Read Article

美容師が嫌な客!と思うランキング大賞に輝いた10選はコレ

美容師という職業がありますが、私は最強の接客業だと思っています。この職業ができるのであれば、どんな接客業もできるのでは?なんて思ってしまいますね。

というのも、美容師は一人のお客様と結構な時間をともにして施術をしないといけないので、当然嫌な客が来たとしても、長い時間耐えなくてはいけませんからね。。

美容院で施術中の女性

「トイレで寝っちゃった客。。。」

私の知り合いの美容師さんに聞いた話なのですが、トイレで鍵を閉めたまま寝てしまったお客様がいて、なんと3時間も出てこなかったそうです。

そのお客さんは、お酒を飲んで来店して、酩酊状態だったよう。そして、施術をしている最中に、いきなり席を立って、そのままトイレに。。

その後、幾度となくスタッフが声をかけたり、ドアを叩いたりしたそうなのですが、ずっと出てこなかったのです。お酒を飲んでいたこともあって、警察に連絡して、ドアを無理矢理あけたら、何とグッスリと眠っていたと言います。

このようなお客様は、もう嫌な客を通り越してしまっている気がしますが、今回は私の知り合いの複数の美容師さんに実際に聞いて、「こんな客は嫌だったなぁ~!」といった客のランキング大賞に輝いた10選をご紹介していきます。

では早速皆さんで一緒に確認していきましょう。

美容師が実際に「嫌だ~!」と思った客のランキング大賞!

毎日毎日、こんなお客様が来店すると思うと、「美容師さん本当にお疲れ様です!」と思わず関心してしまいます。私が実際に聞いた美容師さんは現在都内で働いていますが、実際に今回ランキングに輝いたお客様にはほぼ毎日出くわすそうです。。

また、今回ランキング大賞に輝いた、美容師さんが嫌ってしまう行為を、私たちは知らずに無意識にやってしまうこともあるようなの
で、ぜひ今回の記事を参考にして「嫌な客・・・!」なんて思われないようにしましょうね。

では次の章からランキング大賞10選を確認していきましょう。

1、無断で遅刻やキャンセルをしてくる客!

目覚まし時計を持ち上げる女性

「急に体調が。。」「電車が大幅に遅れてしまって。。」といった様々な理由で、遅刻やキャンセルをする方もいるといいます。ただ遅刻やキャンセルをすると分かった時点で連絡をして、理由を伝えてくれれば、まだそこまで問題はないようです。

しかし、美容師さんが非常に困ってしまうのが、無断で遅刻やキャンセルをされること!なんです。

これは美容院に限ったことではないですが、予約を無断で遅刻、キャンセルしてしまうと…

  • 一日のタイムスケジュールが狂ってしまう。。
  • 他のお客様をその時間にいれることができたため失客や損害が発生してしまう。。

といった大きな問題が発生してしまうのです。

そのため、緊急的に何か起きてしまい、遅刻やキャンセルをせざるを得ない状況になったのであれば分かった時点で早急に美容院に連絡をしてくださいね。ただ、美容院を予約したのであれば、自己管理をしっかりとして予約通りに来店するのが一番ですね。

常習犯になってしまうとブラックリストに載ってしまう!といったこともあるそう・・・。

※下記のオススメ記事も参考にどうぞ♪
美容院の予約をキャンセル!当日だと問題あるのか?ないのか?
美容院には何分前に行くのがベストか?徹底的に調査してみた

2、施術しづらい洋服を着てくる客!

タートルネックの洋服を着ている女性

美容院は髪型を整えるために、カットやカラー、パーマなどの施術を行いますよね。という事で頭周りを美容師さんに預けて施術を行ってもらうのですが、その時に美容師さんがこんな服装はちょっと困っちゃうな~!といった服装が実はあるんです。

ではその服装とは…

  • タートルネックなどの首回りが隠れている洋服!
  • 汚れが目立ちそうな白い洋服!

上記の洋服に関しては、施術する際に困ってしまうのです。。

首回りが隠れているとカットしづらいし、白い洋服に関しては、めっちゃくちゃ気をつかわないといけないため、施術に集中できないなんてこともあるのです。

ぜひ、次回からは「美容院に行く時の服装は襟付きNG?オススメの格好はコレだ」の記事を参考にして服装を決めてみてくださいね。

3、シャンプーのときに頭を上げる客!

美容院でシャンプーをしてもらっている女性

シャンプーをするときに、美容師さんはあなたの頭を支えるために少し力を入れて持ち上げることがありますよね。しかし、ここでやってしまいがちなお客様の行動とは、気を遣って頭を上げてしまう!という行動。

この行動をしてしまうことによって…

頭が余計に浮いてしまい背中にお湯が流れてしまう!

