Read Article

美容院の予約をキャンセル!当日だと問題あるのか?ないのか?

美容院の予約をしていたが、当日になって、「体調が悪い・・・」「急用が・・・」などなど、様々な理由によってキャンセルをしようとする方がいます。予約のキャンセルに関しては、出来れば早めにキャンセルをしたい所ですが、『当日になって、急に。。。』なんて方もいるのです。

美容師と話している女性客

「無断キャンセルはもちろんNG!」

以前私の知人Sくんが、ある美容院の新規で予約をしたのですが、なんと予約した日を1日勘違いしていて、気づいた時には、予約日の次の日になってしまっていたそう。。

焦ったSくんは、美容院に電話をして、「すみません、昨日予約をしていたSですが、予約日を勘違いしていて、行くことができませんでした。すみません。。」と誤った後、スケジュール変更を打診しましたが、それ以降なぜか「予約が埋まっています。」の、一点張りで以降予約することが出来なくなってしまったそう。

人気のお店であったため、本当に予約が埋まっていて、なかなか取れなかった可能性も十分考えられますが、「もしかしたら、ブラックリストに・・・。」なんてSくんは心配していました。

スポンサーリンク

上記の例は、結果として無断キャンセル扱いとなってしまったので、美容院にとっては、多大な損失が発生してしまった可能性もあるのです。

では、キャンセルはキャンセルでも、当日のキャンセルは一体大丈夫なのでしょうか。何かペナルティは発生しないのでしょうか。

という事で、今回は美容院の当日にキャンセルしても大丈夫なのか?何かペナルティなどは発生しないのか?についてご紹介していきます。

では早速皆さんで一緒に確認していきましょう。

美容院の予約をキャンセル!当日でも大丈夫なの?

美容院の内観

「キャンセルするなら、出来る限り早くっ!」

人それぞれ理由はありますが、当日にどうしても行けなくなってしまった!なんて事になったら、キャンセルするしかありません。では一体美容院の当日の予約のキャンセルは問題ないのでしょうか。

早速答えからお伝えします…

キャンセルしても大丈夫!

です。

もちろん予約をしたからには、来店するのが当たり前ですが、当日になって予約をキャンセルするという事は、当然それ相応の理由があったのでしょう。またその理由をキャンセル時にお伝えすれば、美容院側も配慮してくれます。

という事で基本的には、当日のキャンセルは問題ありません。しかし、当日キャンセルするという事はあなたも仕方がなくキャンセルをしているのは分かるのですが、美容院や美容師さんの気持ちもしっかりと理解する必要があります。

それでは、ここで予約がキャンセルになると、美容院はどうなってしまうのか?についてお伝えします。

  • 他のお客様を断ってしまった事による損失(失客)!
  • 1日のタイムスケジュールが崩れてしまう!

このように美容師さんにしかり、他のお客様にまで迷惑が掛かってしまうことだってあるのです。

例えばこれが、当日で無かった場合には、あなたの予約していた時間帯に他のお客様の予約を入れる事が出来て、特別損失が発生しない事もあります。(一概には言えませんが。)そのため、美容院のキャンセルは当日でも出来ますが、上記のお店の事情も頭の中に入れて、早め早めに行動すると良いですね。

という事で、当日やむ負えない場合には、分かった時点で早めに早めにキャンセルの連絡をしましょう。

しかし、しかしですよ。美容院によっては、下記のような対応を行っているケースもあります。

  1. キャンセル料が発生する美容院もある!
  2. ブラックリストに載ってしまう事もある!
  3. 担当者がかわってしまう事もある!

美容院はチェーン店から個人経営店、完全予約制のお店まで様々。そのため美容院によっては、ホームページなどにキャンセル料の記載だったり、ペナルティの記載を設けている美容院もあるのです。

では、上記の3つのペナルティに関して、順番に詳しく確認していきましょう。
 

スポンサーリンク

1、キャンセル料が発生する美容院もある!

