Read Article

インフルエンザは風呂でも感染するの?安全な入り方を伝授!

お風呂

年末から春先にかけて流行するインフルエンザは感染する事でとっても有名です。
その為、インフルエンザにかかってしまったら、仕事や学校に行く事が出来なくなり、自宅に隔離されて療養!なんて事になってしまいます。

熱が出て、咳が止まらず、喉も痛い、そしてベッドから身動きが取れず、周りに気を使う日々。。自宅でも気を使いお風呂にも入れません。
しかしインフルエンザにかかっても、たまにはお風呂に入ってリフレッシュしたいものですよね。

2日や3日も経つとさすがに、頭もかゆくなってきて、体も臭くなってしまいます。出来れば自宅のお風呂に浸かって汗を流してリフレッシュしたいなぁと思います。

でももしかしたら、お風呂でも感染するのでは!?と思うと「やっぱり我慢しよう。。」となってしまいます。
では本当にお風呂でインフルエンザは感染するのでしょうか。

という事で今回は、インフルエンザは風呂でも感染するの?安全な入り方を伝授!についてご紹介して行きます。

では早速確認して行きましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザはお風呂でも感染するの?

お風呂01

では本題のインフルエンザはお風呂で感染するのか?についての答えを早速どうぞ!

答えは、お風呂でも感染する可能性はあります。

お風呂でも感染するというよりは、一緒に住んでいればどこに居ても感染する可能性はあるのです。
お風呂に限らず、『玄関、台所、トイレ、洗面台…』などどんな場所でも患者の菌が接触すれば、それが原因で感染する可能性があります。

中には『お風呂では感染しない!』というかたもいますが、どちらかというと『お風呂では思ったよりは感染しない。』の方が正しいようです。

40℃以上の高温の熱湯、湿度が高いお風呂場ではインフルエンザの菌は死滅しやすいため、お風呂から感染する可能性が少ないようです。しかし、お風呂場からでも感染してしまう経緯としてもっとも危険なのが、接触感染によるインフルエンザの感染です。

患者がウィルスの付着した手で風呂場の何かに接触したものを、家族がすぐにお風呂に入って触れた際には感染してしまう事があるのです。

お風呂場の中でいえば、

  • ボディタオル
  • シャンプーボトル
  • ドアノブ

などから接触感染してしまったり、患者の体を洗ってあげている際に、感染してしまったりしてしまうケースがあります。湯船ももちろん100%感染しないとは言えませんが、湯船よりも油断禁物なのが、家族なら共有して使用する事が多い、上記のようなアイテムとなっています。

その為、お風呂場からの感染を防ぐためにも、患者は家族全員が入った後に入浴またはシャワーを浴びるのが望ましいのです。

患者がお風呂に入る前提で話が進んでいましたが、そもそも患者がお風呂に入ってもいいのでしょうか?または入らないほうが良いのでしょうか?
こちらも確認して行きましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザでもお風呂に入っていいの?

風邪01

高熱が出てたくさん汗をかいた体は、たまにはお風呂に入らないと、体は不衛生になり、体はかゆくなり、そして臭くなってしまいます。。

ではインフルエンザでもお風呂に入っていいのか?または入ってはいけないのか?の答えは、

入りかたさえ注意すれば、お風呂に入った方が衛生的で良いのです。

なぜかというとお風呂に適度に入って汗を流したほうが、体に付着したウィルスをさっぱりと洗い流しリフレッシュする事が出来るからです。

では実際にインフルエンザ患者のお風呂の安心、安全な入り方を確認しましょう。

インフルエンザ患者のお風呂の入り方!