といったことが起きる可能性があります。

美容師さんが適度に力を入れて頭を押さえてはいますが、しっかりと加減を考えて、首筋と背中の間に隙間ができないようにしています。しかし、あなたが気を遣って頭を上げてしまうと隙間ができてしまい、やはりそこから背中にお湯が流れてしまうといった危険があるのです。

もちろん、美容師さんへの気遣いといったあなたの優しさなのですが、これからは美容師さんに安心して身をゆだねてシャンプーをしてもらうようにしましょうね。

4、施術中に頭を大きく動かす客!

美容院でドライヤーをしてもらっている女性

美容師さんがカットなどの施術をしている最中に、お客さんが頭を動かしてしまい、美容師さんが上手に施術をすることができなくなってしまう!いったケースも結構多いようです。。

ではなぜこのようなことが起きてしまうのかというと…

  • 会話をしている際に大きくうなづいてしまう。。
  • 美容師さんの方に振り返って会話をしまう。。

といったように話している際に、ついつい頭が動いてしまうといった方がいるのです。

これは無意識だろうが非常に美容師さんが困ってしまいます。そのため、美容師さんと会話をするときには、頭を動かしてコミュニケーションをとるということは意識的にやめて、鏡越しに美容師さんを見て首を動かさずにアイコンタクトをして会話を楽しみましょう。

5、髪型の頼み方や注文が雑な客!

美容院の椅子に座って笑顔の女性

髪型を頼む時に皆さんはどのような注文の仕方をしていますか?

よく芸能人の髪型にしたくて、「すみません、窪塚洋介の髪型でお願いします。」なんて注文する方もいるのですが、美容師さんは「・・・いつの時代の窪塚洋介だよ。。」とか、「今の窪塚洋介の髪型は分からないんだけどな。。」といったことがあるため、まったく伝わらないことがあります。

その他にも…

  • 「自分に合った感じで。」
  • 「短めで。」
  • 「カラーは明るめで。」
  • 「パーマは強めで。」

といったように、ざっくりと注文してしまうと美容師さんは非常に困ってしまいます。その道のプロの美容師さんに委ねたい!といったあなたの気持ちも分かるのですが、はっきり言って思った髪型になるといった保証はないでしょう。

そのため、頼み方に関しては、好きな髪型の写真や雑誌を見せたり、口頭でしっかりとコミュニケーションをとって説明するといった頼み方がオススメですね。

詳しくは、「美容院でのメンズの髪型!頼み方のポイントを伝授!!」の記事を確認してみてくださいね。

6、自分でカットやカラーをしてすぐ来店する客!

濡れた髪の毛を持っている手

自分でカットやカラーをしてしまった後に、「やばい、失敗したから美容院に行って整えてもらおう!」といった方もいるのですが、これも美容師さんにとっては、「嫌なお客さん。。」となってしまいます。

なぜかというと…

  • カットしてジグザグになっている髪型を修正するのは難しい。。
  • 黒染めした後にカラーをするのは、ムラになったり、上手く染まらないことがある。。

このようなことがあるため、自身で髪を切るということはできるだけ避けた方がいいのです。

もちろん、あなたが腕に自信があれば、自分で髪をいじってしまうのはいいのですが、その後に失敗して美容院に行ったとしても修正がきかない場合があるということをしっかりと覚えておきましょう。

7、恋人と一緒に美容院にくる客!

笑っている男女

「これからデートなんですよ~♪」と恋人と一緒に美容院に来店する方もいるそうです。恋人が待合室などで待っているのなら、まだ問題はないのですが、中には恋人の席の隣を陣取ったり、美容師さんの真横に立ち美容師さんの手元をジッと見ているといった人もいると言います。

これでは美容師さんは…

  • 施術に集中できない。。
  • 横から口出しされるので施術が進まない。。

といったような、割と深刻な問題が発生してしまうこともあるようですね。

とはいっても、美容師さんは、「あの~、待合室で待っててもらえますか?」なんて言いづらいようで、そのまま困りながらも、施術を進めるそうです。

うん、確かに美容師さんの気持ちを考えると非常にやりにくいと思います。そのため、恋人と一緒に来店するのはいいけれど、待合室、または外で待っているとよりスムーズに施術が終わるので、協力してあげましょうね。

8、下ネタを大声で話す客!

