Read Article

手の皮がむける!かゆい!この症状の6つの原因とは!?

手のひらを見て驚いている女性

この前、「最近手の皮がむけてかゆいのよ。。原因がわからないのよ。」なんて職場の年上の女性に言われました。

確かにその女性の手を見たら、全体的に手の皮が細かくむけていました。
「痛くないんですか?」と聞いた所、
「あまり痛くはないけどかゆい。。」「かゆいぐらいから特に病院には行っていないの。」と言っていました。
私はそれでも心配なので、「早めに病院に行って診察してもらった方がいいですよ、原因が分からないと心配ですもん。」と伝えました。

手の皮がむける!皆さんも同じような症状になった事はありませんか。
ただ単に乾燥だけの問題なのか?または何かの病気なのか?とっても心配です。

実はこのような症状は季節の変わり目や環境の変化などで起こる事が多いみたいなのです。

まあそれにしても、手の皮がむけてしまってかゆい!ってとっても心配です。特に女性のかたならいつでも美しいきれいな手を維持したいですよね。

という事で今回は、手の皮がむける!かゆい!この症状の6つの原因とは!?についてご紹介して行きます。

では早速確認して行きましょうね。

手の皮がむける様々な原因とは?

頭を抱えている女性

手の皮がむけるには様々な原因があったのです。
今回は、手のかゆみ、手の痛み、手の赤み、手のかぶれ、手のひび割れといった症状を中心に原因を確認して見たいと思います。

では主な原因をまとめましたのでまずは確認してみましょう。

  • 手湿疹(てしっしん)
  • 汗疱(かんぽう)
  • 手水虫(手白癬)
  • 乾燥肌
  • 自律神経
  • 癖で剥く

主にこの6つの原因が考えられます。しかしこの6つとも似たような症状である事から原因を明確にするのが難しいのですが、今回の記事でどのような症状や原因で上記のような皮膚の問題が起きるのかを確認して少しでも心配な気持ちが楽になれば良いと思っています。

では早速6つの原因別にその症状や対策、治療に関して確認して行きましょう。

手湿疹(てしっしん)とは!

手湿疹は女性に多い病気の一つで、何かしらの手のアレルギーや手の刺激によって皮膚炎などになってしまう病気なのです。

手のひらや指にかけて紅斑(こうはん)が出てくるかたもいて、手の皮のきめが粗くなり、手の皮がガサガサになってしまいます。
そして徐々に症状が悪化してくると手の激しいかゆみや手の亀裂による痛みなどが出てくる場合があります。

原因とは一体!

原因は手の乾燥によるもの、そして日常生活などで強い刺激を手に与えてしまう事によって起きる皮膚炎の一種であります。
季節的には乾燥しやすい季節である秋から冬にかけてこの症状が見受けられ、元々乾燥肌であったり、仕事で洗剤やシャンプーなどを使用する機会が多い方は、皮膚が徐々に荒れてきてこのような症状が起きやすくなります。

対策と治療!

対策としてはやはり肌への刺激を避けるために、刺激のある液体やションプーなどを使用する際にはビニール手袋やゴム手袋で極力刺激物から肌を守ってあげる事がとっても大切であります。

治療に関しては手に刺激のある液体などを使った際には、直ぐにハンドクリームやワセリンなどを塗って、手の保湿を補いましょう。
ハンドクリームは常に携帯して小まめに塗る事が出来るようにしておくと手の皮がむける前に対処する事も出来ます。

汗疱(かんぽう)とは!

汗疱とは手のひらや指、または足の裏などに細かい水泡が現れて、次第に大きく膨れ上がってしまう病気であります。
手の周りに紅斑が出てくるとかゆみも伴い、肌の角質がはがれてきます。

原因とは一体!

汗をかきやすい人に多くみられる為、夏場の暑い時期には慢性的にこの症状に悩まされるかたもいます。
また食べ物や金属アレルギーも一つの原因になっているようなのです。

対策と治療!

水泡が現れてきたら、出来るだけ早めの対策が重要であります。水を長時間使用したりする場合はやはりビニール手袋やゴム手袋で肌を保護してあげてください。
水泡が現れてきてかゆみが出てきたらすぐに初期段階からステロイド軟膏を患部に塗ると治りがとっても早くなります。

手水虫(手白癬「てはくせん」)とは!