上記でもお伝えした通り、適度に入って汗を流す分には体にも良いのですが、反対に熱湯に長時間浸かってしまうと体力が著しく消耗してしまい、インフルエンザ患者には負担になってしまうので注意が必要なのです。

その他にもお風呂に入る際に注意する点がありますので、ここでチェックしましょう。

  • 感染を防ぐため、家族全員が入った後に入りましょう。
  • 高熱時は避けて体温がある程度下がっている時に入りましょう。
    (※目安は37度前後まで下がったら)
  • 体が冷えないように入る前にはお風呂場を温めておきましょう。
  • ぬるめのシャワーで済まして体の汚れを洗い流す程度にしましょう。
  • ボディタオルは感染しやすいので共有は避けましょう。
  • 感染を防ぐ為にも、入った後はドアノブや桶などを熱湯で洗い流しましょう。

このように、インフルエンザを悪化させないため!家族への感染を防ぐため!にも上記の項目をよーく確認してからお風呂に入りましょう。

という事でお風呂に関しては入り方によってはとっても危険ですが、入り方によっては体の菌をさっぱりと洗い流す事ができて、気持ちもリフレッシュされるため、体にも心にも良いのです。

スポンサーリンク

お風呂から上がった後は注意が必要!

水分補給

お風呂から上がると熱が出て気持ちいい気分になって、ついつい油断してしまいます。
では最後にお風呂から上がったあとの行動にも注意点がありますので、ここで確認しておきましょう。

湯冷めに注意!

湯冷めする事で症状が悪化してしまう危険性があります。
その為、湯冷めしないように、脱衣所は温かくして、体をすぐに拭いて、髪の毛はドライヤーで直ぐに乾かしましょう。
そして温かい清潔な服に直ぐに着替えて体を温めましょう。

バスタオルに注意!

お風呂場ではボディタオルの共有は避けたほうがよいですが、お風呂から上がった後はバスタオルの共有を避けましょう。
やはりインフルエンザは接触感染が非常に恐いので、患者が体を拭いたバスタオルには、鼻水や唾液などからウィルスがたくさん付着しているのです。

このようなバスタオルを家族が使えばインフルエンザに感染する確率は高くなります。患者のタオルは1回使用したら、直ぐに洗濯するのが鉄板です。

水分補給に注意!

インフルエンザに感染すると高熱から体の中の水分が思っている以上に失われやすくなります。
そして、お風呂に入った後は特に体から水分が出ていって、脱水症状になってしまう場合もあります。
そのため、お風呂からあがったら忘れずにすぐに水分補給をして、失われた水分を体内に蓄積させましょう。

すぐの睡眠に注意!

お風呂に入って湯冷めしないようにすぐに布団に入って、寝てしまうかたも多いのです。
しかし、お風呂に入った後はある程度、体の火照りが覚めるのを待ちましょう。

火照ったまますぐに布団にもぐり、寝てしまうと、汗をかきやすくなり、かえって湯冷めしてしまうのです。

このようにお風呂から上がった際には、上記の4つの項目に注意をして、インフルエンザをかえって悪化させないように気を付けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、インフルエンザは風呂でも感染するの?安全な入り方を伝授!についてお伝えしてきました。お風呂に限らず、家の中ならどこでもインフルエンザが感染する可能性は一緒に住んでいればあるのです。

また、お風呂に入る際の注意点は、

  • 高熱時は避ける!
  • ぬるめのシャワーで素早く済ませる!
  • 湯冷めをしないように体をしっかりと拭く!
  • お風呂に入った後には水分補給をしっかりする!
  • 体の火照りが覚めてから布団に入る!

そして、お風呂に入る場合には家族が感染しないよう最後に自分が入るようにすれば感染する可能性は低くなります。

このように、インフルエンザの際には、注意点を確認して気を付けてお風呂に入れば心も体もリフレッシュされますので決してお風呂が体に悪いという事にはならないのです。

スポンサーリンク

インフルエンザの攻略ガイド!コレさえ読めばもう大丈夫!

インフルエンザ攻略

インフルエンザに罹る人と罹らない人の違いとは?はい、答えは正しい知識をもっているか?もっていないか?が大きな違いです。という事でインフルエンザの攻略ガイドと題して、私がインフルエンザに関して書いた記事をまとめましたのでご紹介します。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top