Read Article

目のゴミの取り方!上まぶたの裏に入った異物も楽勝!

目をつぶっている女性の顔

目にゴミが入った時のあの痛さ。。思い出すだけで恐怖です!

しかし生活をしていると、様々なゴミやほこりが無数に舞っていますので、目にゴミが入らない方が難しいのです。普段から目には目に見えないぐらいの小さなゴミが入ったり、または入る前にまつげによって防いでくれたりしています。

私もよく目にゴミが入ってしまうことがあるのですが、まだ目に見えないぐらいの小さなゴミやほこりなら痛みもないですし、入ったかも分からない程度なので、大した問題ではありません。しかし、たまに入ってしまう少し大きめなゴミが目に入るとめちゃくちゃ痛いんですよね。。

しかも厄介な事にまぶたの裏に入ってしまったらなかなか取れずに、自然に取れるまでひたすら涙、涙、ひたすら我慢。。なんて事に!・・・皆さんもこんな痛い経験ありませんか??

でも、もう大丈夫ですよ、今回の記事を確認すれば今までは自然に取れるまで我慢していたあのゴミを自分自身の手で簡単に取り除く事が出来ます。

という事で今回は、目のゴミの取り方!上まぶたの裏に入った異物も楽勝!についてご紹介して行きます。

では早速皆さんで確認して行きましょう。

スポンサーリンク

目にゴミが!上まぶたの裏の異物はこう取る!

頭をおさえている女性

目の中のゴミを取る際には、まずはコンタクトレンズに気を付けらなければいけません。
現在目の中にコンタクトレンズが入っているかたは、取り外してからゴミを取りましょう。

またコンタクトレンズにゴミが付着している場合もありますので、

  • ソフトコンタクトレンズであれば、洗浄液でコンタクトを洗いましょう。
  • ハードコンタクトレンズであれば、水道水でコンタクトを洗いましょう。

まずはコンタクトを外してからでないと、ゴミを取り除く事も難しいですし、万が一ゴミを取っている際中にコンタクトレンズが破けてしまったら元も子もありません。

またゴミを取る前にはしっかりと手を洗ってから清潔な手で行いましょう。手が汚れていると、目にウィルスが入ってしまい感染症になってしまう可能性もあります。

そして最後に目にゴミが入ったら、『近くのトイレや大きな鏡がある場所!』『人ごみを避けて落ち着いてゆっくりとゴミを取れるような場所!』に移動しましょう。

では準備が整ったら、ゴミを取って行きましょう。

上まぶたの裏に入ってしまったゴミは目の中のゴミの中でもとっても取りづらい箇所なので、ゆっくりと慌てずに手順に沿って取り除いて行きましょう。

上まぶたの裏に入った際の対処法!

① あごは上げたままで、おへそを見るように視線だけ下を見ます。

② 親指を使いまぶたをつまんで、人指し指を目の上に置いたままで上まぶたをひっくり返します。

③ 綿棒を濡らして、上まぶたをなぞるようにしてゴミを取り除きます。

これで上まぶたのゴミを取り除く事ができます。
焦っているとどうしてもうまくゴミを取る事ができませんので、気持ちを落ち着かせて、ゆっくり焦らず取りましょう。

まぶたの裏に入ると、小さなゴミが入っただけでも結構な痛みを感じますが、それでもただのゴミです。ゴミは必ず取れますので、決して焦らずに「またゴミかぁ、どれどれゆっくり取りましょうか。」といった具合に単なるゴミを取る事に意識を向けるととってもスムーズに取る事ができますよ♪

ではまぶたの裏のゴミが取れたのでこれで終わりに。。とはいかずせっかくなので、上まぶた以外の一般的なゴミの取り方に関してもご紹介して行きます。

目のゴミの一般的な取り方をご紹介!

横を見ている女性の顔

先程は目のゴミの中でもやっかいな上まぶたの裏のゴミの取り方をご紹介しましたが、それ以外の一般的なゴミの取り方に関しても様々な方法がありますので、ここで皆さんにあったやりやすい方法を見つけて試してくださいね。

ここでもゴミを取る前には、コンタクトレンズを外す!手をしっかり洗う!この準備だけは忘れないでくださいね。

スポンサーリンク

ゴミを涙で洗い流す!

涙を流せば自然にゴミが取れてしまうほど、涙の効果は絶大なのです。その為、涙を流して自然な流れでゴミを取ってしまいましょう。

① とにかくまばたきを「これでもかっ!」と繰り返しする。

② 涙が出てきたら、その調子で続ける。

③ 気づいたら涙と一緒にゴミが流れて取れています。

目薬を持っているようでしたら、まばたきを始める前に、目薬をさしておくとより一層早くゴミを取る事が出来ます。

水道水で豪快に洗い流す!

