Read Article

さんまの内臓からうろこが!知らないでは済まされない真実

秋になると食べたくなるのが、安くてとっても美味しいさんまですね。
さんまを食べる際にはすべてきれいに食べますか?

というのも、
「さんまの内臓がうまいんだよね!」
とこのようにさんまの内臓は苦くて大人の方には人気があります。

しかし、
「内臓は苦いし、見た目も黒いから残すよ。。」
なんて全く食べないで残す方もいます。

うん、これに関しては賛否両論あるようですね。

では内臓好きの方にお聞きしますが、内臓を食べていたら「中からうろこが出てきた。。」なんて経験がありませんか!?

「何で内臓からうろこが出てくるの!?」
なんて気になってしまいますよね。

という事で今回はさんまの内臓から出てくるうろこ。。あの正体とは一体!?についてご紹介して行きます。

では早速確認して行きましょう!

スポンサーリンク

さんまの内臓になぜ「うろこ」が。。!?

網

さんまのはらわたの部分の内臓を食べていたらうろこが大量に出てきてビックリ。。
こんな経験ある方いますよね。

ではなぜさんまの内臓からたくさんのうろこが出てくるのでしょうか。

実はさんまにはもともとたくさんのうろこが付いています。
そしてさんまを捕獲してさんまを獲る際には大きな網を使用します。

この時に大きな網で引き上げられた大量のさんまが暴れてさんま同士がぶつかりあって捕獲されるのです。
その際に、さんまのうろこが大量に剥がれ落ちてしまいます。

そしてその剥がれ落ちたうろこをさんまが口から呑み込んでしまうのです。

その為、内臓には大量のうろこが入っている場合があるのです。

これは大量に大きな網で捕獲されたさんまに限った事なので、釣りなどをして単体で釣ったさんまにはうろこが入っていることは少ないようです。

またこれは単なるうろこでありますので、食べても美味しくはありませんが、食べてしまっても体に特に害はありません。

「うろこ」か「アニサキス」一体どっち!?

驚く

さんまの内臓にうろこがなぜ入ってしまうのか!?を先程確認しましたが、それって本当にうろこで大丈夫ですか!?
「えっ何言ってるの?」
「なんかおどかしてるの?」

という声も聞こえてきそうですね。。

というのもさんまの内臓には、内臓という事もあってうろこ以外の物が入っている可能性ももちろんあるのです。

その中でも、さんまの内臓に寄生しやすい、

「アニサキス」という寄生虫が入っている場合があるのです。

見た目は白い糸やミミズのような物体なので、うろことは異なりますので見分ける事は出来ます。

またアニサキスは加熱したり、冷凍すれば、死滅する寄生虫であるので、
焼いたさんまの中に入っていて、それを万が一食べてしまっても問題は無いのです。

しかし、さんまを生で刺身などで食べる際には、内臓に寄生している白い物体には注意が必要です。
万が一食べてしまうと、腹痛や下痢、嘔吐などの症状が出てしまう場合があります。

基本的には内臓に入っている場合がほとんどですが、内臓意外にも寄生してしまっている可能性もありますので、
今一度、さんまの刺身を食べる際には白いミミズのような物体には気をつけましょうね。

スポンサーリンク

内臓を食べなくてもマナー違反ではない!?

さんま02

焼魚をきれいに食べている人を見ると、「品があってステキだなぁ。」なんて私は思ってしまいます。
なんせ私が昔から魚を嫌がって食べなかったもので、今もあまりきれいに焼魚を食べれないのです。。

そんな魚でありますが、きれいに食べるのはとっても素敵な事ですが、
さんまに限ってはいかがでしょうか?

内臓を食べる人。

内臓を食べない人。

と完全に分かれてしまいます。
どちらの方がマナーとして良いのでしょう!?

正解は、
どっちもマナー違反ではないです。

さんまの内臓は苦くて食べれない人も非常に多いので、
「えっ!残しちゃうの!!」なんて軽蔑されることは無いでしょう。

残した内臓は骨と一緒に、お皿の端のほうに置いておきましょう。

内臓(うろこ)のきれいな取り方とは!?

さんま03

さんまのはらわた(内臓)をきれいに取って、さんまの塩焼きを食べたい!
そんな方に朗報です。

とっても簡単にはらわたを取る方法があったのです。

【さんまの内臓を簡単に取る方法】

1, 背中を手前にして背骨だけをまずは切ります。

2, 頭を抑えて、さんまの体を引っ張ります。

3, すると簡単にとってもきれいに頭と内臓が取れます。

どうでしょうか!?とっても簡単ですよね^^

文字だけではわかりずらいので、動画でも確認して見ましょう♪

最後に

いかがでしたでしょうか!?
秋といえば食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、

そして、さんまの秋ですね!
さんまといえば、食べる、食べないで賛否両論のある内臓部分が有名です。

そして今までは内臓にさんまのうろこが「何で入っているのか!?」「食べても大丈夫なのか!?」
なんて思っていましたが、食べても害は無くて、大量に捕獲する際にさんまがうろこを呑み込んでしまうために内臓に入ってしまっていたのですね。

うろこは結果食べても大丈夫でしたが、白い糸やミミズのような物体のアニサキスという寄生虫に関しては、生で食べてしまうと大変危険ですので注意してくださいね。

ではでは!

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top