Read Article

ラーメンの健康な食べ方!3つのポイントでヘルシーになる!

具だくさんラーメン

皆さんはラーメンと聞いて何を思い浮かべますか?
「とんこつラーメン」「みそラーメン」「つけ麺」などなど様々なラーメンがあります。

私はというと、ラーメンが大好物であるため、すでにお腹が空いてきて行きつけのラーメン屋さんに行きたくなっています。。

そんな皆さんの大好きなとっても美味しいラーメンなのですが、
ラーメンが大好きであるが故に、体の心配をするかたも非常に多いのです。
「高カロリー。」「塩分が高い。」「体に悪い。」などと健康面でマイナスなイメージが強いからです。

しかし、ラーメンと日本人は切っても切れない関係なのです。
そのため、体に悪いと言われているラーメンを健康的に美味しく食べられる方法があれば幸せですよね?

という事で今回はラーメンの健康な食べ方!・・・するだけでヘルシーになる!?についてご紹介して行きます。

では早速確認して行きましょう!

ラーメンの健康的な食べ方はこれ!

ラーメンは体に悪いイメージが非常に強いです。
しかし、ラーメンは癖になり、週に2、3回、多い方はお昼は毎日ラーメン!または夜は毎日ラーメン!そして月に少々休麺日!なんてツワモノもいます。

でもラーメンって何でそんなに体に悪いのでしょうか?また何でラーメンだけが特に体に悪いイメージが強いのでしょうか?

様々な理由はありますが、やはり『高カロリー』『塩分高め』『炭水化物(糖分)多め』この3つが体に悪いイメージのトップ3なのです。

しかしラーメンのように体に悪い食べ物って他にもたくさんありますよね。
でもなぜラーメンだけがこんなにも非難されるのか?

それは、

  • 日本人はラーメンを頻繁に食べるから!
  • 大好きな人が多いと比例してアンチも増えるから!
  • カップラーメンなどが安価で手軽に食べられるから!

このように、とっても有名人なラーメンは他のどの食べ物よりも非難の対象に合っているようなのです。
だが、実際にラーメンの食べ過ぎは体には良くはありません。

その為、ラーメン大好きなかたは今よりも健康的な食べ方で今よりもヘルシーにラーメンを頂きましょう♪

トッピングで栄養バランスを整える!

ラーメンは、炭水化物、炭水化物、炭水化物。。。と、とにかく炭水化物が多いのです。
これでは栄養のバランスがとっても悪いので、トッピングを追加して栄養バランスを整えましょう。

ここで健康的なおすすめトッピングをご紹介します!

野菜(もやし・キャベツ)【カロリー合計約12kcal】

もやしにはビタミンC、カリウム、食物繊維が、キャベツにもビタミンC、カロチン、カルシウムが含まれています。

ねぎ【カロリー約3kcal】

ねぎにはビタミンC、ビタミンA、βカロチン、カルシウムなどが入っていて、疲労回復にもとってもおすすめです。

海藻系(のり・わかめ)【カロリー合計約5kcal】

のりにはビタミンA、B1、B2、カルシウム、鉄が含まれていて手軽なのに栄養素が高いのでおすすめです。
わかめは食物繊維、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれています。食物繊維は満腹感を得るのにも最適です。

※上記のカロリーに関しては、ラーメン屋で追加トッピングをした際のカロリーの目安です。

このようにトッピングをすることによってバランスよく栄養を摂取する事が可能になるのです。
他にも、ゴマ、高菜、にんにくなどもバランスがよく、トッピングする事によってとってもヘルシーなラーメンの完成です。

また食べる際にも『①野菜、②たんぱく質(肉)、③炭水化物(麺)』の順番に食べていくのが理想の健康的な食べ方になり、
胃をガードしたり、満腹感が得られやすい、などといい事だらけなのです。

「しかし、順番通りに食べるのはちょっと。。」というかたは、
ラーメンを食べる前に、サラダを食べておく!まずは野菜から食べ始める!このような事を少し心掛けるだけでも、体への負担が減少します。

スープは全部飲まないのが鉄則!