身近な水道水を使用して、目の中全体を水につけて一気にゴミを洗い流しましょう。

① 水道水を手のひらや洗面器に溜める。

② 目を見開いたまま、顔を水の中に埋めます。

③ その状態でまばたきをします。そのうちゴミが取れます。

この方法はトイレの中でも簡単に出来ますし、この方法はどの方法よりも圧倒的に早くゴミを取る事が出来ます。時短したいかたにはおすすめです。

唾を吐いてゴミも吐き出す!

唾を吐いてゴミを取り除く!という驚きの方法ではありますが、かなり昔から伝わる歴史のあるゴミの取り方なのです。

① ゴミが入ったほうの目を閉じる。

② まぶたの上からゴミが入ったほうの目を手で抑えて目玉だけを下に向ける。

③ 唾を何回か吐き出すと気づいたらゴミも吐き出されています。

何とも不思議ですが、瞬時に取れる方法として有名なのです。唾を吐けない場所にいる場合は唾を吐く際の舌と口の動きをするだけでも効果はあるのです。

どうでしょうか?一般的な目のゴミを取る方法をご紹介しましたが、どれも簡単ですよね。
自分に合った方法や今居る場所などTPOに合わせて使い分けてもいいですね。

では続いては、反対に目にゴミが入った際にやってはいけない行動をお伝えします。

目にゴミが入ったらやってはいけない事!

目をこすっている男性

ゴミが目に入ったらとっさにやってしまう行動があります。

『目をこする!』です。

絶対にやってはいけませんので、注意してください。

目をこすると目の表面に傷がついてしまい、とっても危険な様々なトラブルに発展してしまう場合があります。

  • 傷がつき視力の低下に繋がってしまう。
  • ウィルスが入ってしまい様々な感染症になってしまう。
  • 傷がつき明るい光を見ると目が痛く、眩しくなってしまう。

このように、目にただゴミが入っただけなのに、目をこすってしまったばっかりに様々なトラブルに発展してしまう場合があるのです。

また例えゴミが入っていなくても、目をこすったせいでゴミやまつげが入ってしまう可能性もありますので、日頃から目をこする癖があるかたは、是非ここで目をこするという癖を治して行きましょう。

スポンサーリンク

ゴミ以外の原因も考えられる!?

目がゴロゴロする。。目のゴミが取れない。。なんて場合はゴミ以外の可能性があります。

ゴロゴロ感を伴う主な目の病気とは、『結膜炎』や『結膜結石』などです。

目にゴミが入ったと思って、目の中を確認したけれど『目の中のゴミが確認できない!しかし異物感がある。。』そんな場合はまずは、目薬をさして応急処置をしましょう。

その後、目を休めても異物感が取れない場合は、眼科で診察してもらいましょう。

目にゴミが入らないように予め対策をする!

本の上のメガネ

「目にゴミが入らないようにする対策なんてあるのか?」「ゴミは気づいたら入るんだから無理でしょ?」なんて思うかたも多いと思いますが、少しでもゴミが入らないように工夫して過ごす事も出来るのです。

  • 風邪が強い日は眼鏡やサングラスをする!
  • 海に行く際にはサングラスをする!
  • バイクに乗る際には、ゴーグルをする!
  • 普段から眼鏡を愛用する!
  • 国道側に寄って歩かないようにする!(国道は砂ぼこりが非常に多く舞っています。)

このような対策を普段からする事によって、目にゴミが入るリスクが減って、目が傷つかないようにする役目もはたしてくれるのです。
おしゃれ以外にも目を守る対策として、TPOに合わせて眼鏡やサングラスを使用してみてください。

最後に

いかがでしたでしょうか?
今回は、目のゴミの取り方!上まぶたの裏に入った異物も楽勝!についてお伝えしてきました。

上まぶたの裏のゴミの取り方から一般的なゴミの取り方まで様々な方法をご紹介しました。
まずはゴミが入ったら、

  • コンタクトレンズを取り外す。
  • 手をしっかり洗う。
  • ゴミをゆっくり取り除く。

この3ステップを守って、ゴミ以外の目のトラブルに発展しないように気をつけましょう。

そして、目のゴロゴロ感が取れない場合や、いつもとは違う目の異常を少しでも感じたら、『ゴミが入っている、入っていない』に関わらず直ぐに眼科で診察をしてもらいましょう。

スポンサーリンク

【今回の記事を読んで頂きありがとうございます^^次のおすすめ記事もどうぞ ♪】
瞬きすると痛い!腫れている目の原因ってなに?

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top