Read Article

シチューをご飯にかける!地域によってはメジャーなのっ!? 

ホワイトカレー

冬になると食べたくなる料理の中には、皆さんが大好きなシチューがあります。

ビーフシチュー、クリームシチューはそのままスープ感覚で美味しく食べる家庭もあれば、ご飯やパンと一緒に食べてる家庭もあります。
「えっ!!ご飯と一緒にシチュー!?」と思ったかたも多いのではないでしょうか。

しかし、シチューはご飯とも相性の良い食べ物であり、日本人の大好きなポイントを抑えまくった料理だったのです。

それにしても「シチューとご飯って本当に相性いいの!?」なんて疑問が浮かんでくるかたも多いと思います。

という事で今回は、シチューにご飯をかけるのはありなのか!?また地域によってもかける、かけないってあるのか!?についてご紹介して行きます。

では早速一緒に確認して行きましょう♪

シチューにご飯をかける地域ってあるの!?

シチューにご飯をかける地域が特別存在するかというと、
正解は「ここっ!」っていう特別な地域はないのです。

ご飯にシチューをかけている人を調べた所、

約100人中30人がご飯にシチューをかけて食べているのです。

この結果を見て皆さんはどう思いましたか?
私は意外と多いなぁ。。!と思いました。

私はシチューにはパンが当たり前であると思っていたので、3割のかたがシチューをご飯にかけていたなんて正直驚きました!
※私の実家ではシチューにはいつもパンが出ていました。

このように地域によってかける!かけない!というよりは家庭によって、かける!かけない!が定まっているようなのです。

では、この3割のかたがご飯にかけて食べているシチュー。
まだシチューとご飯を体験した事のないかたでしたら、様々な疑問が浮かんできますよね。

そして「そもそも何でご飯にシチューをかけちゃったの。。?」なんて大きなクエスチョンマーク?が浮かびます。
では続いてその疑問を確認してみましょう。

何でシチューをご飯にかけちゃったの!?

炊き立てのご飯

何でご飯にシチューをかけてしまったのか?
まだ体験したことの無い人なら即座にこの疑問にぶち当たります。

しかし『シチューとは何なのか?』を改めて確認すると直ぐに答えが出てくるようなのです。

まずシチューとは、野菜やお肉などの大きな具材をブイヨンなどでとろみをつけて煮込んだ煮込み料理であります。
スープと違う点は、スープはシチューのように大きな具材では無くて小さく刻んだ野菜やお肉をなどをさらりとした食感で味わうのがスープなのです。

そして日本人が大好きなクリームシチューとは、シチューにさらに小麦粉を入れてとろみを出し、日本人がお米との相性を考えて作り出した日本のアレンジ料理なのです。

もう一つ最大のポイントとしては、日本のカレーライスとクリームシチューはとっても似ていて、カレーライスも日本人がお米との相性を考えて、カレーに小麦粉をを入れてとろみを出した、
日本のアレンジ料理なのです。

といったわけで、

  • クリームシチューはお米との相性を考えて作った日本料理だった!
  • カレーライスと同じ感覚でとろみのあるシチューをシチューライスにした!

このように、日本人から愛されているクリームシチューは実はご飯との相性がいいように最初からアレンジした日本人の為の料理であったのです。

では、実際に相性はいかがなのか?を続いて確認して行きます。

シチューにご飯って本当に相性いいの!?

先程もお伝えした通り、クリームシチューは日本向けのカレーライスと一緒で、ご飯に合うようにとろみをつけてアレンジを加えた日本の料理なのです。

という事は必然的に、ご飯との相性はいいのでしょう。
でもクリーム系にご飯ってどうなのか?という疑問が出てきます。

ビーフシチューなら、デミグラスソースの味わいがご飯とマッチするけど、
クリームシチューのようにクリーム系の料理にご飯とはいかがなものなのか?

しかし、『クリーム+ご飯』で馴染みのある料理も実はあるのです。

  • クリームドリア
  • クリームリゾット
  • クリームご飯

上記のように意外にもクリームとご飯は子供から大人までもが大好きなメニューが多くあったのです。

その為、とろみのある大きな具材の入ったクリームシチューと真っ白でほかほかなご飯とは、もちろん相性抜群なのです。

カレーライスはあるのにシチューライスはなぜ無いの!?

考える男性

クリームシチューがご飯ととっても相性が良い事は分かりました。

しかし、クリームシチュー同様に、日本人向けにアレンジされたカレーライスは、とってもポピュラーでありますが、
なぜシチューライスは認知度も薄ければ、日本人にとってのポピュラーな定番料理とならないのでしょうか。

その理由とは、

  • クリームシチュー、ご飯、共に白い為、見た目バランスが悪い。
  • 食卓ではパンと一緒に食べる家庭がまだまだ多い。
  • カレーライスのようにまだまだ定着していない。

このようにまだまだ定着はしていないようですが、シチューライスのお店やシチューライスを提供しているお店も増えてきていますので、
カレーライスのように、シチューライスが定番化されるのも時間の問題なのかもしれません!

シチューとご飯を美味しく頂く食べ方はこれだ!

シチューとご飯の組み合わせについて、
「本当は相性がいい」「シチューライスのお店もある」「そろそろ定番化されるかも」などと盛り上がってきましたが、
それでもまだ抵抗があるかた・・もいると思います。

そんなかたには、通常のシチューライスではなくてちょっとアレンジする事で抵抗なく、そしてとっても美味しく食べる事が出来るアレンジ料理がおすすめです。

具たっぷりの色鮮やかなシチューライス

いつもの具よりも野菜を多めに入れてシチューの配色を色とりどりにしてご飯の白い色とかぶらないようにすれば抵抗なく美味しく食べる事が出来ます。

サフランライスを使ったシチューライス

ご飯とシチューの色がお互い白いから見た目的に美味しそうではない。。そんなかたにはご飯をサフランライスにして黄色くして、見た目もとってもきれいなシチューライスで頂きましょう。

カレーとミックス!クリームカレーシチュー

クリームシチューのルーとカレーのルーを使用して、クリームカレーシチューを作りましょう。
クリームカレーシチューとは『ホワイトカレー』という名称で北海道発祥で人気のあるとっても美味しいミックス料理です。

このように少しアレンジするだけで見た目にも全く抵抗なく美味しいシチューライスを頂く事が出来ますよ♪

★市販のルゥーを使った「ホワイトカレーの簡単レシピ」を動画でご紹介します♪

最後に

いかがでしたでしょうか?
今回は、シチューをご飯にかける!地域によってはメジャーなのっ!?についてご紹介してきました。
まだまだ3割程度しか浸透していないシチューライス。

しかし今後はカレーとご飯のように、シチューとご飯に関しても、切っても切れない関係になる予感がしますね。

今まではシチューにはパン!だったというかたも、是非今年の冬からはシチューライスを試してみてください。
「う~ん、まだちょっと抵抗が。。」というかたは、是非先程お伝えしたアレンジメニューをお試しください。

今年はいつもより多めにシチューを作って様々なアレンジを楽しんでみるのもいいですね♪

ではでは!

関連するコンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top