水虫とは足の水虫が有名ではありますが、実は手に関しても水虫が発生する場合があります。
主に手の表面がカサカサしてきて、かゆみ自体は比較的軽いため、重症になるまで放置してしまう傾向にあります。

原因とは一体!

足の水虫の原因である白癬菌は、足が蒸れる事から菌が充満して、水虫といった症状を引き起こします。

しかし手に関しては露出している事が多いため、足に比べて蒸れる事がありません。
そのため、手水虫の原因は水虫である足を直接触ったり、お風呂場のマットなどを掃除している際に、手に感染するケースがあります。

対策と治療!

足が直接触れることの多い、風呂場やトイレなどのマットには白癬菌が増殖しやすい環境でありますので掃除をする際には直接マットに触れる事は避けましょう。
手水虫も足の水虫と同様に、医者に相談をして内服液を患部に塗って治療を行いましょう。

乾燥肌とは!

乾燥肌とはそのままで乾燥しやすい肌の事であります。
現在では秋、冬など関係なく1年中乾燥肌に悩まされているかたも増えてきています。
症状としては、手のかゆみ!カサカサして手の皮がむけてしまう!手が赤くなってしまう!などの症状があります。

原因とは一体!

肌は角質層によって水分保持や紫外線などから肌を守りますので、正しいスキンケアを行っていれば、特に乾燥肌になる事はないのです。
しかし誤った解釈でスキンケアをしてしまっていたり、食生活が乱れていたり、ストレス、睡眠不足などからも肌の乾燥のトラブルに繋がってしまうのです。

対策と治療!

乾燥肌になってしまった場合はスキンケアを改善するために化粧品やメイクを刺激のない優しいものにしましょう。
そして、食生活を見直して、ストレスを溜めないように、自分の時間を作り、しっかりと寝るという事を心掛けましょう。

自律神経とは!

自律神経とは私たちが生きるために必要な臓器などが、正常に動いてくれているとっても大事な神経であります。
正常な自律神経は2つの神経がバランスよく働いていますが、ストレスや緊張によってこのバランスが崩れてしまうと、ホルモンバランスが崩れて肌トラブルになり、手のカサカサ、手のかゆみ、手の皮がむけてしまうといった症状が発生します。

原因とは一体!

自律神経のバランスが崩れる事によって、敏感肌になってしまい、手にも様々な症状が発生するようになります。
『緊張や、驚き、興奮、イライラ』などが溜まってくるとストレスが大幅に膨らみ、ホルモンバランスに影響を及ぼし、肌の保湿や肌の栄養が無くなってきてしまい結果的に敏感肌になって手に症状が現れはじめます。

対策と治療!

緊張やストレスによって神経バランスが正常ではなくなってしまった場合には、その日中にストレスを発散させて溜めない事がとっても大切です。こんな日は自分の趣味の時間を作り、ゆっくりとお風呂に浸かり、いつもより早めに寝る事が大切であります。

癖で剥くとは!

癖で皮を剥いてしまうかたも意外と多いのです。無意識のうちに癖で手の皮を剥いていたり、ストレスが溜まったり、緊張をしている際に、手の皮を剥いて気を紛らわすといった行為をしている方がいます。

原因とは一体!

原因は一種の癖ではありますが、緊張やストレスなどによって、無意識に手の皮をむいてしまっている場合があります。

対策と治療!

手の皮や指の皮をむいてしまう癖があるかたは、その癖になってしまっている箇所に絆創膏をはって皮をむけないように対策をしてしまうのが良いでしょう。

治療に関しても同じく絆創膏をはって徐々に皮をむかないような癖をつける事が大切です。そして無意識に皮をむいている自分が居たら、深呼吸をして気持ちを落ち着かせましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?
今回は「手の皮がむける!かゆい!この症状の6つの原因とは!?」と題して原因から対処、治療方法をご紹介しました。

皆さんの症状に合てはまる原因や病気はありましたか。
この記事を読んで、症状や原因を確認して、出来る限り皆さんが現在の不安を取り除く事が出来たのなら、私はとっても光栄であります。後はその症状や原因に合わせて、医師の診察を受ける事をおすすめします。

原因が分かって一安心して、放置してしまうと気づいたら重症になってしまう場合もありますので、手の皮がむけてしまったら早めの早めの治療を行いましょうね。

関連するコンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top