Read Article

インフルエンザは4月でもかかる!春だからこその理由があった

インフルエンザは毎年寒い冬の時期に流行して猛威を振るいますが、4月になって徐々に温かくなってきたと思ったのに、何とインフルエンザにかかってしまう人もいるのです。

インフルエンザは4月でもかかる!春だからこその理由があった01

「4月はまだまだ油断できないって本当!?」

日本では毎年のように、「インフルエンザの流行の時期は3月まで!」なんて言われていますが、実はまだまだ4月は油断できないようなのです。

以前私の友人も4月から新しい仕事が決まって、張り切っていた矢先に「風邪引いちゃったよ。。」と苦しそうに言っていました。

しかし、入社早々に休むわけにもいかないと、そのまま会社に行ったのですが、ついに高熱でノックダウン。。そしていざ病院へ行ったところ、インフルエンザと診断されたのです。

スポンサーリンク

これは私の友人の一例ではありますが、実際にこのようにインフルエンザの時期ではないため、熱が出ても無理をして仕事をしていたら、高熱でダウンしてしまった話はよく聞きます。しかし、なぜ流行の時期が過ぎた4月になってもまだ尚インフルエンザに発症してしまう可能性があるのでしょうか。

という事で今回は、4月にインフルエンザにかかってしまう4つの理由に関してご紹介していきます。

では早速皆さんで一緒に確認していきましょう。

インフルエンザに4月でもかかるのはなぜ?

インフルエンザは4月でもかかる!春だからこその理由があった02

インフルエンザは先ほどもお伝えしたように、寒い時期の1月から3月まで例年流行します。この3月を過ぎたはずの4月にインフルエンザに発症してしまう理由とは何か特別な理由が存在するのだろうか。

まずはなぜ寒い時期にインフルエンザが流行るのか?をおさらいしていきたいと思います。

  • 寒いと喚起が不十分になりウィルスが蔓延してしまうため!
  • 寒いと呼吸器官の抵抗力が急激に下がってしまうため!
  • 低温低湿度の時期はウィルスが過ごしやすいため!

上記の理由によって、寒い時期はインフルエンザが流行するのです。
では一体なぜ4月といった徐々に温かくなる季節であってもインフルエンザにかかってしまうのか。

その理由は実は4つあるのです…

  1. 新生活で無理をする人が増えるため!
  2. 花粉症で免疫力が低下してしまったため!
  3. お花見で体温が下がってしまうため!
  4. 3月のインフルエンザ患者からの感染によって!

この上記4つの理由によって、4月という流行が終わった時期であっても感染してしまう可能性は十分に考えられるということになります。

それではこの4つの理由に関して、順番に詳しく確認していきましょう。

スポンサーリンク

1、新生活で無理をする人が増えるため!

インフルエンザは4月でもかかる!春だからこその理由があった03

4月といえば新生活が始まる時期でもありますね。入学式や入社式が行われて、皆さん気合いが入る正にスタートの時期でもあるのです。しかし、この時期だからこそ、体調が優れなくても無理をしてしまうかたが非常に多いのが現状。。

しかし、ここで無理をしてしまうと…

  • 免疫力が低下しているためインフルエンザウィルスに感染してしまう可能性がある。
  • インフルエンザに一人が発症して無理をすればさらに感染が拡大してしまう。

といったように、たった一人が無理をしてしまったために、感染が拡大してしまう可能性だって十分にあるのです。

4月といってもまだまだ寒い日も続きます。そのため、3月といった寒い時期に比べたら少ないかもしれませんが、インフルエンザウィルスは舞っているので注意が必要なんです。

新生活で張り切っているのは分かりますが、無理をして出社してもインフルエンザに発症してしまったら、元も子もありません。そのため、調子が少しでも悪いならば無理はせずに睡眠をしっかりととって、休息しましょうね。

2、花粉症で免疫力が低下してしまったため!

インフルエンザは4月でもかかる!春だからこその理由があった04

4月といえば花粉症が流行する時期でもあります。実はこの花粉症が引き金となってインフルエンザに発症してしまうケースもあるのです。しかし、インフルエンザと花粉症?・・・まったく異なる病気のような気がするけど、と思ったかたも多いと思います。

しかし、実は共通点があったのです、それは…

免疫力が低下すると発症してしまう病気である。

ということです。

そうなんです、花粉症も一種の病気です。免疫力が正しく働いている時には、花粉が体内に入ってきても、排除できる抗体が作られています。

しかし、免疫力が低下してしまうと花粉という抗原が排除された後も抗体が増え続けていき、次に花粉が入ってきた時にはヒスタミンなどの化学物質によって、鼻水やくしゃみといったアレルギー反応を引き起こすのです。

つまり、花粉症に発症してしまっているかたは、ウィルスと戦う力が減少しているため、インフルエンザに発症しやすくなっているということです。そのため、花粉症のかたは花粉症対策と合わせてインフルエンザや風邪の対策も行うとよいでしょう。

※こちらの「花粉症で熱が38度も出るの?免疫力低下で風邪を引き起こす」の記事も参照ください。

インフルエンザは水を飲むと断然かかりにくい!治りやすい!