黒い電卓の数字

キャンセル料が発生する場合には、ホームページに記載していたり、予約をした段階で説明があったりすると思います。そうなんです、美容院はキャンセル料を負担してもらうシステムになっているお店もあるのです。

もちろん、その理由とは…

  • 時間が無駄になってしまった事による損失!
  • 他のお客様が入店出来なかった事による損失!

などなど、美容院によっては、このような理由から、予定の施術料金の全額負担または何割負担といったかたちで請求をするケースもあります。

美容院側もキャンセル料などをお客様から決して頂きたくないのは当然なのです。しかし、お店によっては、このような行為が繰り返される事によって、経営が成り立たなくなってしまうといった深刻な問題になることもあります。

先ほどもお伝えした通り、キャンセル料が発生する美容院に関しては、事前に説明やホームページに記載があると思いますが、ご自身でも「聞いてないよ~~!!」なんて事がないように、美容院を予約する際には、美容院の規約をホームページなどで確認しておくと良いでしょう。

2、ブラックリストに載ってしまう事もある!

NOの単語を前に出す男性

冒頭の私の知人の話しではありませんが、気づいた時には、ブラックリストに入っていて、以後予約が出来ない!なんて場合もあるようです。

美容院の規定だったり、顧客か新規かによっても対応は異なるようですが、キャンセルを繰り返してしまったり、無断キャンセルをしてしまうと、『出入り禁止』を言い渡されたり、なぜか予約が出来なくなってしまったり、してしまうケースもあるのです。

お店によってもルールは異なってきますが…

  • キャンセルを3回以上繰り返したら出禁になる!
  • キャンセル理由またはキャンセルの仕方が納得いかず即出禁になる!
  • 無断キャンセルをしたら即出禁になる!
  • 新規のお客様がキャンセルをしたら即出禁になる!

などなど、一般的には顧客には少し控えめであっても、新規のお客様には、厳しい対応をするお店が多いようですね。

顧客は今までの信頼や売り上げに貢献している分、多少は甘くなる。しかし、新規に関しては、まだ信頼も無ければ売り上げにもなっていない。このような違いからも、顧客と新規では対応が変わってくるようです。

まぁどちらにしても、何回もキャンセルを繰り返してしまったり、初めての美容院をキャンセルしてしまうと、二度とそのお店に行けなくなってしまう可能性があるので、気をつけたいですね。

無断キャンセルは厳禁!

当日の遅刻やキャンセルであっても、美容院のその日の状況によっては、多大な損失や迷惑になってしまうのに、無断キャンセルをしてしまった場合にはどうなるのか?

美容院や美容師さんは事前まで、あなたが来店する事を前提に準備をしたり、予約時間をあなたの為にしっかりと設けています。しかし、予定の時間を過ぎても来ない。。10分待っても来ない。。20分待っても来ない。。。そうです、無断キャンセルは美容院にとって、かなりの大ダメージになります。

「Time is money(タイムイズマネー)」時は金なり。なんてことわざがありますが、正にこの空いてしまった時間というのは、美容院や美容師さんにとって、大きな損失となるのです。

3、担当者がかわってしまう事もある!

客の髪を洗っている美容師

これに関しても、軽いブラックリスト入りって感じで、キャンセルをして次回再来店しようとした所、以前指名した担当者の予約が出来ない。。なんて事もあるようですね。
諦めて「指名無し!」でお願いした所、すんなりと予約が出来て、いざ来店したら、新人のスタイリストが担当者になった!なんてことも。

人気があるスタイリストやトップスタイリストをキャンセルすると、よりお店の損失が大きくなる傾向にある。そのため、キャンセルをしたお客様には、今後の来店は歓迎するが、新人スタイリストや予約の入っていないスタイリストが担当するといったシステムを設けている店舗もあるようです。

もちろん、公にしている美容院は少ないと思いますが、キャンセルをした後に「なぜか指名したい美容師さんが、いつも空いてないんだよなぁ??」なんて事になってしまったら、上記のような可能性もありますね。

スポンサーリンク

やむ負えない場合には電話で丁寧に断ろう!

