Read Article

服屋の店員が話しかける5つの理由とは?しつこい事情を大暴露

洋服屋の店員さんにしつこく声を掛けられて、「ゆっくり洋服見せてよ。。。」なんて心の中で思ったことがある方は多いそうです。そして、あまりにもしつこいから挙句の果てに、逃げるように店内から出ていった経験をしている方も結構多いようですね。。

ラックにかかっている洋服

「真後ろにずっといるよ。。」

これは私が実際に体験した話しになります。あるセレクトショップで洋服を見ていると、男性の店員さんが話しかけてきました。私はまだ色々と洋服を見たかったため、「他も見てもいいですか?」と素直に伝えたら、それ以降話しかけてこなくはなったのです。

しかし、その後は私の真後ろにくっつくようにずっと立っていて、非常に買い物しづらかったのを覚えています。。

スポンサーリンク

この話は私の一例でありますが、実際にこのようにずっと店員さんに見られていたり、しつこく話しかけられて、買い物がしづらい雰囲気になってしまった方も多いのです。

では一体なぜあんなにも店員さんはしつこくお客さんに話しかけてくるのでしょうか??

という事で今回は、服屋の店員が話しかけてくる5つの理由と、ゆっくり見るための店員のかわし方についてご紹介していきます。

では早速皆さんで一緒に確認していきましょう。

服屋の店員が話しかけてくる5つの理由とは?

ショッピングモールの中には、洋服屋以外に、雑貨屋さんや化粧品屋さんなど様々なショップが入っています。しかし、その中でもあんなにもしつこく接客してきて、話しかけてくるのは、洋服屋さんだけではないでしょうか。

先ほどは冒頭で買い物がしづらかった話しをしたのですが、何を隠そう実は私も昔はアパレル販売をやっていたのです。そのため、なぜ洋服屋の店員さんがあんなにもしつこいのかがハッキリと分かっているんです。

その理由は主にこの5つで…

  1. お客さんの反応を見たいから!
  2. 売り上げ目標を達成するため!
  3. 上司にプレッシャーをかけられるため!
  4. 納得して購入してほしいから!
  5. 悩んでいるお客さんに提案をしたいから!

この5つが理由となって、店員さんは話しかけてくるのです。

という事で、この5つの理由について順番に詳しく確認していきましょう。

1、お客さんの反応を見たいから!

ケンカをしていて不機嫌な男女

なぜお客さんの反応を見るかというと、店員さんがお客さんに話しかけて、このお客さんは洋服を購入しにきているのか?に関してチェックするためなんです。

そもそも、なぜそんなことをするのかというと…

  • 購入する意思がありそうなら、頑張って接客をする!
  • 購入する意思がなさそうなら、他のお客さんを接客する!

といったことからなんですね。

話しかけても反応が悪かったり、無視をされたり、何となく雰囲気的に購入する意思が無いと判断できたら、接客はしません。買う気がないお客さんに接客したところで売り上げになりませんから。だったら、他のお客さんを探して接客に回った方が売り上げが期待ができます。

という事で、単純に『購入意思があるかどうかのチェック!』といった理由で店員さんは話しかけるのです。

スポンサーリンク

2、売り上げ目標を達成するため!

パソコンの中に映し出されているグラフ

洋服屋さんの多くは、お店全体の売り上げ目標があって、そのノルマを達成するために、スタッフ一人一人にも個人の売り上げ目標が設定されています。

この個人売り上げによって、昇格や昇給が決まってくることが多いので、会社から評価されて昇進するには、接客して売り上げを取らなくてはいけないのです。

そのためには…

  • 自分から積極的に話しかけて自分の売り上げになるようにします。
  • 必死になって購入してもらえるようにテンション上げて接客します。

といったことから、気づくと、お客さんのテンションなど気にせずに、必死こいて接客してしまうのです。つまりKY(空気が読めない状態)になって、とにかくしつこく話しかけてしまうんですよね。。

という事で、会社のためでもありますが、一番は自分の売り上げを伸ばして、評価されたいために必死になって話しかける!ということになります。まぁ、この売り上げに関しては、上司からのプレッシャーも半端じゃないんですけどね。。

3、上司にプレッシャーをかけられるため!

どや顔の男性

私が就業していた会社では、上司のプレッシャーというのは、半端じゃなかったですね。上司が監視役に回っていて、常に私たち部下を監視しては、プレッシャーをかけてきます。

例えば…

  • 話しかけなかったら「話しかけなかった理由は?」と聞かれる。。
  • 話しかけても売れなかったら、裏に呼び出される。。

などなど、上司からのプレッシャーが半端ではないので、もう話しかけるしか方法がないんですよね。

一回話しかけてお客さんの反応が悪いとするじゃないですか。それでも、「もっと話しかけてとにかく売れよ!」なんて言われるもんだから、それはもうしつこく話しかけてしまいます。まぁ、それで売れなくても怒られるんですけどね。。

私はお客さんが嫌がっているのが分かったときには、話しいるフリをしたこともあるぐらいですよ。

という事で、上司の圧力からKY(空気が読めない奴)と分かっていても、しつこく話しかけてしまう!といったこともあるんです。

4、納得して購入してほしいから!

買い物袋を持って満足気な女性

ここまでは、売り上げ!売り上げ!って感じで気分が少し悪かったかもしれませんが、お客さんのために接客をしたいといった気持ちから、話しかけるといったことももちろんあります。

その一つには、やはり洋服という大きなお買い物をしていただくので、お客さんには納得した上で購入をしてほしいといったことから一生懸命話しかけます。

  • 素材や色味などを丁寧に説明して十分に商品を知ってもらう!
  • オススメのコーディネートを提案してイメージを膨らませてもらう!

