Read Article

美容院に行く時の服装は襟付きNG?オススメの格好はコレだ

「美容院は何をするところか?」・・・と聞かれた時に、皆さんはどのように答えますか。はい、私なら「髪を切るところでしょ。」と当たり前のように答えます。恐らく皆さんもこのように、答える筈。

しかし、その髪を整えてもらいに行く場所に、なぜか「服装はどんな格好で行こうかな??」と前日から悩んでしまう方が非常に多いのです。

美容師に施術をしてもらっている女性

「美容院のオシャレな空間に緊張する。。」

私もそうですが、美容院のあのオシャレな空間って緊張しませんか。素敵でオシャレな美容師さん達が、華やかに髪を切っている姿。そんな華やかなステージに自分も向かう時は、いつも緊張します。

そして、華やかでオシャレな空間に行くということで、「自分もオシャレをしなくてはっ!」なんてやけに意気込んでしまって、適当な格好で行くことが出来ないですよ。いつもの担当の美容師さんにここでお伝えします。「あれで、結構服装に気をつかっているんです。(^^;)」

スポンサーリンク

皆さんはどうでしょうか。私のように、オシャレに気をつかう方もいれば、こんな格好をしてしまうと美容師さんが困ってしまうのでは?または美容院でNGな格好があるのでは?・・・なんて不安に思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

例えばですが、このような連想があります。「髪を切る」⇒「頭周りは邪魔になってはいけない」⇒「首回りが開いていないと襟足が切りづらいかも」⇒「洋服では襟に気をつかわないといけないのでは??」こんな感じで、連想をしてしまうと洋服の襟周りの気になってきます。

う~ん、、襟はOKなのか?その他にも注意したい洋服はあるのか?

という事で今回は、美容院へ行くときの服装で襟がある服装はNGなのか?またその他の服装の注意点と実際にどんな服装がオススメなのか?についてもご紹介していきます。

では早速皆さんで一緒に確認していきましょう。

美容院に行く時の服装でNGなのは?

美容院に行くときのガイドブック!なんてものがあればいいんですが。。例えば、歯医者に行く前には、歯を磨く!みたいな感じで、暗黙のマナーのような。

歯医者に行く前のマナーなんかは、親が教えてくれたりもしましたが、美容院に行くときのマナーなんか知る機会がないのが実情ですね。では美容院に行くときの服装に決まりはないのでしょうか?

答えからお伝えすると…

どのような服装でも問題はありません。
そうです、来店する際の格好に一切決まりなどないのです。

・・・今回のミッションは完了!!

となってしまいそうでしたが、そうはいきません。徹底的に調べたところ、確かに決まりなんてものはありませんが、美容師さんが困ってしまう服装というのは、やはりあるようです。

ではその服装とはどのような服装なのか、を確認していきましょう。

スポンサーリンク

1、首回りが隠れている服装は困る!

タートルネックを着た男性

早速ですが、美容師さんが困ってしまう格好は、首回りが隠れている服装なんです。肩のラインや首筋にうなじなどは、美容師さんが髪を切るときの目安にするところなんです。

また首回りが隠れていると、カットがしにくいということと、カラー剤やパーマ液が付いてしまう可能性だってあります。

実際にどのような服装を避けた方がいいのかというと…

  • タートルネック、ハイネック!
  • フード付きのパーカーや洋服!
  • 長めの襟が付いているシャツ!
  • ストールやマフラーをしたまま!

このような服装の場合は、施術の際に、美容師さんが困ってしまうことがあるので、避けた方が無難でしょう。

もちろん、プロの美容師さんなので、首回りには気をつかって施術をしますが、どんなに頑張っても、「これでは、カットが難しいな。。」なんて時もあります。そのような時には、美容師さんの方から、汚れてしまうことを想定して、「襟を押し下げて頂けませんか?」などの依頼をされることもあるでしょう。

または、パーカーのような服装で、そのまま施術が出来ない場合には、「脱ぐことは可能かどうか?」の提案をされることもありますよ。

ネックレスは大丈夫なの?

ネックレスは大丈夫なのか?について、気になる方もいると思いますが、基本的には問題ないでしょう。ただあまりにも大きいサイズのネックレスだったり、高価なネックレスの場合には、万が一に備えて、外しておくほうがよいでしょう。

2、白い服装は困る!

スマホを持った白い服の女性

白い洋服を着て朝家を出ます。仕事が終わり家に帰宅して、白い洋服を確認すると、「えっ!この汚れいつ付いたの!?」なんて驚くことがあります。

そうです、美容院で真っ白な服装は避けた方がいい理由は…

万が一汚れたらかなり目立ってしまう!