メガホンで大声を出している男性

下ネタ好きな男性客が美容師さんと下ネタを繰り広げようとすることもあるそうです。しかし、隣の席に女性が座っていたり、女性の美容師さんが近くにいたらどうでしょうか?・・・自分は全く気にならなくて大きな声で話しているかもしれませんが、隣の方は結構気まずいですよ。。

そのため、下ネタトークをするのであれば…

  • 周囲に気を遣いながら話をしましょう。
  • 大声を出して迷惑にならないようにしましょう。

このようなマナーが大切になりますね。

当たり前ですが、男性のお客さんが女性の美容師さんに下ネタを言ってしまうとセクハラ行為になってしまうこともあるので注意が必要ですよ。

9、お酒を飲んで酔っぱらって来店する客!

酔っぱらってテーブルで寝ている女性

休みの日に美容院に行くからといって、家でお酒をたっぷり飲んだ後に、美容院に行ってしまう方もいるようです。または、夜中まで営業している美容院の場合には、居酒屋に行った後に美容院に来店する方もいるそう。

ただ酔っぱらって美容院に行ってしまうと思わぬ事故が発生してしまうこともあります。

  • 足がフラフラ状態で歩いていたら、他のお客様にぶつかって怪我をさせてしまった。。
  • 気持ちが悪くなって施術の途中でトイレに駆け込んで、そのまま出れなくなってしまった。。

などなど、冒頭でもお伝えしましたが、実際にこのような事故や事件が発生してしまったお店もあるようなので、美容院ではお酒は控えるようにした方が良いと言えますね。

10、お会計のときに「安くして!」と言ってくる客!

言い争いをする男女

施術が終わり、いざ会計時にお客さんが発した言葉とは、「値引きしてもらえませんか?」の一言。。美容師さんが「値引きはちょっとできません。。」と伝えると、お客さんはこんなことを言ってきたそうです。

  • 「カットやカラーが思った通りにできていないから値引きしてよ!」
  • 「施術は約2時間と聞いていたのに、少しオーバーしたから安くしてよ!」

といったことでお客様は値引き交渉したと言います。

これに対して応じない美容院がほとんどですが、「値引きをすればまた来店してくれるかもしれない!」と思い、それに応じてしまう美容院もあるのだとか。

それにしても、美容院では必ずしもお客様の要望通りの髪型にできるといった保証はないですよね。時間に関してもあくまでも予定時間であって、2時間なら必ずしも2時間で終えることができないこともあります。

そんなわけでこれらが一般的であるという考えのもと美容院には来店して、値引き制度などはないといったこともしっかり認識しましょうね。

それでは、ここまで美容師さんが嫌な客と思ったランキング大賞をお伝えしてきましたが、最後に実際に美容師さんが『嫌な客!』と思った動画をお届けいたします。

今回ご紹介した内容も含まれていますが、現役の美容師さんの生の声が聞けるので、面白いですよ。

※現役美容師さんが思う「嫌な客~!」の動画をどうぞ。

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回は、美容師さんが思う嫌な客のランキング大賞10選をご紹介してきました。

受賞に輝いたのは下記の10選でしたね。

  • 無断で遅刻やキャンセルをしてくる人!
  • 施術しづらい洋服を着てくる客!
  • シャンプーのときに頭を上げる客!
  • 施術中に頭を大きく動かす客!
  • 髪型の頼み方や注文が雑な客!
  • 自分でカットやカラーをしてすぐ来店する客!
  • 恋人と一緒に美容院にくる客!
  • 下ネタを大声で話す客!
  • お酒を飲んで酔っぱらって来店する客!
  • お会計のときに「安くして」と言ってくる客!

様々なお客様がいらっしゃる美容院。また長い時間をともにしなければいけないので、このような嫌な客に来店したら、かなりの精神的ストレスもあることでしょう。

そのため、このように一生懸命頑張っている美容師さんの気持ちを私たちも理解をして、お互いに心地よい時間を過ごせるような気持ちを持つことが大切ですね。

【今回の記事を読んで頂きありがとうございます^^次のおすすめ記事もどうぞ ♪】
美容院に行く前にワックスはつけていくべき?つけないべき?
美容院には何分前に行くのがベストか?徹底的に調査してみた
美容院の予約をキャンセル!当日だと問題あるのか?ないのか?
美容院に行く時の服装は襟付きNG?オススメの格好はコレだ
美容院でパーマとカラーを同時に!髪へのダメージはいかに?
美容院でのメンズの髪型!頼み方のポイントを伝授!!
美容師の会話内容には意味がある?本音を知れば気まずさ改善

関連するコンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top