スマホを見ている男性

ここまでで、キャンセルをしてしまうと、どれだけ美容院によって大きな損失になってしまうのか?または自分自身のリスクにもなってしまうのか?が分かったと思います。
しかし、当日になってどうしてもキャンセルをしなければならない!なんて事もあるでしょう。本当なら避けたいのですが、仕方のない時だってあります。

その場合には、分かった時点ですぐに美容院に電話で連絡をしましょう。気まずいと思って、メールを通して連絡をする方もいるのですが、ここは電話連絡をするのが、マストでしょう。

ではなぜメールはやめた方がいいのかというと…

  • 何かしらの原因でメールが届かない場合もある!
  • タイムラグが発生してしまう!
  • 電話の方が誠意が伝わるため!

このような理由によって、メールではなくて、電話で連絡してキャンセルするのが、良いと言えるのです。会社や学校などの遅刻や欠勤でもそうですが、基本的には、電話で直接伝えた方が誠意が伝わってきますよね。

では最後に丁寧に断るための、例文をご用意したので、一緒に確認していきましょう。

丁寧に断るための例文!

本日15時から予約をしていた、〇〇です。
大変申し訳ございませんが、急に風邪を引いてしまい、体調が悪いため、本日の予約をキャンセルさせて頂いても宜しいでしょうか?

体調が良くなりましたら、改めて予約のご連絡をさせて頂きたいと思います。

急なご連絡になり、申し訳ございませんでした。

上記はあくまでも例文なので、ご自身で内容を崩してみたり、付け加えたりして、自分の言葉で相手に伝わるように、とにかく丁寧に断る事が大切です。
当日キャンセルの理由は、もちろん体調不良だけではないと思います。

下記のように…

  • カラーにするかパーマにするか当日悩んでしまったため検討したい!
  • カットしてもらう髪型で当日悩んでしまったため検討したい!
  • 当日急に仕事が入ってしまったため予約日時を変更したい!

などなど、理由は様々あると思いますが、分かった時点で丁寧に電話でキャンセルをして、誠意を伝えて断るようにしましょうね。

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回は、美容院の当日にキャンセルしても大丈夫なのか?何かペナルティなどは発生しないのか?についてご紹介してきました。

当日のキャンセルは問題はないが、美容院によっては、ペナルティが発生する場合があるという事でしたね。

美容院によっては、下記のような対応を行っているケースもあります。

  • キャンセル料が発生する美容院もある!
  • ブラックリストに載ってしまう事もある!
  • 担当者が変わってしまう事もある!

美容院はチェーン店から個人経営店、完全予約制のお店まで様々。そのため美容院によっては、ホームページなどにキャンセル料の記載だったり、ペナルティの記載を設けている美容院もあるのです。

当日のキャンセルは出来る限り避けたい所ですが、人間なので、当日何が起きるかはわかりません。そのため、やむ負えなく当日になってキャンセルをする場合には、メールではなくて、分かった時点で電話連絡をして、丁寧にキャンセルの旨を伝えましょうね。

誠意が伝われば、次回あなたが来店した時には、美容師さんも気持ちよく接してくれることでしょう^^

ではでは♪

スポンサーリンク

【今回の記事を読んで頂きありがとうございます^^次のおすすめ記事もどうぞ ♪】
美容師の会話内容には意味がある?本音を知れば気まずさ改善
美容院には何分前に行くのがベストか?徹底的に調査してみた
美容院に行く時の服装は襟付きNG?オススメの格好はコレだ
美容院でのメンズの髪型!頼み方のポイントを伝授!!
美容院でパーマとカラーを同時に!髪へのダメージはいかに?
髪のボリュームを抑える!男のヘアケアとセットを伝授!
髪のワックスの落とし方!シャンプーテクニックを伝授!

関連するコンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top