ので避けた方がいいのです。

では、黒い洋服なら汚れても目立たないからいいのか?なんて思った方もいると思いますが、白い洋服が汚れてしまうのは、他の色の汚れよりも、かなり目立ってしまうので、悲しくなってしまうじゃないですか。。

ベテランの美容師さんなら、手際よく施術を行うことが出来るかもしれませんが、スタイリストになりたての美容師さんだったり、アシスタントさんだったら、白い洋服を着ているあなたを見て、かなり気をつかい慎重になってしまい、施術に集中出来なくなってしまう可能性だってあるのです。

そのため、白い洋服は自分のため、また美容師さんへの優しさも含めて、避けた方が良いと言えるのです。

では美容師さんが困ってしまう洋服が分かったあとは、どんな服装で行くのがオススメなのか?に関しても確認していきましょう。

スポンサーリンク

どんな服装で行くのがオススメなの?

洋服屋さんの内観

ここまでで、美容院に行く格好には決まりはないが、避けた方がいい服装があるというのは、確認が出来たと思います。では、反対に美容院に行く際には、「どのような服装で行くのがオススメなのか?」をここでお伝えします。

その服装を導き出すためには、あなたが美容院で注文する髪型が鍵となります。なぜかというと、「プライベートの服装と合わせて髪型も一緒にオシャレを楽しみたい!」と思っていれば、そのプライベートの服装で来店するのが良いでしょう。

その他にも、「仕事の時のスーツ姿に究極にマッチする髪型にしたい!」なんて場合には、スーツで来店をして、髪型を決めた方が理想の髪型に近づくことが出来るでしょう。

ただそこまでこだわりがなくて、ある程度は美容師さんにお任せしたい!なんて場合には、『いつもの自然な私服』がいいでしょう。なぜかというとあなたのいつもの格好に合わせて似合う髪型を美容師さんが提案してくれます。

美容師さんがもっとも困ってしまうのは、あなたの普段の好きな格好などが全く見えてこない状態ですね。

そのため、もし普段の洋服に合わせてカットして欲しいのに、そのような格好で来店できなかったら…

  • 「私の普段のファッションはこんな感じです!」
  • 「髪質や顔の形はこんな感じなんです!」

といったように、美容師さんとコミュニケーションをはかって自分を少しでもアピール出来れば、服装はどのような装いでも、自分の理想の髪型に近づけることでしょう。

美容院に行く時の髪型はどうするべきか?

鏡の前で笑顔の女性

最後に、美容院に行く際の髪型はどうするべきなのか?について確認していきます。
冒頭でもお伝えしましたが、歯医者に行く前には、歯を磨いてから歯医者に行く!なんてマナーがあります。では美容院に行く前にも同じように、髪をきれいに整えてから来店した方が良いのでしょうか。

早速ですが、答えからお伝えすると…

セットしていっても、セットしなくても、どちらでも問題はありません。

しっかりとセットをしていけば、あなたの好みのヘアースタイルを美容師さんが理解してくれるので、好みのヘアースタイルに仕上がりやすくなるというメリットがあります。

逆にデメリットもあって…

  • あなたの本来の髪質がすぐに判断することが出来なくなる。
  • 整髪料を洗い流すのに時間が掛かるため、施術の時間も長くなる。

などといったデメリットも発生しますので、私の場合には、ガチガチに整髪料をつけてセットするのではなくて、いつもよりも軽くつけて洗い流しやすいように、セットをするのがいいと思います。

これで例えヘアセットが崩れてしまっても、美容院に置いてある雑誌などで、いつもはこんな感じのスタイルが好きだということをアピールして、普段の自分の好きな髪型を理解してもらうこともできますからね。

※「美容院でのメンズの髪型!頼み方のポイントを伝授!!」の記事も確認してみてくださいね。

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回は、美容院へ行くときの服装で襟がある服装はNGなのか?またその他の服装の注意点と実際にどんな服装がいいのか?についてご紹介してきました。

来店する際の格好に一切決まりなどないのですが、下記の服装については避けた方がよいでしょう。

  • タートルネック、ハイネック!
  • フード付きのパーカーや洋服!
  • 長めの襟が付いているシャツ!
  • ストールやマフラーをしたまま!
  • 白い服装!

このような服装の場合は、施術の際に、首周りがふさがってカットがやりにくくなってしまったり、自分の洋服が汚れてしまったりする可能性があります。白い服装に関しては、汚れが付いた時に特に目立ってしまいます。

また美容院にいく格好は、普段の自分の格好か、今回お願いする髪型に合わせる格好のいずれかを着ていくとよいでしょう。
ただ一回来店しただと、美容師さんもエスパーではないため、あなたの好きな髪型や洋服を100%理解することは難しいのです。そのため、美容師さんとコミュニケーションをしっかりとって、自分を知ってもらうことが大切と言えます。

ではでは♪

スポンサーリンク

【今回の記事を読んで頂きありがとうございます^^次のおすすめ記事もどうぞ ♪】
美容師の会話内容には意味がある?本音を知れば気まずさ改善
美容院には何分前に行くのがベストか?徹底的に調査してみた
美容院でのメンズの髪型!頼み方のポイントを伝授!!
美容院でパーマとカラーを同時に!髪へのダメージはいかに?
美容院の予約をキャンセル!当日だと問題あるのか?ないのか?
髪のボリュームを抑える!男のヘアケアとセットを伝授!
髪のワックスの落とし方!シャンプーテクニックを伝授!

関連するコンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top