咳002

基本的なインフルエンザ対策として手洗い、うがいがありますが、実はもう一つ身近な対策として効果がある事があるのです。それは『水を飲む!』という事です。ではなぜ水がインフルエンザにいいのか?そしてどんな水が効果的なのか?についてご紹介します。

スポンサーリンク

3、お花見で体温が下がってしまうため!

インフルエンザは4月でもかかる!春だからこその理由があった05

お花見の時期も4月ですね。関東だと4月上旬頃が桜が満開になって毎年見ごろになります。しかし、この4月上旬だったり、夜桜を楽しんでいる時間帯は、厚手の上着が必要なくらい寒かったりします。

そうなんです、このお花見が実はインフルエンザのきっかけとなる場合があります。

  • お花見で体温が下がって免疫力が下がりインフルエンザに発症してしまう。
  • お花見スポットは混雑しているので、多くの人に感染拡大してしまう。

といったように、お花見は多くの見物客がお酒を楽しみながら、桜を楽しんでいる姿を目にしますが、この光景こそ正にインフルエンザに発症、そして感染拡大してしまう原因となるのです。

お花見シーズンはまだまだ寒いので、体温が下がらないように対策をすることと、多くの人が集まる場所なので、マスクなどの対策も時には必要になります。

4、3月のインフルエンザ患者からの感染によって!

インフルエンザは4月でもかかる!春だからこその理由があった06

インフルエンザの流行は例年1月から3月までと言われていますが、この3月の次の月が4月となります。

そうなんです、これは当たり前のことでもあるのですが…

3月の終わりにインフルエンザに発症してしまったかたから感染してしまう

といった可能性が十分に考えられるのが、4月ということになります。3月の下旬であってもまだまだインフルエンザに発症しているかたも例年少なくはありません。

そのため、4月の上旬であれば尚更まだまだインフルエンザ対策は必要となってくるでしょう。

4月にインフルエンザに発症してしまったら!

インフルエンザは4月でもかかる!春だからこその理由があった07

寒い時期にインフルエンザに発症してしまったら、病院に行って、家で安静にして・・・といったように、なんとなく治し方も分かるのですが、流行の時期が過ぎ去った4月にインフルエンザに発症してしまったら、一体私たちはどのような行動をとるのが正解なのでしょうか。

これに関しては、はっきり言って流行の時期だろうが過ぎ去った時期だろうが、インフルエンザに発症したならば、その後の行動に関して変わりはありません。まずは早急に病院へ行って、治療を開始しましょう。

そして自分でできる基本的なこととして…

  • 処方された薬をしっかりと飲むこと。
  • しっかりと寝ること。
  • 水分をしっかりととること。

この3つが有効的な治し方になります。

4月に体調を崩してしまったかたは、無理をしたり、風邪や花粉症と勘違いしてしまいがちですが、少しでも体調が悪くなって特に高熱が出てしまったら、感染拡大を防ぐためにも早急に病院へ行って治療を行いましょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、4月にインフルエンザにかかってしまう4つの理由に関してご紹介してきました。

一体なぜ4月といった徐々に温かくなる季節であってもインフルエンザにかかってしまうのかというと…

  • 新生活で無理をする人が増えるため!
  • 花粉症で免疫力が低下してしまったため!
  • お花見で体温が下がってしまうため!
  • 3月のインフルエンザ患者からの感染によって!

この上記4つの理由によって、4月という流行が終わった時期であっても感染してしまう可能性は十分に考えられるということになります。

4月は新生活もスタートして、学校や仕事などを張り切って、頑張り過ぎてしまうかたも多くなりますが、体調が悪くなったら決して無理をせずにゆっくりと休むといった勇気も大切になってきます。

インフルエンザは流行を過ぎても猛威を振るう可能性は十分にあるので、油断をせずに特に人混みなどではインフルエンザ対策を進んで行うのも感染を防ぐ一つの方法になります。

スポンサーリンク

インフルエンザの攻略ガイド!コレさえ読めばもう大丈夫!

インフルエンザ攻略

インフルエンザに罹る人と罹らない人の違いとは?はい、答えは正しい知識をもっているか?もっていないか?が大きな違いです。という事でインフルエンザの攻略ガイドと題して、私がインフルエンザに関して書いた記事をまとめましたのでご紹介します。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top