Read Article

美容師が好きな客にとる対応とは?実際に聞いた5つの共通点




美容院にいったときに、「あれっ!私にだけ特別に接してくれてる感じがする・・・」なんて思ったことはありませんか。

そうです、美容師も人間です。嫌な客には嫌な態度を無意識的にとってしまうこともあれば、好きな客には好きな対応を自然ととってしまうことだってもちろんあるんです。

美容院の男女

「手が止まってますけど。。。」

これは私の体験談になります。以前通っていた美容院では同じ美容師さんに長い間施術をお願いをしていたので、自然と仲良くなっていました。そのため、自分で言うのもなんですが、「自分は好きな客と思われてるんだろうなぁ~♪」と思っていました。

その一つの要因に、美容師さんと施術中にお話しをするのですが、結構な頻度で美容師さんの手が止まって、会話だけをするときがあったんですよ。私はもちろん嬉しいのですが、急いでいるときなんかは、やたらと施術時間が長くなってしまうので、困ってしまうときもありました。。

これは私の一例ではありますが、やはり美容師は好きなお客さんにとる対応というのはあるよう。それが意識的であっても、無意識であっても、同じ人間なわけで好きな人にとる対応というのはあるのです。

という事で今回は、都内で勤務する私の知り合いの美容師に聞いた、美容師が好きな客にする5つの対応に関してご紹介していきます。

では早速皆さんで一緒に確認していきましょう。

美容師が好きな客にとる5つの対応とは?

今回ご協力いただいたのは、私の知り合いの5名の男性美容師。その方々にインタビューをして、美容師が好きな客にする対応で共通する5つの対応があったので今回ご紹介します。

その5つの対応とは…

  1. 美容師が積極的に話しをしてくる!
  2. プライベートな会話をしようとする!
  3. とにかくよく笑ってくれる!
  4. ついつい接客時間が長くなる!
  5. 店外で会うことを拒まない!

これが共通した5つの対応です。

それではこの5つの対応に関して、順番に詳しく確認していきましょう。

1、美容師が積極的に話しをしてくる!

美容師が積極的な話しをしてくるというのは、単なる話し好きな美容師なのでは?と思う方もいると思いますが、それとは異なり、とにかく美容師の方から積極的に!積極的に!話しを繰り広げてくるということです。

職業柄、聞き役に回り、聞き上手な印象がある美容師ですが、好きなお客さんに対しては、ガツガツと自分から話しをしてくるのです。

  • 自分が話しをするよりも、美容師の会話を聞いていることが多い。
  • 他のお客さんとはあまり話していないのに、自分にはよく話しをする。
  • 会話が止まりやすいシャンプーのときにも会話をしてくる。

上記に当てはまるようであれば、あなたはその美容師から好意を持たれている可能性があります。

好きなお客さんが来店したら、テンションが上がってしまい、その時間を無駄にしたくない!さらに仲良くなって楽しみたい!というのが美容師の本音のようですね。

またその会話内容というのも、プライベートな会話が多い傾向にあるようです。

2、プライベートな会話をしようとする!

2個のくまのぬいぐるみ

美容院にいったときには、当たり障りのない会話をして、終了。。といったことが多いと思います。「今日はお仕事お休みですか?」とか「どのようなお仕事をされているんですか?」みたいな誰にでもするような質問や会話内容。

※詳しくは美容師の会話内容には意味がある?本音を知れば気まずさ改善も参照してみてください。

しかし、好きなお客さんにはプライベートな会話内容が多くなってくるんですよね。

  • 自分の恋愛観の話しを積極的にしてくる。
  • お客さんの恋愛観に関しても聞いてくる。
  • 自分の家族や友達の話しもしてくる。

などなど、親密にならないと決してしないようなプライべートな会話をすることがあります。これは、あなたに対して、信頼をし、心を許しているという証でもあるのです。

また、このような会話内容であっても、あなたとなら盛り上がることが分かっているので、こういった深い会話をしようとしてくるのでしょう。そんなときには、美容師はついつい楽しくなって笑顔でいることが多いのです。

3、とにかくよく笑ってくれる!