などなど、その商品の良いところやお客さん一人一人に合ったコーディネートを提案することによって、お客さんも納得して購入することができます。

納得して購入すれば、長く愛用してくれたり、私たちのお店のファンになってくれたりもするので、WIN-WINな関係が生まれるのです。

という事で、ここではお客さんに商品の魅力を最大限に伝えて納得してもらうために話しかけるということでした。

5、悩んでいるお客さんに提案をしたいから!

着る洋服に悩んでいる女性

商品を購入しようか検討しているが、一人では決断することができずに踏み止まっているお客さんも結構見かけます。そんなときには、話しかけて後押しをします。

ただ無理に後押しをするわけではなくて、あくまでも先ほどの章でもお伝えしたように、納得してもらって購入してもらうための提案であります。

  • サイズで悩んでいれば、サイズ毎の組み合わせの提案をする。
  • 実際に他の商品と組み合わせて試着をしてもらいイメージを膨らませてもらう。

といったように、お客さんが悩んでいれば、幅広く提案するのが、私たち店員の仕事でもあります。それで納得して購入していただいて、長く愛用してもらうのが一番ですからね。

という事で、最後は、悩んでいるお客さんをサポートするために話しかけるということでした。

スポンサーリンク

ゆっくり見たい人必見!店員のかわし方とは?

ここまでは、なぜ服屋の店員さんはしつこく話しかけてくるのか?についてご紹介してきましたが、ここからは、しつこく話しかけてくる店員さんを上手にかわしてゆっくりと買い物を楽しむ方法をご紹介していきます。

その方法は2つあります…

  1. イヤホンをするのは自然で効果的!
  2. 口頭でさりげなくかわせば気まずくない!

この2つがかなり効果的ですよ。

では、この2つのかわし方について順番に詳しく確認していきましょう。

1、イヤホンをするのは自然で効果的!

音楽プレイヤーとイヤホン

先手必勝ということで、お店に入る前に、イヤホンをしてから来店しましょう。音楽を聞いている人に対して、店員さんが話しかけるということはなかなかありません。

また、イヤホンをすることによって、「話しかけないでくれ!」といったオーラを店員さんに与えることができるのです。

中にはイヤホンをしているのに気がつかないで話しかけてしまう店員さんもいるのですが、こちらも音楽を聞いているので、聞こえないフリをして無視をすることができます。

ここで一度無視をすることによって、店員さんは「あっ、しまった!音楽聞いてたんだ!」とさすがに気がついてそれ以上は話しかけてこないでしょう。

またイヤホン以外にも、私の経験上、サングラスやマスクをしていると、何となく店員さんも近寄りがたい雰囲気になるため、効果的ですよ。

2、口頭でさりげなくかわせば気まずくない!

人差し指を上にあげて笑顔の女性

イヤホンなどの道具を使わないでも、堂々と買い物をしたい!といった方にオススメなのが、口頭でさりげなく店員さんをかわす方法です。

では実際にいくつかの例でかわし方をご紹介していきます。

  • 店員「何かお探しでしょうか?」⇒あなた「いえ、特に探してないです。色々見て回ってもいいですか?」
  • 店員「こちらの商品が今オススメですよ。」⇒あなた「色々見たいので、もう少し待ってもらえますか?」
  • 店員「その商品はこんな組み合わせがオススメですよ。」⇒あなた「他にも見たい商品があるので、ちょっと待ってもらってもいいですか?」

いかがでしょうか。かわし方のポイントは、あくまでもさりげなくかわすということ。ここであなたが直接的に「止めてもらってもいいですか?」「結構です!」などと言ってしまうと、空気が悪くなってお互いに気まずくなってしまいます。。

こうなってしまうと、この後の買い物がしづらくなってしまい、いざ店員に相談しようとしても、「あれっ、、相談する店員さんがいない。。」といった完全放置状態になってしまうこともあります。

そのため、上記の例のように、「もう少しゆっくり見てもいいですか?」「もうちょっと待ってもらってもいいですか?」と疑問形でやんわりかわすと店員さんも嫌な感じになることはないのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、服屋の店員が話しかけてくる5つの理由から、上手なかわし方についてご紹介してきました。

なぜ服屋の店員さんはしつこく話しかけてくるのかというと…

  1. お客さんの反応を見たいから!
  2. 売り上げ目標を達成するため!
  3. 上司にプレッシャーをかけられるため!
  4. 納得して購入してほしいから!
  5. 悩んでいるお客さんに提案をしたいから!

この5つが理由となって、店員さんは話しかけてくるのです。

理由が分かったところで、「かわし方はあるのか?」といった疑問が浮かんでくる方がいると思うので、今回はとっておきのかわし方2選をご紹介しました。

そのかわし方とは…

  • イヤホンをするのは自然で効果的!
  • 口頭でさりげなくかわせば気まずくない!

この2つです。

私も実際に洋服屋の店員をやっていましたが、さすがにこのようなかわし方をされれば、空気を読んでそれ以上はしつこく話しかけることはしなかったですね。

ただ店員さんもお客さんに自分たちが販売している洋服を納得して、素敵に着こなしてほしいという気持ちも持って接客をしています。

そのため、ぜひ店員さんを頼って、分からないことは何でも聞いて、ゆっくりと時間をかけて納得した上で洋服を購入してくださいね。

ではでは♪

スポンサーリンク

【今回の記事を読んで頂きありがとうございます^^次のおすすめ記事もどうぞ ♪】
オフィスカジュアルとは?女性のコーデはこれで決まりっ!

関連するコンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top