ市内ではマロニエの木が公園や街路樹などに非常に多く存在しています。
そのマロニエの木から育ったマロニエの実(マロン)が多くある為に、パリを中心に多くの屋台がありフランスでも日本同様にたくさんの焼き栗が販売されているのです。

味に関しては日本の焼き栗に比べると、フランスの焼き栗はあまり甘くはないそうです。

またこの焼き栗の屋台でありますが、フランス以外にも、イタリアやスイス、ドイツ、イギリス、スペインにもあって、
マロニエの木から育った焼き栗を販売しているのです。

このように日本で秋の味覚の栗はとってもワールドワイドな大人気な食べ物であったのです♪

簡単で美味しい「マロングラッセ」レシピ!

マロングラッセ

では、ここまでマロンに関して深く掘り下げていきましたので、
最後にとっても簡単でとっても美味しい「マロングラッセ」のレシピをご紹介します。

【甘栗のマロングラッセ】
材料・・・むき甘栗(130g)
グラニュー糖・・・(60g)
水・・・(90cc)

——————————-

①甘栗、グラニュー糖、水を耐熱容器に移して、レンジで加熱します。

②様子を見ながら甘栗を混ぜて温めてください。

③レンジを除いて、シロップが混ざっていたら完成です。

いかがでしょうか!?
とっても簡単ですよね。是非ご家庭でお試しください♪

最後に

いかがでしたでしょうか!?
栗とマロンの違いに関してお伝えしてきました。

マロンとは日本の栗の事であり、フランスでは栗の事を、マロンとシャテニエと呼び、
それぞれ
『マロン』=『そのまま食べる。』
『シャテニエ』=『ペースト状にして使用する。』

このような違いがあります。

また日本でも人気の焼き栗の屋台でありますが、フランスや海外でも焼き栗の屋台があるほど、とってもワールドワイドな食べ物なのです。

また味に関しては日本の栗の方が甘いようで海外では甘さが抑えられているようです。
是非海外旅行へいった際には日本の栗と食べ比べしてみてくださいね♪

ではでは!

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top