女性の方は、笑顔が上手で誰とでも笑顔で話せるという方は多いのですが、男性はこの反対で、自分が心を許している人や好意を持っている人でないと自然に笑顔を振る舞うということがなかなかできないんですよね。

もちろん、接客業なので、笑顔で接することは意識をしていますが、長い時間施術をするわけなので、好きなお客さんでないと継続させることができません。

そのため、あなたに対して美容師が…

  • 挨拶から会話をしているときまでホントよく笑っている。
  • 他のお客さんには見せない満面の笑顔をする。

といったことがあれば、男性心理からしても、あなたに対して好きなお客さんという特別な意味が込められている可能性が高いのです。

あなたが大好きな友人や大好きな人にだけは特別な態度をとってしまうように、美容師だって、好きなお客さんと話しをしているときには、テンションがついつい上がってしまい、楽しくなってくだらないことでも笑ってしまうのです。そして、ついつい接客時間も長くなってしまいます。

4、ついつい接客時間が長くなる!

大きな時計

好きな友人や好きな人とおしゃべりをしていると、「えっ!もうこんな時間。もっと話したいな。。」なんて経験ありませんか。

これは、美容師も一緒で、好きなお客さんとは、先ほどお伝えしたように、プライベートな会話から、くだらない会話まで、とにかくテンションが上がって笑いながら話してしまいます。

そして気がついたら時間がオーバーしてしまい、予定より施術時間が長くなってしまうことだってあるのです。

  • 会話に夢中になって手が止まってしまう。
  • どのお客さんより自分を優先にしてくれている。
  • お会計が終わった後、二人で井戸端会議が始まってしまう。

といったことによって、ついつい接客時間が長引いてしまうのです。

これはスタイリストになりたての新人であれば、上司に怒られてしまうのですが、トップスタイリストにもなれば、まかり通ってしまう店舗もあるようです。まぁ、これによって、お店全体に迷惑が掛かってしまうのであれば、どうなのか?とは思いますが。。

そのため、お店だけでは時間の関係上話せないようなことを、店外で会って話すこともあるそうです。

5、店外で会うことを拒まない!

美容師側から誘うといったことは、一線を越すことがないように、禁止となっている店舗が多いようです。そのため、美容師から誘ってくるということは好きなお客さんであっても、なかなかないのですが、仲良くなったら、反対にお客さんから誘ってくることもあるようですね。

  • 「スタイリングの相談をしたいから、LINEを交換しませんか?」
  • 「ヘアケアの相談をしたいので、今度食事に行きませんか?」

といった切り口でお客さんから美容師に連絡先の交換をお願いすることがあるみたいです。

もちろん、モテる職業の美容師はこのようなことは結構あるみたいですが、さりげなく断ることもあるそう。ただ、好きなお客さんから、このようなお願いをされたのであれば、もちろんOK!となります。

ここからは恋愛に発展することがあるようで、好きなお客さんだったのが、いつの間にか彼女となっていることもあるみたいですね。

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回は、美容師が好きな客にする5つの対応に関してご紹介してきました。

その対応とは…

  • 美容師が積極的に話しをしてくる!
  • プライベートな会話をしようとする!
  • とにかくよく笑ってくれる!
  • ついつい接客時間が長くなる!
  • 店外で会うことを拒まない!

これが私の知り合い美容師に実際に聞いた5つの対応でした。

ただ、男性美容師は女性好きな方が多いようなので、相手が好意があることをいいことに、近寄ってきたが、本気じゃなかった・・・!みたいなケースもなくはないようです。

そのため、恋愛感情があったとしても、何回か会って話しをして、相手の気持ちをしっかり理解した上で恋愛をするのが良さそうです。

また、恋愛だけでなくても、美容師と仲良くなれば、連絡先を聞いて、LINEやメールなんかで、髪の相談にものってくれる美容師もいるので、積極的にコミュニケーションをとるというのも良さそうですね。

ではでは♪

【今回の記事を読んで頂きありがとうございます^^次のおすすめ記事もどうぞ ♪】
美容院に行く前にワックスはつけていくべき?つけないべき?
美容院には何分前に行くのがベストか?徹底的に調査してみた
美容院の予約をキャンセル!当日だと問題あるのか?ないのか?
美容院に行く時の服装は襟付きNG?オススメの格好はコレだ
美容院でパーマとカラーを同時に!髪へのダメージはいかに?
美容院でのメンズの髪型!頼み方のポイントを伝授!!
美容師の会話内容には意味がある?本音を知れば気まずさ改善
美容師が嫌な客!と思うランキング大賞に輝いた10選はコレ

おすすめ関連記事

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top