ラーメンを食べなら「グビグビッ」、麺を制覇した後に「グビグビッ」、
体に悪いのは分かっているけど、ついついラーメンを食べるとスープも美味しくて気づいたら完飲。。なんて事ありますよね。

ではラーメンのスープの何が悪いのか!?
答えは、

塩分が体に悪いのです!

ラーメンのスープは塩分が非常に高く、約6.5gもあります。

1日の塩分の摂取目標が5g、最大でも6gまでが良しとされていますが、
ラーメンのスープを飲んでしまうと、1杯で1日分の摂取量を超えてしまうのです。

そのため、全部飲む事は決しておすすめできません。
余ったスープは飲まないか、せめて半分までにしましょう。

半分なら塩分約3gくらいになるので、その他の食事で1日の塩分を調節すれば1日6gを超える心配はなさそうです。

またラーメンのスープを飲まないと、200kcalもカロリーをカット出来るのです!

ラーメンの味を選択する!

数多くのラーメン

ラーメンの味も様々です。
そして味や系統によっても、もちろんカロリーは異なってきます。

では味別にラーメンのカロリーの目安を見て行きましょう。

ラーメンの味別カロリー!

・醤油ラーメン【504kcal】

・塩ラーメン【560kcal】

・油そば【600kcal】

・豚骨ラーメン【624kcal】

・味噌ラーメン【678kcal】

・つけ麺【784kcal】

※醤油が一番低カロリーで、つけ麺が一番高カロリーです。

このように、下に行くにつれてカロリーが高くなって行きます。
スープが少ないつけ麺が意外にも一番カロリーが高いのです。
※麺が極太でスープが濃厚なのが高カロリーの要因でしょう。

どうしてもラーメンを食べたいが、「カロリーが気になる。。」「健康の為に優しいラーメンを。。」
という方は上記のカロリーをチェックして、醤油や塩ラーメン、または名前負けしていて意外にカロリーが少ない油そばを注文してみてください。

または「油少なめ」や「麺少なめ」などと店員さんに伝えてカロリーを調整するのもおすすめです。

カップラーメンを健康的に食べる方法!

気づいたら、台所の下の棚に山のように積みあがっている「カップラーメン」。。
『安い、美味い、早い』の3拍子が揃ったカップラーメンは、ついついコンビニやスーパーなどで見かけたら、買い溜めしてしまうのです。

そんな便利なカップラーメンですが、もちろんお店のラーメン以上に体に良くないのです。
カロリーと脂質が高い!栄養素はエネルギーくらい!揚げ麺の酸化した油が体に良くない!

このようにちょっと恐いぐらいに体にいい要素が見当たらないのです。

ではそんなカップラーメンも極力体に優しくヘルシーに食べてみましょう。

スープを残す!

カップラーメンももちろんスープには塩分がたくさん含まれています。
スープは飲まない!または半分残す!を意識しましょう。

野菜をトッピングする!

ラーメン同様にカップラーメンにも野菜やわかめなどを入れて栄養素を取り入れましょう。

お湯を一回湯切りする!

お湯を入れて30秒ほど待って一度お湯を湯切りしましょう。
このように揚げ麺の油を少しでも取り除く事で体へのダメージは減ります。

このようにカップラーメンも少し工夫して食べれば、いつもよりもとってもヘルシーに食べる事が出来るのです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「ラーメンの健康な食べ方!・・・するだけでヘルシーになる!?」と題して、ラーメンの健康的な食べ方についてご紹介してきました。
日本人はラーメンが本当に大好きですよね。
我慢しようとしても、ついつい一杯。。そしてまた一杯。。

そんな時には今回ご紹介した健康的な食べ方を意識してみてください。

・野菜などのトッピングで栄養バランスを取る。

・スープは極力飲まないで塩分をカットする。

・カロリーの少ないラーメンの味を選択する。

上記の3つのポイントを意識すれば他の食べ物よりも健康的にラーメンを食べる事も出来るのです。

そしてラーメンだけではなく全ての食生活で言える事は、主食、主菜、副菜を基本にして食事のバランスを取る事がとっても大切なのです。

ではでは♪

【今回の記事を読んで頂きありがとうございます!次のおすすめ記事もどうぞ ♪】
ダイエット中にラーメンが食べたい!太りにくい4つの掟とは

関連するコンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top